« Mesjid Jami Cikini | トップページ | 下士官英雄の名称 »

2010年1月26日 (火)

若き英雄、爆弾3勇士

インドネシア英雄列伝の中にわれわれと同世代の人が3人いる。もちろん生きていればの話であるが一人は9月30日事件で斃れたピエール・テンデアン大尉で彼は26歳であった。スハルトのお陰で現在マンパンからウイジャヤに向かう道路の名前になっている。あと二人は1968年にチアンギ刑務所で処刑されたUsmanとHarunで、1943年と1947年生まれであるので、Harunは21歳で国家英雄になったことになる。
二人は1963年スカルノのマレーシア対決で、警戒命令Siaga Komando作戦に義勇兵として参加、1965年3月後一人のGaniと3人でゴムボードに爆弾を積みシンガポールに侵入、町の中心のマクドナルドを標的に爆発させた。 二人は逃走中見つけたモーターボートが壊れていて逮捕された。二人に死刑判決が下され、インドネシアとマレーシアの関係修復後の1968年絞首刑となった。あと一人のGaniは逃げおおせたのであろうか、死ななかったので爆弾三勇士とはならなかった。

|

« Mesjid Jami Cikini | トップページ | 下士官英雄の名称 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若き英雄、爆弾3勇士:

« Mesjid Jami Cikini | トップページ | 下士官英雄の名称 »