« Amerika kita strika ジャカルタへ  | トップページ | Selamat Datang tahun Baru »

2009年12月31日 (木)

2009年の特色・重大ニュース

*ユドヨノ2期目政権スタート、汚職撲滅委員会・センチュリー銀行めぐる政治抗争に揺れる。
*世界同時不況の中、インドネシアの経済安定が光る  G20等で役割高まる
*資源エネルギー関連企業、積極投資が目立つ。重工業国化への道
*日本からの投資ひそかに盛り上がる。
*物価指数 過去10年来の低水準 2.4%
*爆弾テロ 米系2ホテルで、2005年に続く。ヌルディントップ他テロ一派一掃
*パプア、独立運動、ニューモントで対立 
*西スマトラ・パダン地震 死者行方不明1,195人
*根強いイスラムの動き、イスラム金融ももてはやさる。シャリア法治
*鳥フル、豚フル、エイズ、食品汚濁
*日本人殺人事件、相次ぐ
*日本食品、管理問題から品薄続く
日本祭りモナスで開催というのもあったが、なんとなく排斥、わが道を行くというのが気になる1年であった。
来年は明るい1年でありますように。皆様の御多幸をお祈り申し上げます。

|

« Amerika kita strika ジャカルタへ  | トップページ | Selamat Datang tahun Baru »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年の特色・重大ニュース:

« Amerika kita strika ジャカルタへ  | トップページ | Selamat Datang tahun Baru »