« 国民運動家 裕福家庭の学校教育 | トップページ | プラサスティは公園 »

2010年4月29日 (木)

プラサスティのもう一人の金持ちBraam

現在のイスタナ・ネガラは17世紀、オランダの商人J.A. van Braamの邸宅であったがそれを1886年(1820年?)にオランダ総督が購入したものである。この商人の墓碑はプラサスティ墓碑公園にあることは随分前に読んで記憶にあった。今日思い出してプラサスティ公園事務所に張り出してあった一覧表の写真を取り出して見た。これは十数ブロック毎に数十名のリストがありこれを写真に撮る時ずらしながら10枚に取っていたのであるが最初の1-2枚目で、とても読める代物ではないと諦めかけながらもなお多分ブロックF当たりのリストを拡大してみたら、目の前にその名前がボンヤリ飛び込んできた。諦めて立ち去ろうとしたのを呼びとめられたようなショックを受けた。Ja_van_braam_2009_1213_124944dsc093


リストを判読すると63番目、J.A. van Braam 253-102-b-18 Persegi 26 Jan.1771、12 Mei 1820、Baikと間違いはない。
お墓の形は四角柱で253cm高さだろうか、1771年生まれで1820死亡、お墓の状態は良好ということであろう。但し以前にも尋ねたが実際の墓はここの案内人もどこにあるのかは知らなかった。相当な金持ちであったはずであるがお墓には金は使わないのであろう。

|

« 国民運動家 裕福家庭の学校教育 | トップページ | プラサスティは公園 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラサスティのもう一人の金持ちBraam:

« 国民運動家 裕福家庭の学校教育 | トップページ | プラサスティは公園 »