« バタビア北の見張りポスト | トップページ | バタヴィア東倉庫も現存する。 »

2009年12月11日 (金)

11月度投資環境関連ニュース


11月
* 投資・拡張の資本財原料の輸入税免除措置 高架は限定的か」
* Pertamina、来年の資本増強計画42億ドル、2017年までに1百万バーレル。
* 大阪ガス、石油資源開発、ジャパンエナジー石油開発、LNGジャパン、サンガサンガ・コールベッドメタン(CMB、炭層メタンガス)鉱区(東カリマンタン)共同落札。
* 日野、30億円でトラック工場建設か 25,000台/年。
* 汚職撲滅委収賄捏造問題:捏造加担容疑の国家警察掲示局長が解任される。
* スンダ海峡大橋いよいよ着手か、新公共事業相100日計画に入る。
* 電力不足問題で閣議。政府は電力不足問題に30兆ルピアの資金準備の方針
* イスラムのMUI、ハリウッド映画禁止を訴え “2012年”。
* 国内エイズ感染者が増加、2004年の2,684人から17,699人に増えたと保健省。
* 今年の自動車販売は45万-48万台と業者協会予測。来年は55万台との見込みも。
* 首都要所で排ガス検査開始。検査合格証がないと駐車できない場所もできる。

10月
* 無印良品、首都プラザ・インドネシア・エクステンションにオープン。国内初。
* 収賄容疑の汚職撲滅委副委員長2人逮捕となる。容疑捏造の疑い
* 民主、民族覚醒、福祉正義、開発統一、国民信託(PAN)の5党が第2次ユドヨノ政権サポート
* 2期目のSBYが大統領就任。
* 土地建物税率0.5%から0.3%に引き下げ:新地方税法。土地建物税の徴収権は地方政府に移管
* 今年の経済成長率4-4.5%:国家開発企画庁長官。中銀も0.5%引き上げ、本年4.5%、来年5.5%
* 首都空港に続く鉄道建設計画、アジア開銀の資金支援待ちと運輸省鉄道総局長
* 首都同時爆弾テロの自爆テロ調達員兄弟を銃殺。バリ爆弾テロから7年。002年のバリ・テロからは累計466人を逮捕、うち14人は 銃殺と国家警察。
* ジャカルタ日本祭開幕、11日まで。モナス広場で

|

« バタビア北の見張りポスト | トップページ | バタヴィア東倉庫も現存する。 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月度投資環境関連ニュース:

« バタビア北の見張りポスト | トップページ | バタヴィア東倉庫も現存する。 »