« プラサスティのもう一人の金持ちBraam | トップページ | RijswijkのIstana Negaraはどっち »

2010年5月 1日 (土)

プラサスティは公園

Taman Prasastiは昔はKerkhof Laanと呼ばれ1808年ダーンデルスの時代にバタビアのオランダ教会(現在のワヤン博物館)とポルトガル教会(シオン教会)から多くのお墓を受け入れた。
小生は昔ここの名前がはっきりしないと書いたが地図にはちゃんとMuseum Taman Prasastiと出ているし正門前に立つ石柱2本に縦書きでMuseumとPrasastiと書かれている。急ぎ修正しておこう。小生はいつも墓碑公園などと勝手になずけていたがここではいつもTV・雑誌用のシューティングが行われているし、学生たちがグループで遊びに来るから公園である。Abdscn0154

Ab2009_1213_125457dsc09328_trim1


博物館というならそのコレクション数は1,409個で形は碑文(Prasasti)、墓石(Nisan)、塔(Tugu)、記念碑(Monumen)、カップ(Piala)、紋章(Lambang Heraldic/coats-of-arms)、小塔(Gothic turrets)、レプリカ、ミニアチュア等となる。Aberasumus_kuningan_palmerah_tanaba


眠りの天使、嘆き苦しむ夫人、マルダイケルの少女達の大理石像が心を打つ。Nisanで小生がその謂れまで突き詰めた数は23人である。

|

« プラサスティのもう一人の金持ちBraam | トップページ | RijswijkのIstana Negaraはどっち »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラサスティは公園:

« プラサスティのもう一人の金持ちBraam | トップページ | RijswijkのIstana Negaraはどっち »