« 地震弾性波探査は古い手法 | トップページ | 5人目のアンワール君の元服儀式 »

2010年3月24日 (水)

DPR/MPRの入口は裏口

DPRのコンプレックスには多くのビルがある。大体1983年代にそろい、それまでサンスクリット語で名前が付けられていたのがヌサンタラの番号で呼ばれるようになったのが1998年である。
全部をあげると
1. Gedung Grahatama が Gedung Nusantaraとなりこれが本館の緑の屋根の国会議事堂である。
2. Gedung Lokawirasabha Tama がGedung Nusantara I
3. Gedung Ganagraha はGedung Nusantara II
4. Gedung Lokawirasabha はGedung Nusantata III
5. Gedung Pustakaloka はGedung Nusantara IV
6. Gedung Grahakaranaは Gedung Nusantara V
7. Gedung Samania Sasanagraha はGedung Sekretariat Jenderal DPR RI
8. Gedung Mekanik Graha はGedung Mekanik
9. Gedung Balai Kesehatan はGedung Balai Kesehatan (tetap)
Ab038


Ab034


と全部で9棟あるがこれが全て議事堂とつながり且つそれぞれともつながっている。写真で見ると左手の2階建て程度の部分でつながっているのである。MPRは多分NusantaraIVと見たがVかもしれない。MPRも総会をやる場合は本堂でやるはずである。こえら9棟が全て高いビルとは限らず番号で言えば2.4.6.7のはずである。低棟の部分は広く市民が涼んでいた。そう、ここは平日はフリーでだれでも入れる知られざる憩いの場である。但し正面からでなく裏口から入ること。

|

« 地震弾性波探査は古い手法 | トップページ | 5人目のアンワール君の元服儀式 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DPR/MPRの入口は裏口:

« 地震弾性波探査は古い手法 | トップページ | 5人目のアンワール君の元服儀式 »