« 元パサール・パギのうれしい雑踏 | トップページ | 考古学者のStutterheimの墓も古色然 »

2010年2月22日 (月)

英国大使館の国章

タムリンからHI周りにかけて、かっての五大国の大使館がある。英独仏である。日本もその一角にあるが英独仏の所在地を直ちに思い浮かべれない。いつも通るのであるがどれもその通り面して入口がないからであろう。悲しいかな行く用事がなかったからでもある。写真を探してみると、Abengland_lambang_mb


写りが悪いが壁に国章のデザインを掲げた建物があったので、国章を調べてみる確かにこれがイギリス大使館である。
イギリスの紋章はイングランドを象徴するライオンとスコットランドを象徴するユニコーンが盾を支えている形をとっており、この形は多くの新しい国々がまねている。盾の中にはこの二つのほかアイルランドの紋章も入っており、又盾の周囲と下のリボンにはなぜかフランス語で言葉が書かれて、そのひとつは思い邪なる者に災いあれとの意味だそうだ。 インターネットでイギリス大使館を調べてみるとなぜか後ろのドイツ銀行ビルの住所になっていた。


|

« 元パサール・パギのうれしい雑踏 | トップページ | 考古学者のStutterheimの墓も古色然 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国大使館の国章:

« 元パサール・パギのうれしい雑踏 | トップページ | 考古学者のStutterheimの墓も古色然 »