« 地質学博物館 Museum Geologi | トップページ | Koningsplein モナス広場の生まれ »

2010年1月15日 (金)

モナスの独立前の地図

モナスは独立記念塔のことであるがその広場の近辺の独立前の地図がある。Aapeta1935_monas
1935年の地図であるが、この独立広場はKoningspleinと呼ばれており、四周の道路はそれに東西南北が付された名前で現在も引き継がれている(Koningsplein Timur->Medan Merdeka Timurというが如く)。この広場の中で目に付くのが大きなトラック競技場である。目を凝らしてみるとRacelerrin B.B.W.S と読める。オランダ時代の競技場であるが、独立後の1951年にはIKADA競技場となり、スナヤンに移るまでここで全国体育大会(PON)が開かれていた。隣のNISの駅名はWertvreden SSとなっているようだが、当時から呼ばれていたのは現在と同じGambir駅である。Timurで読めるのがN.I.Electr、現在のPLN、その横にHotel Daendels、Emannuel教会、KPM、現在のPertaminaなどである。西や南より東側の道路のほうが現在と結び付けやすいので今度歩いてみよう。

今日も一日、パソコンでふいにした。またFuturaに戻ってどうやら管理者頁に届いたがメールは出来ないままだ。


|

« 地質学博物館 Museum Geologi | トップページ | Koningsplein モナス広場の生まれ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モナスの独立前の地図:

« 地質学博物館 Museum Geologi | トップページ | Koningsplein モナス広場の生まれ »