« 残酷なファタヒラー広場 | トップページ | Koko dan Cici 2009ビューティコンテスト »

2009年11月21日 (土)

Kembang通りのTerang Bulan

インドネシア・クロンチョンの父イスマイル・マルズキの胸像はチキニのタマン・イスマイル・マルズキ(TIM)にあるが、この辺りはイスマイルの育った故郷である。Aakembang_jikt_nov_048
出生地はこのTIMの裏側を流れているチリウン河の少し下流のクヴィタン地区のグヌン・アグン書店へ下る通りKembang通りである。クヴィタン・モスクから40mのNO.IV/97であるが今は他人が住んでいる。
1921年5月11日生まれであるので今年88歳であるが健在である。彼はここで生まれたが3ケ月で母が逝き、兄3人も一人を残して早世した為さみしい子供であった。このモスクの隣にマドラサー(イスラム学校)がありここの校長に多くを学び1931年には早くもSarinahという曲を作っている。ナショナリズムにも目覚めGugur Bungaや、Indonesia Tanah Pusakaも生まれている。マレーシア国歌と同じメロディーであるため今でも物議を醸すこともあるTerang Bulan to言う映画も1930年台制作されイスマイル自身映画で歌っている。
Rayuan Pulau Kelapaという曲は1944年の作品でインドネシアだけでなく各国から称賛を浴びスカルノはWijayakusumak勲章を与えた。彼は今までに300曲以上の曲を作っている。2004年にはべたウイ文化協会は国民英雄に推した。Terang Bulanはこの辺りが源流だと思っていたがマレーシアにはマレーシアの歴史の正当性がある。それは2009年 09月4日のexblogインドネシア語の中庭ノートに詳しい。


|

« 残酷なファタヒラー広場 | トップページ | Koko dan Cici 2009ビューティコンテスト »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kembang通りのTerang Bulan:

« 残酷なファタヒラー広場 | トップページ | Koko dan Cici 2009ビューティコンテスト »