« ムアラ・アンケの見直し | トップページ | インドネシアは本当は金持ち »

2009年11月 9日 (月)

国立博物館新館の立つところ

Aa2009_1108_163551dscn0401
日曜日思い立って国立博物館を訪ねたが、閉館時間が思いのほか早く平日と同じ14:30であった。1時間程度で駆け足の見学である。金曜は平日でなくお祈りの特殊な日であるので11:30迄、土曜は13:30迄、月曜と祝日は休館でこれこそインドネシア人の怠慢さがそのまま残っている。ただし料金も昔のまま風でたったのRp750、東京は一般的に1,500円とすればなんと200分の1である。
住所はJl.Merdeka Barat 12(電話は21-386-8172)で、モナスのアルジュナの馬車を駆る像を過ぎ、Hankam(国防省)の隣である。右隣は通信省の建物でその間に昔、日本レストラン よしこがあったJalan Museumであるが現在は押しやられ昔のその道に新館が建ったものだ。
スマトラ店などやっているようであったがロックしてある。その他古代人の生活の模様などを展示しているが誰も見学者はいない。

|

« ムアラ・アンケの見直し | トップページ | インドネシアは本当は金持ち »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立博物館新館の立つところ:

« ムアラ・アンケの見直し | トップページ | インドネシアは本当は金持ち »