« バンク・インドネシア・タムリンの威圧感 | トップページ | 今なぜ、「国姓爺」なのか »

2010年2月13日 (土)

うれしくもない到着ビザの一本化

1月の投資環境関連ニュース  
*インドネシア・インフラストラクチャー・ファイナンス社設立、イ財務省、国際金融公社、アジア開銀、独投資開発銀、世銀が資金拠出、初期資本3.6兆ルピア
*到着ビザを30日間(25ドル)ものに統一、7日ものは廃止;観光業界反対、32日物を作るほうがどれだけいいか
*国内6大宗教の代表者らで構成する宗教間会議(IRC)設立される。
*エミレーツ航空、Dubai-Jakarta、フライト増便、現11便/週に3便追加、B777。
*ガルーダ、成田発デンパサール経由ジャカルタ行き便で機内での到着ビザ発行サービス、2/1から。
*テルコムセル、音楽の有料ダウンロードサイト開始。主要48レコード会社と提携、1曲5千ルピア。
*ASEAN6ケ国、ゼロ税率発効、
*中国―ASEANもFTAで90%がゼロへ、インドネシアは保留か、日本は4月に。
*昨年の外国人観光客数6,459,665人で、目標640万人をかろうじて達成と観光相。
*09年自動車販売、前年比20%減の486,061台。今年は55万台
*昨年の二輪車販売5,851,962台、前年比5.85%減:アストラ調べ。
*初の日イ経済合同フォーラム、開催。日イ経済回廊(IEDC)、開発を優先推進。
*縮毛矯正、女性のオジェク利用、男女の婚前写真はイスラム違反:東ジャワのプサントレン団体
*バリ・クタでATM被害者 263名、170億、行員漏えい、詐取グループは逮捕

|

« バンク・インドネシア・タムリンの威圧感 | トップページ | 今なぜ、「国姓爺」なのか »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしくもない到着ビザの一本化:

« バンク・インドネシア・タムリンの威圧感 | トップページ | 今なぜ、「国姓爺」なのか »