« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の投稿

2010年3月30日 (火)

割礼とParanormal

割礼Circumcisionと言えば、先週末のJakarta Globe誌に「全ての医者は割礼を施すことはできるが、私は専門家だ」と言う活字が出ていた。その人の名前はDr.H.Rasyidiである。この人はPulomasとBogorに診療所を持ち、過去1日で施した割礼の数の最高は40ケースの記録を持ち、どれも切らずに血を見ないでやるとのことであるが真偽は分からない。昨日知り合いの旦那さんが瀕死の状態であったところ家族会議で超常療法を行う事になり、生き返った話があった。彼は数日前事故で頭脳をやられ、植物人間になって、病院からもいつでも装置を外しても構わないと突き放されていたのであるが、ここから数時間のランプンのParanormal のDukunに施療してもらうため彼を輸送し結果見事生き返ったと言うのである。Dukun の説明では死にかけた頭脳を牛の脳に埋め、牛を身代わりにすると言うもので、多分医療代金に牛1頭の代金が入っているのであろうか。それにしてもほんとによかったことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

National Librayの創設者

Chartered BankとToko Merahの間の家は、昔インドネシア(バタビア)のライブラリーの創設者のひとりであるFr.von Wurmbが住んでいた。Ab_wurmb_house


かれはドイツ人でVOCのスタッフであったが、国立博物館の創設者であるRadermacherと共同でこのNational Libraryを設立した。RadermacherはBatavian Society of Arts & Sience バタビア芸術科学協会の創設者でもある。初期のライブラリーは確かToko Merahであったと記憶するがその後ハーモニーに移った。Wurmbが創設した正式なlibraryの設立年は1778年である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

5人目のアンワール君の元服儀式

ミナンカボウのアンワールを4人登場させたが5人目が今日のアンワール君である。2月の或る日、日本にいたときであるが友人からご子息の元服披露宴の案内があった。
行けなくて失礼したが案内状はAnwar Oni ShoichiのCircumcisionとあった。お父さんの名前に自分の名前Anwarを付ける形式である。説明によると、「結婚式と並ぶ儀式で、親の義務でもあります。割礼はクルアーンには書いておりませんが、スンニー派の主流であるシャーフィー学派(インドネシア、エジプトなど)では義務としており、他の学派では善行(スンナ)となっています。インドネシアでは義務でありながら、一般的にインドネシア語として「スンナ」と呼んでいるようです。割礼は、包茎手術のようなものですが、それぞれのクラスによって医者や病院で行う家族もいますし、田舎ですとプサントレンやマスジッドで割礼専門家がいて、行う場合がほとんどです。田舎で見たことありますが、竹のメスで麻酔なしで行うことが多いです。生後2、3か月から12歳までの間に行うのが標準となっています。息子は9歳でした。ジャカルタ市内の病院で局部麻酔をして、専門の外科医にやってもらいました。」
彼は奥さんが手広く法律事務所をやっておられる。日本語でできるから便利である。Websiteもある。www.faridalawoffice.com mail;farida_law@faridalawoffice.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

DPR/MPRの入口は裏口

DPRのコンプレックスには多くのビルがある。大体1983年代にそろい、それまでサンスクリット語で名前が付けられていたのがヌサンタラの番号で呼ばれるようになったのが1998年である。
全部をあげると
1. Gedung Grahatama が Gedung Nusantaraとなりこれが本館の緑の屋根の国会議事堂である。
2. Gedung Lokawirasabha Tama がGedung Nusantara I
3. Gedung Ganagraha はGedung Nusantara II
4. Gedung Lokawirasabha はGedung Nusantata III
5. Gedung Pustakaloka はGedung Nusantara IV
6. Gedung Grahakaranaは Gedung Nusantara V
7. Gedung Samania Sasanagraha はGedung Sekretariat Jenderal DPR RI
8. Gedung Mekanik Graha はGedung Mekanik
9. Gedung Balai Kesehatan はGedung Balai Kesehatan (tetap)
Ab038


Ab034


と全部で9棟あるがこれが全て議事堂とつながり且つそれぞれともつながっている。写真で見ると左手の2階建て程度の部分でつながっているのである。MPRは多分NusantaraIVと見たがVかもしれない。MPRも総会をやる場合は本堂でやるはずである。こえら9棟が全て高いビルとは限らず番号で言えば2.4.6.7のはずである。低棟の部分は広く市民が涼んでいた。そう、ここは平日はフリーでだれでも入れる知られざる憩いの場である。但し正面からでなく裏口から入ること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

地震弾性波探査は古い手法

この3月に租税総局からの技術サービスの例となる事例にGelombang Seismikという言葉が出ていた。
pemberian informasi dalam pelaksanaan suatu proyek tertentu, seperti pemetaan dan/atau pencarian dengan bantuan gelombang seismik
この言葉の意味を尋ねて1日費やしたのでこれをブログの題材にした。技術サービスや経営サービスは2%の源泉徴収の対象になるのであるが、この通達はその対象になるかどうかの判断資料を提供するものであるはずだが、誰が見てもこんな難しい言葉は技術以外の何物でもないので持ち出すこともないと思う。さらにこれが日常普通の企業の会計税務に出てくるとは思えず出てきても0.001%程度の企業だけである。どうもこれはこの通達を書いた租税総局の人間の知識をそびらかす姿としか映らない。
この意味はどうも以下のようなことに近いもののようだ。
「地震探査(seismic survey). 地震探査(弾性波探査)は、地下構造を調査するための手法です。 地表面で人工的に弾性波を発生させると、その振動は弾性波として地下に伝播し、その際に硬さや密度物等の物理的性質が異なる境界面があった場合に弾性波の一部が ...」
ところが別の資料を見ているとこの実験は1845年にRobert Malletにより行われてかれはSeismicの父と言われさらに1909年のMohorovicicの研究を重ね1921年オクラホマで最初にデモが行われたという。
今更ながら今更何をという感だけが残る人騒がせな通達である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

Chairil Anwarの胸像

Chairil Anwarは45年世代のパイオニアの一人である。勝利の精神を生みだすペンの力でインドネシアを勝利へ導いた英雄である。代表作「Akuおれ」は1943年文化センターでのAngkatan Mudaの集会で発表された占領に反抗する詩ある。Krawang Bekasiと言う詩はインドネシア民衆の闘う精神を謳い、“Doa”と言う詩は神の偉大さを謳った。1946年仲間と”Gelanggang“(フォーラム)を設立しインドネシア民族の独立の声を集めた。彼は引きをとる直前まで”Cameron”と言う詩を詩作した
Ab_chirul_anwar_monas


彼の胸像がモナスに立っている。デポネゴロ像と同じ北側でブロンズで実際の2.5倍の高さである。製作はArsono、1986年である。モナスとデポネゴロとこの像の3っつの構成風景に何か打たれるものがある。基礎部分にKrawang BekasiとDiponegoroの詩が刻まれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

スルタン・ハミッドの功罪

スルタン・ハミッドII世の評価は善悪二つに分かれるが、図らずもアルマーニのガルーダ紋章盗用事件でこのブログでは名誉回復から始まった。つまり2月15日のブログでインドネシアの国章のデザインはこのスルタン・ハミッドIIのデザインであることと端正な顔立ちだけを記述したからである。このデザイン製作の事実は特にスカルノの時代は伏せられており、彼を国家英雄とまで持ち上げる人は今持っていない。スルタンハミッドはポンチアナックの王族であり、1947年ファンモークのオランダが画策する処のインドネシア分断・連邦制に乗り1947年西ボルネオ国を設立した。

1949年のデンハーグ円卓会議ではこれら隗儡政府を代表して出席し、連邦制を条件のオランダのジャワスマトラ主権移譲が成立した。この連邦制は1年をおかず崩れるが彼は1950年にウエスタリングのジャカルタ攻めに関係した廉でスカルノにより逮捕された。この西ボルネオ国は現在は西カリマンタン州となり4つのカリマンタン州のひとつであるが、隣はマレーシアのサラワクで更に世界最大の富裕国ブルネイもある通り、連邦制を夢見る地合いは十分にある。かれはオランダに協力したのでなく最後には特別州としての自治を考えていたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

Gedung DPR/MPR

1月20日のブログに国会の後ろ姿をアップしたが今回は前面の写真であるAb2010jan24dpr_2


。このコンプレックスは広く多くの建物があるが一望には入らない。正面の国会は1965年スカルノ時代に発起されたもので、当時インドネシアは新興国として自信にあふれ1955年のバンドン会議成功後10年の節目に今度は世界新興国会議Conefoを招致開催することを決定、スカルノは会議開催を1966年8月を前にしてほんの17ケ月の1965年3月、新たなる会議場建設を思い立った。建設は先にアジア・スポーツ大会を開催したスナヤン競技場と隣り合ったこのガトット・スブロト通りに決められ65年4月には定礎式にこぎつけた。建築家はその前年にコンテストで決まっていたようでIr. Soejoedi Wirjoatmojo Dipl. IngをメインにIr. Sutami が参加した。屋根の部分が最大の懸案で、そ強度や材質などの兼ね合いから現在の形に落ち着いたようで結局ガルーダが飛び立つ前の羽をイメージしている。建設が始まってすぐゲシュタプの混乱が始まったが、事態を収拾したスハルトはすぐ66年11月には使用目的を国会として建設を継続させた。メインビルディングは1968年完成、その後1978年にSecretariat Building (Gedung Nusantara III) 及び Gedung Balai Kesehatanが、更に1982年Auditorium Building (Nusantara V)及び1983年Banquet Building (Nusantara IV)が完成した。当時の名前はサンスクリットであったが1998年に現在のインドネシア語の名前になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

ハエルル・サレー

2月24日のハイリル・アンワールシリーズの起点である。
彼も西スマトラの出身・サワールント出身である。1930年代はジャカルタ法科大学で政治活動、日本占領時代はメンテン通り31番地の学生寮を拠点とする (Sukarni)、アダム・マリク、ウィカナ等と6月にABI (Angkatan Baru Indonesia) という新世代運動グループを形成した。独立宣言の前日にスカルノ拉致、タンマラカの闘争同盟やムルバ党結成にも参加、46年シャフリールやアミール・シャリフディンの外交路線に反対したため逮捕、釈放後52年にヨーロッパ留学帰国後56年新青年運動を提唱、57年ジュアンダ内閣で在郷軍人相、その後建設相をずっと勤め暫定国民協議会議長を兼務、63年には第3副首相、66年事件連座で逮捕投獄、67年拘置所で急死した。
1948年第二次侵攻のときはバンテン戦隊で竹槍戦士として有名。スカルノの右腕であったが、先に失脚した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

ムアラ・バルの魚市場

スンダ・クラパのパッサール・イカンが移った先はムアラ・バルと呼ばれている新ジャカルタ漁港である。Abaero3rsundakelapa_port


正式にはPelabuhan Perikanan Samudera Jakartaと言うらしいが、ここは日本が指導して作ってあげたものである。Jkt_fishing_port

新漁港の建設が持ち上がってきたのは1973年で日本のJICAが資金援助し、フイージビリティ・スタディから始まった。デザイン・監理はPCIが担当し実際の建設は1980年からで多分魚市場として操業できたのは1987年の頃だろう。それ以降もコールド・チェインやサニタリー・ファシリティのインフラが手掛けられた。埋め立てそのものまで日本の金かどうかは知らないが、そう大きなものではない。今日行って一回りしてみたが、まだ湾岸工事を二人の男が手掛けている姿を目にした。相当立て込んでおり排水のどぶ水に釣竿をを垂れているものもおり、ここの魚を食べる気にはならないだろう。折角行ったが魚を選別する倉庫は暗くてカメラを回すのも忘れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

法人税の申告ガイドはこちら

主題の法令が月刊誌「インドネシア企業経営」2010年2月号に出ている。
その他インドネシアの会計・税務・輸出入手続き等下記の記事の2月号($100 or RP800,000/月)が発売中である。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又はk2433@attglobal.netに照会下さい。
インドネシアの 今月の税務法令アップデート
インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
インドネシアの 法人税の計算と申告書の仕組み
インドネシアの 新投資手続き規定~概要編
インドネシアの 民間の一斉年休取得日の実施
インドネシアの 2009年GDP速報
インドネシアの 法人税の申告書 添付書類
インドネシアの 輸入規制関連規定の変遷 アップデート
インドネシアの 環境法の罰則規定
インドネシアの 2010年の優先審議法案
インドネシアの 個人給与報酬の源泉徴収税率一覧
インドネシアの 統合通関サービス地区
インドネシアの 2010年州別最低賃金一覧
インドネシアの 今月の労働関連トピックス
2010年1月度 下旬 政治・経済トピックス
2010年2月度 上・中旬 政治・経済トピックス
物価・貿易2010年2月発表
橋本政彦 「明日の街角50~一時一事」 
柘海広志 「初めてのヤップ(5)」
西見恭平 「ジャカルタのアルジュナとラーマ王子」
今月の月次経済指標 2009-2010トレンド
今月の会計・税務用換算レート
今月の為替株式金利の動き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

GarudaのGOHとユスフ・アンワール

Ab_026


この2月からガルーダは機内ヴィザ・チェックが再導入された。とりあえず成田からの来訪者を対象にしていて、今後豪州・NZ・韓国などに広める予定ということでまず日本と言うことは光栄なことである。 多分にユスフ・アンワール大使の尽力もあったことだと思う。彼もアンワールと言う名前であるのでミナンカバウのアンワールの4人目の登場と言うことにしよう。このアクティビティは観光客の増強を目指してGOH(Garuda Orient Holiday)となずけている。機内では二人の係官がパスポートを点検し特別のVISAを持たない人に到着VISAを発行する訳で何やら特別に開発したであろうセンサー・読み取り・レコード機器を操りVISAシートは添付し。スタンプを押している。到着ビザのフイー$25は成田のチェックインカウンターの横でクーポンを売っている。成田からのバリ・ジャカルタ行きに乗り込むには当然前の日に日本に入国し待機していなければならない訳だ。約240人のお客を処理するのに2時間立ちづめである。この2時間の間に何度かFasten Seatbeltの案内があったが彼らは体を張ってやっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

東運河の取り残された家屋

カサブランカのずっと先、チピナン刑務所に向かう道バスキ・ラフマット通りに入ると右手に大きな運河がある。Ab20100307_dsc00138


Ab20100307_dsc00139


これが東洪水運河(KBT)の最初の受け口で、多分カラワン方面から流れてきたカリ・マランを受け継ぎ逆に又東に向かわせる。KBTはこうして最初横に流れ縦に流れる5大河川をつなぎ北上し海に流す。一応海まで貫通はしたようだが護岸工事や川幅拡張などがすんでなく完成は乾季の6月と言われている。5つの川とはSunter、Buaran、 Cakung、Jati Kramat、Cakungである。ちょうどバスキ・ラフマット通りで運河にかかる橋があったのでそこから覗いた写真を掲げる。
居座り続ける住宅が一つ、スハルト時代は強制排除したであろうが、今は運河の水に土台が洗われていつか崩壊するのを行政は待っている図である。あとひとつは東に向かう運河を端の飾り窓から覗く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

文化宣言の面々

1963年8月台頭してくる共産党の脅威を前に文化で立ち向かう宣言であろうか、インドネシア民族の威信を持って自らの文化に誠実に創造の努力をするという宣言で13名の芸術家が集まり生まれたもので参加した芸術家はH.B.ヤシン、スーホックジン(アリフ・ブディマン)、ウイラトモ・スキト、ウスマル・イスマイル、グナワン・モハマッドがいる。
1964年3月には全インドネシア作家会議を開催、35の文化団体と450名の文化宣言署名者が集まった。
これに対する反対勢力にも大物がいる。プラプディアアナンタ・トゥールである。アリ・サストロアミジョヨも民族主義ながら共産党に近い。共産党分子は1964年5月にアメリカ映画ボイコットをぶち上げている。この反共産党活動に対しスカルノは5月文化宣言の活動を禁止することを決定、これにより共産党が勝利することになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

ロッサのサクラ

「00rossa6.jpg」をダウンロード

00rossa6


サクラの季節になると思いだすのが、踊りで悩殺するインドネシアのトップ美人シンガーであるRossaである。インドネシア大卒だからまたおどろきである。ヒョンなことから彼女の歌 Sakuraと出会ったがもう大分昔に出したヒットのようだ。なぜか小生のパソコンのMusic フォルダーにも同じ歌があった。軽快なポップでサクラの花とは合わないが歌詞の韻を踏むところが明るい開放音であるので気持ちがいい。
歌詞を紹介すると
Senada Cinta Bersemi Diantara Kita 
Menyandang Anggunnya Peranan Jiwa Asmara 
Terlanjur Untuk Terhenti 
Dijalan Yang Tlah Tertempuh Semenjak Dini 
Sehidup Semati
私たちの淡いつぼみが。
愛の美しさを連れてくる
もう止まるのには遅い
とっくにもう一生死ぬまで連れ添う仲にある。..とでもまあ訳すのかな


[Reff 2]
Kian Lama Kian Pasrah Kurasakan Jua
Janji Yang Terucap Tak Mungkin Terhapus Saja
Walau Rintangan Berjuta
Walau Cobaan Memaksa
Diriku Terjerat Dipeluk Asmara
Bersama Dirimu Terbebas Dari Nestapa(GRIEF)
Dalam Wangi Bunga Cita-cita Nan Bahagia
Walau Rintangan Berjuta
Walau Cobaan Memaksa
Diriku Terjerat Dipeluk Asmara
[Back to Reff 2]
[Reff 3]
Terlambat Untuk Berdusta Terlambatlah Sudah
Menipu Sanubari Tak Semudah Kusangka
Yakin Akan Cinta Yakinlah Segalanya
Perlahan dan Pasti Daku Kan Melangkah
Menuju Damai Jiwa
途中日本人の恨めしそうな声で聞き取りにくいつぶやきが聞こえる。よく聞くと
「今は遠くに居るけれど 君を想う気持ちは 日に日に募るばかり、 桜の香りがするたびに いつでもどこに居ても 君のことを思い出すんだ。 こんなに君を愛していると言うのに どうして君はわかってくれないんだ。 どうか、僕を信じてほしい」 何か同じような心境になりそうだがなぜサクラかは知らない。
パソコンに入っていた歌手はTVBOのHarvey Malaiholoと言う。48歳 これでもインドネシア人である。

you Tube - Rossa - Sakura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

河津サクラと鶯

昨日の夕方、近所の駐車場に咲いている河津桜の傍を通った。ちょうど小鳥たちがいたのであわててシャターを切った。
Ab015


河津桜は静岡県の河津町で初めて世に出た新しい桜で2月から3月には満開となる早咲きの桜である。生まれたのが小生の世にでた年と同じ頃である。
処でこれが鶯かどうかはわからない。 庭の土いじりをすると決まって鶯が後からやってくる。昨日の朝はホーホケキョの練習をしていたので、鶯と組み合わせたが梅に来るのも実際はメジロだそうだ。鶯は土の中の虫をたべる。なるほど。
毎日寒暖の差が大変でひと雨ごとに春がくる。春一番が予想されていたが明日は春日和かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

インドネシアのジャーナリストMohamad, Gunawan

グナワン・モハマッドMohamad, Gunawan,は1941年バンタン生まれ、インドネシアの代表的作家と言うよりジャーナリストである。インドネシア大学で哲学を、カレッジ・オブ・ヨーロッパ・ブルージュ(ベルギー)で政治学を学んでいる。1971年、後にスハルト時代発行禁止処分となったTempo誌を発刊、1994年までCatatan Pinggir欄で体制の汚職や人権侵害、権威主義を批判してきた
1994年に発行停止となったTempoはスハルト退陣後の2003年再刊にこぎつける。彼は多くの賞を受けているが1992年オランダのTeeuw Award、1997年ハーバード大学のNieman Fellowsに選出され、1998年にはWorld Press ReviewからInternational Editor of the Yearに選ばれInternational Press Freedom賞を、2001年にはカリフォルニア大学の理事に選出され2006年には報道の自由を守る闘士としてDan David Prizeを受けている。
1963年の文化宣言にも参加している。
インドネシアのジャーナリスト・文芸界は国家の建設へ大きな役割を果たすと言う使命を持った人が多いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

タイの紋章とインドネシア・ガルーダの違い

インドネシアのガルーダの紋章はヒンズーの神鳥である。『ラーマーヤナ』の中で、魔王ラーヴァナの手からジャナカ王の娘シーターを救い出そうとする場面が有名である。
270pxthai_garuda_emblem_svg
Ab2010jan30obama_veteran_thamrin_su


タイ国の紋章もこの神鳥をモチーフにしており、人間の体に、鷹の頭・くちばし・翼・爪を備えた神聖な生き物として描かれた少しなまめいている。
時々、ホテルのロビーなどでも見られるガルーダの彫り物やバリ島の彫り物がガルーダの原型であり、タイのほうが原型に近いということでもある。インドネシアの国章はこの古典的ガルーダの姿でなくジャワ島の山奥に深住む絶滅寸前のジャワクマタカの姿をモデルとしている。
タイの方はアユタヤ王朝以来のタイのシンボルであり、国章となったのは1893年のことであった。こちらは又盾やリボンなどの装飾もない。
他にガルーダを紋章としているのにウランバートル市があるが、いずれにしてもインドネシアの国営航空ガルーダ・インドネシア航空のお陰で、ガルーダ  イクオール インドネシアと一歩リードしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

ミナンカバウのアンワール Is Anwar

Chairil AnwarとRosihan Anwarを登場させたがあと一人登場させるとするとIs Anwarがある。ミナンカバウ出身の偉人55人の中にこの3人が出ていた。
Chairilはメダン生まれであるが、父親がミナンカボー族でMerantau中であったのである。Merantauと言うのは故郷を捨てて仕事に励むと出稼ぎと言うことで、その代表は全国に散らばったパダン料理店である。Isは実業家であるが小生も聞いたことがないし、この55人の中の実業家はHasjim Ning とかBustanil Arifinとか利権に近い人以外有名な人はいない。Merantauでかたい実業家は意外と少なく、政治家、批評家が多い。
IsもMahaputra学生時代は学生記者会の会長など活動している。Rosihanさんが名誉会長をしているインドネシア記者協会(PWI)にも属し1975年マニラ会議に参加したことが自慢である。彼は1944年生まれ、1970年だったかあのハルモコとPos Kotaを創刊し現在も共に保有している。事業はCV Dewi Pertamaで電話のクリーニング・サービスから始め今はアグロビジネス、不動産開発などの持ち株会社PT NDC
NagariDevelopment] Corporation)である。KantorはSisingamangaraja 45である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »