« オバマ来イでオバマ少年像訪問か | トップページ | 罰則強化の新環境保護法 »

2010年2月 4日 (木)

走り出したSurya Paloh

Obama少年像建立に資金を出した一人にSurya Palohの息子の名前が出ていた。
Ache人は親父の名前をそのまま付けるのだろうか、息子の名前はPrananda Surya Paloh、親父の売名行為を後押しすることができる。昨日Palohは遂にインドネシア大統領を目指して組織を立ち上げた。
ハメンクブオノX世と組んで2014年の大統領選に望む。組織はNational DemocratsでSyafii Maarif、Khofifah Indar Parawansa、Siswono Yudhohusodoなどが賛同者として駆けつけた。
大統領選の基盤としてのゴルカールは先の 10月に党主戦でバクリーに破れ、つい最近まではHanura党に移ることが取りざたされていた。
何時からこんな力をつけたのか不明であるが 本名はSurya Dharma Paloh、1951年7月16日、AcheのKutarajaで生まれ。現在MetroTVと日刊紙Media Indonesiaを保有しメディア王といわれている。メトロ美都故華僑に関連するのかと思っていたが、彼はもスリムである。スカルノを崇拝する彼にPDI-Pの党員が付いてきている。
National Democratsは社会団体ではあるが政党にするのかは今後の賛同者の動きを見るとしているが、いずれ合同するようなことになるのではないだろうか


|

« オバマ来イでオバマ少年像訪問か | トップページ | 罰則強化の新環境保護法 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走り出したSurya Paloh:

« オバマ来イでオバマ少年像訪問か | トップページ | 罰則強化の新環境保護法 »