« ガルーダ機内でパソコン故障 | トップページ | 地質学博物館 Museum Geologi »

2010年1月12日 (火)

中央ジャカルタ市長(区長)Sylviana Murni

新春早々小生アパートの近くのLow Costアパートメンから5歳の男児が落ちて死亡、友達の同じ5歳の子供が押した為だが、こんな事件にも市長のシルビアナは弔問に訪れている。Aasemen_014
Global誌の記事で彼女は市民からの近くの川の汚染の苦情に対し、軍に協力を要請自らも清掃のシャベルを取った記事があった。大学卒業後から区行政で働き現在51歳で区長となった彼女は、区民に対しオープンドアで接し、Mailing Listやe-goverrnmentを導入、ワンスポット・サービスや料金の銀行振り込み制も実施し、多忙な中、ムハマディア大学など5つの大学で講義も続けているそうである。 中央ジャカルタは9郡と44町の下部組織を持つジャカrタで一番多忙な区であるが多くのスラムも抱えた、いわばインドネシアの縮図のようでもあり、今年ももっと飛躍してほしいものである。
奥に低コストアパートが見える近所の風景をアップした。

|

« ガルーダ機内でパソコン故障 | トップページ | 地質学博物館 Museum Geologi »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央ジャカルタ市長(区長)Sylviana Murni:

« ガルーダ機内でパソコン故障 | トップページ | 地質学博物館 Museum Geologi »