« Koko dan Cici 2009ビューティコンテスト | トップページ | ジャカルタの鼠小僧 »

2009年11月23日 (月)

カルマに生きるSiti Murdaya

ご主人のMurdaya Poo氏と一緒にインドネシア富豪の上位におられる方で、お二人でBercaグループの一大産業グループを分担しておられるようだ。Aaccm_cikiniaug09dsc08015_10
チキニにその本社と思わせる建物があるが今日は古い方を掲げよう。
Berca グループはCenter Cipta Murdaya Group (CCM)とも言われ、1969年に設立し今は靴、ガーメント、木材、家具、パームオイル、、林業、不動産、IT関連で40社を擁している。 彼女Siti Hartati Murdaya 63歳は自身スハルト時代からMPRの議員でもり政治活動に影響力をもっているが、ご主人Murdaya  Widyawimarta Poo 69歳が2004年で国会議員になった時は夫人が経営に専念した。
アチェ・ニアス、ジョグジャと続く地震に現地に赴いて復旧活動を支援してきた。インドネシア仏教教会ワルビのパトロンである。西スマトラ地震では医薬品、救急車2台を送り緊急キッチンも設営した。少し地震が続き大変であるが、これも輪廻転生、因果報応のカルマに生きるとして淡々としている。その中でビジネスの芽を拾う事は忘れてないようだ。5月にはボロブドール巡礼イベントを企画し国内外から多くの観光客を呼び寄せ成功している。長く現大統領を支持してきたが夫はメガ陣営であった為彼女の助言でSBY派となったようだ。
Bercaグループは仏教の教えで過大に走らず慎重に経営に徹しているようだ。

|

« Koko dan Cici 2009ビューティコンテスト | トップページ | ジャカルタの鼠小僧 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルマに生きるSiti Murdaya:

« Koko dan Cici 2009ビューティコンテスト | トップページ | ジャカルタの鼠小僧 »