« オランダ時代の師範学校と教育の変遷 | トップページ | 日本にはないパンチャシラ »

2010年4月16日 (金)

35周年のタマン・ミニにも、時には

タマン・ミニが35周年を迎える。1975年4月20日が開園の日である。
それを記念して何かやるはずであるが、動植物展位であろうか。インドネシア人が好きなFlora dan Faunaであるがこれは地域の動植物相の展示であるので、金がかからない。基本テーマはインドネシア自然への愛、民族の為のヌサンタラの環境保存、神の恩恵への感謝とか、これもインドネシアが好きな教育である。Edutainmentと言う言葉も出来ているようだがインドネシア生まれだろうか。
Kemang_pancasila_018_tamani


前後1週間が祝われる。18日と25日は帰りに植樹用木が貰える。今でも渋滞するのであろうか、人々の目は現代に向いているようだが、写真がないので近くの現代を掲げよう。Taman MiniはTaminiと略称されている。

|

« オランダ時代の師範学校と教育の変遷 | トップページ | 日本にはないパンチャシラ »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35周年のタマン・ミニにも、時には:

« オランダ時代の師範学校と教育の変遷 | トップページ | 日本にはないパンチャシラ »