« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の投稿

2010年5月31日 (月)

明日はパンチャシラの日

6月1日はパンチャシラの日である。日本占領期の末期、1945年6月1日の独立準備委員会でスカルノが国是として読み上げたものである。インドネシアのガルーダ国章の真ん中にもそのエンブレムが描かれている。これをみるとガルーダが胸に抱く盾(シールド)を五つに区分けしている次の様な意味をもつ。
1.真ん中:黒シールドに金色の星:唯一神の信仰:金色の星が唯一神の5つの宗教を意味する。
2.右下:赤地に四角い輪と丸い輪の鎖:人道主義:四角の輪は男性を、丸い輪は女性を意味する。
3.右上:白地にビリンギン(バンヤン)の樹木:インドネシアの統一
4.左上:赤地に野牛バンテンの頭部:民主主義
5.左下:白地に金色の稲穂と白い綿花:社会的公正
ついでに言うとガルーダが捕まっている止まり木の白布にはインドネシアのもう一つの国是である「多様性の中の統一」Binneka Tunggal Ikaが書かれている。
今日の新聞にはみっつほど見たがパの字もなかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

最初の国民協議会

Ab018


インドネシア独立後の最初の国民協議会は国民委員会(KNIP)になろうがこれを生んだ会議は日本時代からの独立準備委員会である。早くも8月19日に12省と8州を設置し「国民委員会」を決めたのが8月22日そして最初の国民中央委員会KNIP総会は8月29日、現在のジャカルタ芸術劇場で開かれた。場所をプジャンボンの現在のパンチャシラ記念館と間違う文書もあるがそれは多分ここが独立準備委員会がおかれ中央参議院と呼ばれていたからであろう。 2回目は10月16日、3回目は11月25日、46年にはソロでまた47年は5回目がマランで更に49年にはジョクジャで行われた。
写真はこちらが議事堂裏側

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

インドネシアの国会の歴史

インドネシアの国会の歴史を訪ねてDPR/MPRの国会博物館を訪ねた。Ab20100527_dsc01099


その前に写真を撮りすぎたので、優しくとがめられ、たどり着く前に諦めた。多分そこでも疑問は明かされないだろうと思ったからである。この国会が立ったのは1968年であるがその前はどうだったかというのがどうしても不明である。歴史を解き明かすと最初はオランダ時代のVolksraad国民参議会で1918年、植民地軍最高司令官がバンドンに本拠を移したため空いた現在のパンチャシラ記念館で執り行われた。議員数は当初38人、1939年の最後でも60名(内現地人30人)であった。日本占領時代は強いて言えば1943年に中央参議院を同じパンチャシラ記念館で行うが、それより重要なのは敗戦間際の1945年5月ごろからの独立準備調査委員会(BPUPKIなど正確には2段階か)がありこれが、1945年憲法とパンチャシラ宣言をまとめたのである。BPUPKIは現地人が70人参加したはずである。独立宣言後最初に設立されたのはKNIPインドネシア中央国民委員会で1945年8月29日、議員数137人(103人とも)で現在のジャカルタ芸術劇場で行われた。これは1950年2月までで永井重信先生の本では1949年末には500人以上の議員を数えたとあるが、独立戦争時代であり、バンドン、ソロ、ジョクジャ等でも開かれた。その後はRIS(Republik Indonesia Serikat)時代146人、単一共和国になった1950年8月16日のDPRS時代は236人、最初の選挙の後の1956年3月26日のDPRで272人、スハルト時代最高1,000人から現在692人となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

ジャカルタ近郊のFM放送

代表的なFMステーションのリストがあったのでアップしておこう。 Abmay_22_cilandak_053

写真は記事と関係ない昨日のラヤン博物館の表である。(失敗続き)


RRI Pro 2 FM - 105.1 MHz - Jakarta
http://www.kopitime.com/pro2fm - online

Radio A FM - 96.7 MHz - Jakarta
http://a967fm.indosat.net.id - online

Radio Adyasamudra (Radio ADS) - 972 kHz - Bekasi
http://www.etnikom.com/ads.htm

Arief Rachman Hakim (ARH) FM - 88.65 MHz - Jakarta
http://www.arh8865fm.com - online

Bens Radio FM (Radio Bergaya Nyanyian Irama Sejati) - 92.85 MHz - Tangerang
http://www.etnikom.com/bens_radio.htm

Citra Megaswara FM - 97.75 MHz - Bogor
http://www.megaswara.co.id

Delta FM - 99.5 MHz - Jakarta
http://www.geocities.com/BourbonStreet/Delta/1112

Elshinta FM - 90.05 MHz - Jakarta
http://www.elshintanet.com - inactive

Female FM (Radio Bahana Sanada Dunia) - 101.95 MHz - Jakarta
http://www.femaleradio.com

Hard Rock FM (Radio Antarnusa Jaya) - 87.6 MHz - Jakarta
http://www.hardrockfm.com - online

I Radio FM (Radio Mustika Abadi) - 89.7 MHz - Jakarta
http://www.iradiofm.com

Indika Mandiri FM - 91.45 MHz - Jakarta
http://www.indikafm.com - under const

Indonesian Pirate Radio Association FM - 94 MHz - Jakarta
http://www.geocities.com/forumkota/Pirate

Kis FM - 107.2 MHz - Depok
http://kissfm.i2.co.id - inactive

KISI FM (Radio Kancah Irama Suara Indonesia) - 91.8 MHz - Bogor
http://www.kreasi.co.id/kisifm - inactive

Lesmana FM - 99.15 MHz - Bogor
http://www2.bonet.co.id/lesmana

MS Tri FM - 104.4 MHz - Jakarta
http://www.akademianet.com/mstri

Mustang FM - 100.55 MHz - Jakarta
http://mustang.i2.co.id - inactive

Pas FM - Jakarta
http://www.pasfm.com

Pesona FM - 103.7 MHz - Jakarta
http://www.vision.net.id/pesonafm - inactive

Prambors FM - 102.3 MHz - Jakarta
http://prambors.i2.co.id

Pro FM - 103.35 MHz - Bogor
http://www.kopitime.com/profmbogor - online

RTC FM (Radio Teknik Club) - 89.15 MHz - Depok
[ Univ. Indonesia's campus radio ]
http://rm.ui.ac.id

Sonora FM - 100.9 MHz - Jakarta
http://www.sonora.co.id

Trijaya FM - 104.75 MHz - Jakarta
http://www.trijaya-fm.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

ラヤン・ラヤン博物館でジャワを味わう

Abmay_22_cilandak_054


Abmay_22_cilandak_055


ラヤン・ラヤン博物館に行ってきた。Layang-Layangとはインドネシアのあちこちで見かける凧である。ここもチランダック地区で、ファトマワティ病院から数ブロック下って右手のHaji Kaman 通りの奥にある。なんでまた凧などと思うかもしれないが行ってみて、ここは日本人家庭でも子供と一緒にゆっくり憩える場所だと何となく感銘を受けた。 古そうなジャワの伝統住宅に囲まれた中庭に立つと
ジャワの気配が匂い立つ。ここの中には凧作り、陶器作り、バティック作りなどの趣味の工房もあり、体験できるのだ。したがい入場料は1万ルピアでさらに陶器作りや、バティック、Tシャーツ絵描きなどは5万ルピアである。 オーナーはイブ Endang Puspoyoで1985年、Merindo Kite& Gallery 
を設立以来この分野で1人者で、凧産業を興したのかもしれないが、多分ジャワの貴族出身などであろう。隣に自己の大きな住宅を持ち、プールも開放した実業家でもあるようだ。2003年にオープン。最大の凧は9x26メートルのものもあり、貸出もしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

デンガスデンクロックのスバルジョは

Ahmad Subardjoスバルジョが歴史に登場するのは3回ほどある。1回目は1945年8月16日から17日に掛けた独立の長い1日である。Abdenhadenkolok_016


デンガスデンクロックに拉致されたスカルノ・ハッタと急進青年グループの危機打開に動いた時であり、2回目は1946年7月3日事件でシャフリルと対立事件を起こした時そして1952年スキマン内閣の外相として行った米国とのMSA協定調印した時である。同時に対日サンフランシスコ対日平和条約にもサインしているがこれの批准は賠償迄待たねばならなかったし、MSA協定は米国からの援助受け入れがインドネシアの自主外交を損なうものとして、大反対となり外相辞任にまで追い込まれた。しかし1945年の8月の共和国初代外相というのも立派な勲章である。前田武官府詰めの職員程度しか考えてなかったが彼(1896年~1978年)は西ジャワの貴族の出でライデン大学に留学、インドネシア協会でも活躍し、35~36年にはマタハリ特派員として東京に駐在、日本占領時は武官府で独立養成塾の指導も行っている。その後はスイス大使や外務省顧問、国際法名誉教授などどちらかと言うと静かな晩年であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

Basuki Abudullahは絵画の巨匠

チランダック方面にはいくつもの博物館がある。Abmay_22_cilandak_049


その一つはインドネシアの絵画界の巨匠 Basuki Abdullah博物館で同氏の居宅を博物館にして作品などを展示している。全てオリジナルだと言うことでそれには同氏の手による複製も含むとの事。 きれいなパンフも用意されていて5万ルピアもチップ代わりにおいて来た。人物画も多いがその中に日本人が3人いた。デウィ・スカルノと国広大使、及び同奥様である。大使と奥様は別々に描かれていて1992年となっていたのでBasuk氏が亡くなる1年前のことである。ここに行くにはファトマワティを南に下りシマトパンに出る前の二つほどを右に折れるJl.  Keuangan Rayaの奥まったところにある。 イスタナにも飾っている筈だが案内人は知らず、また作品で一番有名なものはと尋ねたら10歳で書いたガンジーのポートレイトであった。それが彼の得意とする分野でスカルノは2枚。スハルトも3枚ほど、ハッタは1枚ほかはマルコスやボルキア、タイの王などに上記日本人も混じっていたのである。彼はクリスチアンで日本刀のコレクションもあったので日本びいきの人だったのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

国会9つのビルの統合象徴

ガトット・スブロト通りから国会DPRの正面に遠くにみる彫刻がある。Ab021_2


これを逆に国会の中に入って町の中心に向かって取ったのがこの写真である。この彫像の下は長い噴水の幕が掛かっている。この彫像はElemen Estetik (唯美の要素)となずけられているが、現在・過去・未来を象徴したもので、Drs. But Mochtar dari Departemen Seni Rupa Institut Teknologi Bandungの作品である。これが38ha」(当初は60ha)コンプレックス内の9つのビルを統合する象徴になっている。正面がGedung NusantaraでDPR、MPRの総会が行われる。総会議事堂には17,000の席を収容できる。ここにはMuseum DPR RIと言う部屋もあるのでアクセスすれば行けるかも知れない。ここで9つのビルのいくつかを紹介すると
Nusantara Iは1997年に建築の議員事務所がある23階建てのビルである。
ヌサンタラ IIは3階建て、三つの委員会の事務所及び銀行、郵便局、テレコムがある。
ヌサンタラ IIIは9階建て、DPR 議長、官房長官事務所等がある。
ヌサンタラ IVは3階建て、国際会議場等
ヌサンタラ VはMPRのフラクション等がひっているビルである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

Soekanto軍人道路

Jl.Soekantoにつながる道は軍人の道路名がつながっている。Soekanto将軍の手前が9.30事件でジョクジャで斃れたSoegiono大佐でその手前がBasuki Rachmat中将である。
9.30事件当時は東部ジャワの第8軍ブラウイージャワ司令官であった。10月5日の国軍記念日にジャカルタに来ていて事情を知らず反乱軍側で大統領官邸を包囲していたが、スハルトとの話し合いで兵を撤退させた。翌年スカルノの最後の組閣内容に反発した学生の反対大運動が起こり、ボゴール宮殿に逃げ込んだスカルノにスハルトへの権限委譲を認めさせたスプルスマール事件の立役者の一人である。スプルスマールとは3月11日命令書の意味で3人の将軍としてアンディ・モハメッド・ユスフ(工業相)、アミール・マフムット(JKT司令官)と共に乗り込みこの命令書に署名させたものである。内容は共産党を解散すること、内閣改造すること、物価値上がりの鎮圧の国民の三大要求を受け入れなければ秩序を回復し、大統領の生命は保証するとして大統領の生命を守り治安回復することをスハルト少将に命令する形をとっている。
1967年10月第2次アンペラ内閣、68年6月の第1次開発内閣の内相、スハルトの腹心となる。在郷軍人相

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

スカントの面々

スカント将軍と同じ名前にProf.Sukantoがいる。彼はジャカルタの誕生日を6月22日と突き詰めた人である。
最初にジャカルタの生まれた日を特定しようと思い立ったのは1953年に第3代の市長となったSudiroである。そこで彼は当時の歴史学者に呼びかけ、ヤン・ピータースゾーン・クーンが建てたバタビアではなくジャヤカルタの成立日を調査するよう呼びかけた。3人歴史学者の中でProf.Dr Sukantoだけが6月22日とする研究結果を発表した。スカントは当時国立文書館(当時はArsip Negara)の館長であった。そしてこれは1954年末にSudiroが序文を書いた「Dari Djakarta ke Djakarta」と言う本となった。
その後1956年2月に市議会で6月22日を誕生日とする条例が可決された。その年に第1回の生誕祭(429年周)が行われたのである。
彼は1919年に書かれたF. de Haanの Oud Bataviaから多くのヒントを得ている。
ポルトガルがパジャジャランと同盟の条約を締結したのが1522年の8月21日で、De  Haanは凡そ5年後にこのスンダクラパと言われた街はバンテンのファタヒラーの手に落ちたとしている。
モスリムであったファタヒラーはイスラム暦を知っていたが未だ民衆にはジャワ暦が一般的で彼の妻はデマク王の王女であったためジャワ伝統を尊敬していたはずだとしてこの日を決めたものである。しかし彼自身もこれは推定であると断っている。
他にSukantoの名前はSukanto Tanotoと言う 華僑の実業家がいる。彼は2007年Forbusでインドネシア一番の金持ちにランクされたことがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

初代警察トップ スカント将軍

現在で言う警察庁長官の初代はRaden Said Soekanto Cokrodiatomojo大将である。スカルノがイワンクスマ・スマトリやサルトノの助言で決めた。1945年9月28日で、シャフリルが実権を取ったあとである。この最初の職位はKKN(Kepala Kepolisian Negara)、現在はKapolriである。
Soekantoは1908年ボゴール生まれ、で両親はジャワとスンダのRadenの家系である。父はPamong Prajaで、所謂プリアイの子供として幼稚園からオランダ系の学校である。小学はELS更に高等学校はHBS ジャカルタにボゴールから汽車で通った。 しかし学業は躓きとおしでHBS卒は1928年、その後ジャカルタ法科大学RHSも直ぐ中退、オランダのエリート?警察学校にもやっと声がかかり警察実務に着いたのは1933年になっていた。その後スマランやカリマンタンで勤務に就き、日本占領時代もそのまま勤務を続けた。1945年にKKNになってから退官したのは1959年と長いが今記すべき特別な話はない。
彼の名前がカサブランカ通りのブカシ方面へのずっと先の道路につけられている。Jend.Basuki Rachmat通りからSoegiono通りを越えたマラカ地区からの道でポンドクコピ地区に至る長い東進通りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

警察博物館と軍人像

クバヨランのパサラヤの手前のPLN本社前に警察機動隊があるが、その前に警察軍人像が立っている。Ab20100327_dsc00536


立っている所は機動隊本部と言うより警察博物館の前庭である。誰だろうかと警察博物館のホーム頁を覗いてみるみても名前が出ていない。この博物館そのものも良く知られていない。 それもそのはずこの博物館は昨年立ったばかりだったのである。 現在の警察庁長官はBambang Hendarso 大将であるが彼の発案で作られ、2009年7月に公開された。警察の歴史や武器などが飾られているが2階には警察殿堂と言うようなものがあるがこれは18人の警察庁長官の群像画で19人目用として真ん中あたりが空いている。
この初代の警察軍のトップのSoekanto大将が前庭の像である。やはり警察だと恐れをなして訪れる人は少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

インドネシア・リテイル部門の活況

インドネシアの消費部門が経済を牽引して久しいが、リテイル部門への外資のさらなる進出のうわさもあり、話題に事欠かないようだ。先にCarrefourのAlfa買収には独占禁止法から待ったがかかり今は最高裁に行って250億の罰金を求められ、係争中だが、Carrefourは昔風の手段で勝利したい考えのようである。一つは二人の大物監査役、一人は元情報トップBINの長官を勤めたAM. Hendropriyono大将 でありあと一人は元警察長官S.Bimantoro大将である。  また、有力なパートナーを求めParaグループのChairul Tanjungに出資してもらっている。この取引は40%で3億ドルといわれている。 Chairilは靴の商売から身を建て、Mega Bankを育てながら拡大資金としてきて、ファイナンス部門、メデア部門(TransTV、TV7など)に強い。彼自身Metroに株を持ち、ファッション小売店BossとかValentinoなども持っている。
韓国のロッテがMakroを買収したあと、米国のWal-Martの再進出や英国のTescoの進出うわさも確度高くうわさされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

つきとめたプラサスティの墓ひとつ

先日プラサスティ墓地公園を案内することがあり、懸案の墓探査をおこなった。墓のあるじはオランダ植民時代の金持ち商人のvan Braamである。4月29日に登場させた通り、セミ博物館の壁にあった墓の一覧表からF ブロックの69番と言う所在を突き止め、案内人顔をしている男に調べさせて墓の奥の方にあることが分かったものである。Ab106

飾りも何もない平板の石にここに眠るJ.A. van Braam、1771年生まれ1820年没と読める。彼は現在のイスタナ・ネガラにカントゥリーハウスを持ち住んでいたが、この邸宅が彼の死後1820年に時の総督が総督宮殿ととして買い上げられたものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

日本商社のコタからタムリンへ

貿易投資コンサルタントの広沢氏と東京外語大学名誉教授の佐々木教授がジャカルタ・ノスタルジー旅行で来られ、ブログのよしみで小生が案内を仕った。その一つが広沢氏の商社兼松の昔の事務所の探索であった。それは2年ほど前、広沢氏から依頼もあり、カリブサール・バラットのジャランコピー51番地と言うことで、現在はドリアンの小売店となっている店を訪ねたことがある。写真に撮り送ったが、どうも様子が違うと言うことで今回見に行ったわけであるが、ジャラン・コピーは変わらないがどうも番地が違うようで角地の3階建てのビルがそうだとわかった。Ab108


写真で紹介するのは気が引けるほど落ちぶれ果て、誰も使用しないまま相当年数がたっている事がわかる。ここはじゃがたらお春も住んでいたという地区でRoa Malakaと言う古い道路名も残っている。いずれ海水が押し寄せるというのであろうか 崩壊を待つばかりであり、心が痛む。他の日本商社もカリブサール・チムール側にあったそうであるが、日本が国交を回復した1958年の後多分1962年頃タムリンに日本大使館が出来、この大使館ビルに日本商社も大挙して移動した。その後1972年に賠償関連ヌサンタラビルが完成したため、また日本商社はヌサンタラに引っ越したが、伊藤忠はスカイラインビルを1974年に完成させたのでそちらに移ったはずである。処で1958年から1962年までの日本大使館の所在地を突き詰める宿題を頂いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ジャティネガラの闘争記念碑の記念事件とは 

この記念碑Monumen Jatinegara は独立戦争でのこの地域でのオランダとの戦いの勝利を記念するもので、一人の兵士と子供が立っている像である。Abbogor_nov06_056_4


Koinonia教会を三角の頂点として三つの道が通っているところで通りの名前はマトラマン通り、西ジャティネガラ通り、ウリップスモハルジョ通りである。これについてDKIの出版物に以下のような説明があったので補足する。
東ジャカルタ特にジャティネガラでの対オランダ人民の闘争はジャティネガラを中心とした地域での連続的な闘争である。この地域はPasar Macan、Kampung Melayu、Kampung Ambon、Pal Meriam(Solitude)、Gang Bunga、Viaducht(映画館に近い橋) Pasar Mode(Gang Kemuning)、Leo Nilan(現在はバイパス)、Domis Park(現在駅の裏)、Kayumanis V Lama、Gang Nambru(高い椰子の木)、Depo Jatinegara及びKlenderが含まれる。人民はHaji Daripが率いる人民決起隊(PPPI)に合流した。ポンドクグデでの集会を終了した後ダリップはクレンデルがオランダ軍のトラック14台に占領されたとの伝令があった。
装備の差があり両者は一旦協定し、人民軍はプルワカルタに引き下がざるを得なかった。しかし1945年10月25日、ピーイが特別隊を組織し、Amir Jamai Effendiと言う名前の青年闘争の登場である。彼らはPulo Gandul地区のOPI指令部がジャティネガラでの略奪を抑え鎮めるよう助力を頼む為であったが、目的を変更しVerducht Gang Kelor鉄道橋の上のオランダ軍を妨害することとした。主目的はオランダ軍が道路を越える事をを防ぐことである。ちょうど15時半、一つのトラックがマンガライ方面からGang Kelorの鉄道橋の前で右へ進んできた。この一小隊をのせたトラックが標的に近づいた時トラックの方へ一斉射撃が起こった。形勢不利と見た敵は北方の第7大隊へ戻り他もそれぞれの本拠地に戻った。この事件を記念してこの記念碑はアリ・サディキン市長の時代に彫刻家Haryadiが建てたものであるが場所は不確実であったためこの地に移したものである。なるほど沢山の地名が出てくるが現在の地図ではどこなのか不明である。基盤の裏側に独立の英雄より気高いものはないとの文言がある。似たような文言はアルヤドゥタホテル前の英雄の像にもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

改定付加価値税は今月施行

今月発効する新付加価値税法の実施細則が続々出ている。それらの法令が月刊誌「インドネシア企業経営」2010年4月号に特集されている。 その他インドネシアの会計・税務・輸出入手続き等下記の記事の4月号($100 or RP800,000/月)が発売中である。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又はk2433@attglobal.netに照会下さい。
今月の税務法令アップデート
今月の経済法令アップデート  
会計原則 130(1株当たりの利益 その3)
改正付加価値税法の実施細則  その1
その2 税額票の様式・作成・訂正等の手続き
その3 税額票とされる特定文書
その4 税額票のコードと連続番号
その5 税額票の取換、再発行、取消の方法
その6 付加価値税期間報告書の記入ガイド
API規定の改正
国内市場で販売される物品へのラベル表示義務
FTAにおける輸入通関審査指針
ロケーション許可に関する規定
2010年輸出関税課税品と税率
今月の労働関連トピックス
アップデート 2010年輸入関税の政府負担
2010年3月度 下旬 政治・経済トピックス
2010年4月度 上・中旬 政治・経済トピックス
物価・貿易2010年4月発表
橋本政彦 「明日の街角52~火山活動と企業経営」 
西見恭平 「ジャカルタの大型記念塔」
今月の月次経済指標 2009-2010トレンド
今月の会計・税務用換算レート
今月の為替株式金利の動き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

ガルーダの国内フライト頻度に見る都市ランキング

ガルーダの機内誌に載っているフライト表で、インドネシアの人の動きから都市の重要度合いが判る。1週間のフライト・頻度であるがやはりスラバヤが第1位である。ジャカルタからの便を以下にランク順に記すと
1位: スラバヤ 107便 
2位: ジョクジャカルタ 63
3位: デンパサール 60
4位: メダン   56
4位: スマラン 56
5位: パレンバン 42
5位: バリクパパン 42
6位: マカサール 21
6位: ポンチアナック 21
6位: バンジャルマシン 21
6位: バタム 21
6位: パダン 21
6位 プカンバル 21
6位 ソロ 21
その次は14便グループ(ジャンビ、パンカルピナン、タンジュンカラン、Ampenan)の後、7便グループ(アチェ、マラン、パランカラヤ)がある。 アチェは7便で最低であるがジャカルターメダンーアチェの7便も考慮できる。ジャヤプラすらマカッサールー・ビアク経由7便とデンパサール・チミカ経由の7便がある。クンダリ、メナド行もマカッサールを経由するのでマカッサールは上記の21便より便利性が相当上がる。地方都市間ではSby-Denpasar-Sby 21、Jog-Denpasar-Jogが14、Denpasa-r-Ampenan-Denpasar 7、Denpasar-Makasar-Denpasar 7があるので海外旅行者にはほっとする。これらが全てだとするとスラバヤやメダンなどの地方都市間の単独の連絡便はガルーダではないことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

宮崎に初代天皇までの神位が

日本は長いさくら梅雨もようやく終わりゴールデンウィークを迎えるあたりから五月晴れが続いている。
今日でちょうど1週間、あすジャカルタに出発するがあすまでは持ちこたえそうである。1日から3日までに宮崎に行ってきた来た。何年振りか驚く年数であるが、それでも宮崎は昔のままで、のんびりできた。青島あたりの海岸ではサーファーが宮崎の穏やかな春の波に、遊んでいる。図らずも青島神宮から鵜戸神宮そして宮崎神宮の3神宮を尋ねたがここに日本の神話(あるいは天皇家)の源流があった。Ab20100502_dsc00749_2


Ab20100502_dsc00762

国づくりのいざなぎのみことの3皇子の一人アマテラスオオカミはその孫のニニギノミコトに日本を安寧に導くため3種の神器をもって高千穂に送った。そこで出会ったこの花咲くや姫とできたのが山幸彦で、兄の海幸彦の釣り針を探しに海底で出会ったトヨタマヒメとの間の子供がウガヤフキアエズノミコトで、ウガヤフキアエズノミコトの乳母となった、トヨタマヒメの妹のタマヨリヒメとの子供がカムヤマトイワレビコ つまり初代の天皇、神武天皇である。
この山幸彦が青島の、宇賀や吹きあえずが鵜戸神宮の、そしてカムヤマトイワレビコが宮崎神宮のDeitiesである。青島神社で買ったパンフにそう出ていた。この神の国に日本全国から観光旅行者がワンサとやってきていた。主要道の車の9割が宮崎外で、駐車場も満杯となるが、ここでは皆、笑顔で平和そのものであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

RijswijkのIstana Negaraはどっち

1949年12月27日はハーグ協定の調印でオランダがインドネシアに委譲した日である。この日、ジャカルタでも委譲式が行われた。インドネシア側はハメンクブオノ9世(Sri Sultan Hamengkubuwono IX)が、オランダ側はWakil Tinggi Mahkota (コミッショナー/最高弁務官)AHJ Lovinkが署名した。どこで行われたのかであるが、この日イスタナ・ムルデカに紅白旗が翻った描写もあり、政府のホーム頁でイスタナムルデカであったとはっきりと読み取れる。
Ab_istana_negara


イスタナ・ネガラであった話もあり小生も昔の記述で間違ったようだ。急ぎ修正しておこう。間違いで参照した記述は場所はRijswijk Paleisであるとした資料である。Rijswijkと対をなす言葉にNoordwijkがある。どちらも道路の名前であり地区の名前でもあるが、Noordwijk は現在のJuanda 通りであり地区はそこを含む北の一帯で、RijswijkはJl.Juandaと運河を挟んだ現在のVeteran 通り(ここにI. Negaraがある)であり地区はそこを含みモナス迄の一帯(こちらにI.Merdekaがある)である。またIstana Negaraと言う時普通名詞として使われることがありその場合この二つを含み一帯をさすこともある。Istana MerdekaはIstana Negaraが手狭になったから後から建てられたもので、当時の名前はIstana Gambir、或いはKoningsplein Palaceともいわれる。スカルノがその第一声から "Freedom Palace"を意味するIstana Merdekaと名ずけた。
名前が多いから混同するが、やはり決め手はSetnegのIstana Gambir menjadi Istana Merdekan dan Istana Rijswijk menjadi Istana Negara.に任せよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

プラサスティは公園

Taman Prasastiは昔はKerkhof Laanと呼ばれ1808年ダーンデルスの時代にバタビアのオランダ教会(現在のワヤン博物館)とポルトガル教会(シオン教会)から多くのお墓を受け入れた。
小生は昔ここの名前がはっきりしないと書いたが地図にはちゃんとMuseum Taman Prasastiと出ているし正門前に立つ石柱2本に縦書きでMuseumとPrasastiと書かれている。急ぎ修正しておこう。小生はいつも墓碑公園などと勝手になずけていたがここではいつもTV・雑誌用のシューティングが行われているし、学生たちがグループで遊びに来るから公園である。Abdscn0154

Ab2009_1213_125457dsc09328_trim1


博物館というならそのコレクション数は1,409個で形は碑文(Prasasti)、墓石(Nisan)、塔(Tugu)、記念碑(Monumen)、カップ(Piala)、紋章(Lambang Heraldic/coats-of-arms)、小塔(Gothic turrets)、レプリカ、ミニアチュア等となる。Aberasumus_kuningan_palmerah_tanaba


眠りの天使、嘆き苦しむ夫人、マルダイケルの少女達の大理石像が心を打つ。Nisanで小生がその謂れまで突き詰めた数は23人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »