« Koningsplein モナス広場の生まれ | トップページ | インドネシア国会議事堂 »

2010年1月19日 (火)

Pia アリシャバナとフェミーナ

文豪タクディル・アリシャバナ氏の一族であろうか、解説には一切そのような記述はない。
夫がSofjan Alisjahbana故姓を同じにしているのであろうが夫がタクディル氏の子供であったという確認もない。
Pia女史は夫やWidarti Gunawan等とFemina Group を結成、婦人雑誌Feminaを発刊している。 このグループは少女雑誌Gadisなど全部で10以上の雑誌をだしており、Feminaは創刊35年でインドネシアファッション界をリードする活動を続けておりPia Alisjahbana賞もある。
夫人は他にWWF Indonesiaの 創設者の一人であり、インドネシア芸術制作の会の役員を務めている。写真を見るとかなり年配、それもそのはず別の記事ではインドネシア大学の芸術学部英語部の教授を1958年より務めているそうだ。

小生はまだパソコンで苦労しており、3台目をなんとか駆使しているが、メールアドレスも現在使えない

|

« Koningsplein モナス広場の生まれ | トップページ | インドネシア国会議事堂 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

今日本におられますか?どのような状態か分かりませんがよろしければパソコンみましょうか。。。

投稿: baru | 2010年1月20日 (水) 08時32分

有難うございます。
日本に置いて来たソフトで回復できなければ
御願いするかも知れません。

投稿: jakartan | 2010年1月20日 (水) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pia アリシャバナとフェミーナ:

« Koningsplein モナス広場の生まれ | トップページ | インドネシア国会議事堂 »