« モナスの国立図書館 | トップページ | バンク・インドネシア・タムリンの威圧感 »

2010年2月11日 (木)

Sujudiもジャカルタ現代建築の父

タムリン通りにバンク・インドネシアを残したSilaban氏の後を受けてインドネシア建築界をリードしたのがSujudi氏である。1927年、中部ジャワRembang生まれでスカルノの後のITBで建築を学び次いで渡仏、ボザール学院やドイツのデルフトでも学んでいる。マンガラ・ワナ・バクティの中央館、
Ab_asean_2009_1010_181625dsc08611


アセアン事務局ビルなどがある。アセアンは1961年のASA3け国を源流にしており、正式には1967年のバンコック宣言でASEANとなった。当時は5け国であるが1984年にブルネイその後1995年以降、ベトナム、ミャンマー・ラオス、カンボジャが参加して10け国となった。本部はここジャカルタである。いつも通るが人がいた試しがない。

|

« モナスの国立図書館 | トップページ | バンク・インドネシア・タムリンの威圧感 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sujudiもジャカルタ現代建築の父:

« モナスの国立図書館 | トップページ | バンク・インドネシア・タムリンの威圧感 »