« ホクホク ガルーダは豪気に | トップページ | 走り出したSurya Paloh »

2010年2月 3日 (水)

オバマ来イでオバマ少年像訪問か

オバマ大統領が3月に来イ、家族に思い出の地を案内とじゃかるた新聞に出ていた。
となるとMENTENGに来て自分の像も見ることになるのであろうか。この一つ向こうの筋に当時通った小学校があり、まさに思い出の地である。この像は12月に建てられたが今賛否両論で、反対派は55千の反対意見をfacebookに集め、像の取り壊しを要求している。
Ab2010jan30obama_veteran_thamrin_su


先日ちょっと見に行ってきたが、十人(団体)の寄付金でファウジボウォ市長とオバマの友人に当るのであろうかRon MullersとDaiton Tanonakaの名前で建納され、石碑にいろいろ刻まれていたがその文面 オバマの言葉、建立の趣旨、寄付者氏名を控えておこう。
“The future belongs to those who believe in the power of their dream;
“ Si kecil Barry bermain bersama ibunya Ann didaerah Menteng ini. Dia tumbuh dewasa menjadi Presiden Amerika Serikat ke-44, dan penerma Nobel Perdamaian, Barrak Obama
Rudy Pesik, Mien R Uno, Judith Soeryadjaya, Hashim Djojohadikusumo, Prananda Surya Paloh, Norman Chen, Benny Suyudono, Adisatrya Sulisto, B-Channel, Partners for Compassion
オバマ来イ反対派の襲撃を警戒しJKT警察は本人と銅像の2ケ所の警護が必要となろう。

|

« ホクホク ガルーダは豪気に | トップページ | 走り出したSurya Paloh »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オバマ来イでオバマ少年像訪問か:

« ホクホク ガルーダは豪気に | トップページ | 走り出したSurya Paloh »