« 罰則強化の新環境保護法 | トップページ | アールヌーボもインドネシア産か »

2010年2月 7日 (日)

3代の内務省とホテル・ジャワ

ムルデカ広場の北側の最高裁判所の隣は内務省である。Abaadep_neguri_dalam


あまり馴染めがないが、この地には昔オランダの内務省Binnenlandsche Bestuurがあった。こじんまりした作りの建物で三つの切り妻屋根を正面に、左右対称で
前面に曲線窓を見せる内部廊下があった。1912年J.F.Hoytemaの作品である。日本が占領した時代は日本はここに内務部をおいたそうだ。独立後とり壊され1959年に当時流行の、今は廃れたベトン建築に置き換わりインドネシア共和国の内務省となっている。昔と比べると格段に大きくなり、そこにあったホテル・ジャワの土地も取り上げられたようだ。

|

« 罰則強化の新環境保護法 | トップページ | アールヌーボもインドネシア産か »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3代の内務省とホテル・ジャワ:

« 罰則強化の新環境保護法 | トップページ | アールヌーボもインドネシア産か »