« グデ・アグンとスルタン・ハミッド | トップページ | Sunda Kelapaの灯台Lighthouse »

2010年4月10日 (土)

インドネシアでも入国時諮問採取 3月度トピックス

*首都空港の入国審査で指紋採取・顔写真撮影を試験導入、6-
*マンダラ航空、初の国際線就航、国際航空安全監査(IOSA)認証取得で4月にも星乗り入れ。
*スラム居住者、1990年の人口の約半分から2009年には同15-25%に大幅減少:国連
*税務監視委員会を設置、税務問題の確実性強化目指す。警察高官との癒着
*ポルノ規制法の違憲審議:伝統文化の規制や表現の自由侵害との訴えを憲法裁は却下。
*KUMONインドネシア、東ジャカルタに新社屋完成。
*クリーン技術基金(CTF、世銀・アジア開銀など管理)がイ地熱発電所開発支援で4億ドル支出へ
*今年の経済成長率予想を5.0-5.5%から5.5-6.0%に引き上げ、来年は6.0-6.5%の見込みと中銀
*NUの第32回全国大会、政治との決別、寛容
*S&Pのイ長期外貨建て政府債務の格付けをBB-からBBに格上げ、見通しはポジティブ。
*インターナショナル・スクールにもイ語、宗教、市制学をイ語で授業するよう義務付け:教育相令
*アチェ山間部で武装グループ掃討:前月に続き、反テロ法違反容疑者14人逮捕、1人射殺と当局。

|

« グデ・アグンとスルタン・ハミッド | トップページ | Sunda Kelapaの灯台Lighthouse »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアでも入国時諮問採取 3月度トピックス:

« グデ・アグンとスルタン・ハミッド | トップページ | Sunda Kelapaの灯台Lighthouse »