« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の投稿

2010年6月29日 (火)

沖縄の戦没者と昭和館

千秋文庫に行くとき九段下を降りてすぐの所に昭和館があったのでに寄って見た。ここは国立で厚生省の委託で日本遺族会が運営しているもので全国の遺族からのボランティアで時代の遺産を集め、視聴覚機器を動員した立派なものである。Ab20100622_dsc01323


ここに全国戦没者マップがあったので写真に撮ってきた。全国で558,863名、県別に死者数がグラフに出ているが、まんべんなくある。原爆も含む為上位をあげると広島262,425、東京116,959、長崎75,380、がダントツで次いで1万前後のグループ、大阪14,770、愛知12,379、兵庫11,0997、神奈川9,197、そこから静岡、三重、福岡、鹿児島、そして山口の3,000台につながる。 少ないところは石川27人とか、なるほどの奈良32人である。京都も215のみ、序でに滋賀も35人である。沖縄がないなと思ってみるとこれは空襲で亡くなった人のようであるが、唯一の本土戦の沖縄を除くとは片手落ちで見識を疑う。 沖縄は実に188,000人(内軍を除くと94,000)なのである。
第二次世界大戦の日本人の戦没者は総計3,100,000で内民間が800,000人と言われている。ここから行くと
民間の死者数は本土空襲の数字を割り引くと500,000、沖縄94,000、とすると残りはシベリアを中心とする海外植民民間人と逆算される。軍の中にほとんどが泣く泣く死んでいった同じ日本国民であるので軍を除く理由はないのであるが。。
他国をみると日本の3,100,000に当たる数字はドイツの5,500,000で、連合国では英国505,291人、米国は407,828である。
ソ連の20百万、中国の10百万は突出した丸い数字であるのでプロパガンダ臭いが付記しておこう。
他国の数字等はwww.hi-ho.ne.jpのは我が家のホームペイジを参照した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

プリタ・ハラパン大学絵画博物館

掲題のUPH Painting Museumという絵画ギャラリーがリッポーカラワチにあると言うので先月のある日出かけてみた。Abuph_1


リッポー・カラワティに入ってすぐの所で尋ねた所がその場所であった。高いマタハリタワーの3階にある。正確に言うと Wisma Graha Citra、Jalan Gatot Subrotoである。ここには.インドネシアの有名な作家の700作品を保有しておりこれらの画家によりインドネシアは世界のトップクラスにランクされた絵画大国である。(ちょっと言い過ぎ?)展示品はリッポーグループの総師Mochtar Riadyと長子のJames Riadyの絵画や芸術についての図書、国際的展示会のカタログ等の個人的収集品を公開したものである。,また彼らの友人の実業家も展示の為貸し出しに応じている。 .また国内ペインターのデータベースも構築しており作品の解説も得られるそうである。展示の中にいくつかを紹介するとRaden Salehの"Lions and a Snake Fighting Outside a Grotto in a Tropical Landscape" (1839)、Iドイツ人のWalter Spiesの1924年の旅行中の作品Desa on Dijeng Plateau/Desa mit Sumbing、van Sagitoの Immortal Eternity (1997)、S. Sudjono のMenunggu Kapal Berlabuh、R. BonnetのKeris Dance (1934)、その他 AAG De SobratのBali Life(1931)やLe Mayeur の Balinese Women (1950)もある。その他AffandiやBasuki Abdullahんどの巨匠作品もあるようだ。 行った時は展示品を動かして解説板も取り外し中であったし、思いのほか小さいスペースでゆっくりもできなかった。また電話して行ってみよう。
TEL:5475585、5475587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

インドネシア企業経営6月号案内

インドマルコ社の月刊誌「インドネシア企業経営」2010年6月号が発行された。5-6月に発行された諸法令がアップデートされている。 その他インドネシアの会計・税務・輸出入手続き等下記の目次の通りである。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又はk2433@attglobal.netに照会下さい。

インドネシアの 今月の税務法令アップデート
インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
インドネシアの 会計原則 132(注釈第8号 その1)
インドネシアの 2010年投資ネガティブリストの見直し
インドネシアの 企業 業種別財務比率一覧
インドネシアの 物品ラベル表示義務アップデート
インドネシアの 2011年の祝日と一斉年休取得日
インドネシアの 外国投資関連用語の定義
インドネシアの 所得税法31E 条の適用例
インドネシアの 電器・衣料・食品等輸入規制のアップデート
インドネシアの AMDAL作成者の認証
インドネシアの 債権者による債務繰り延べの申請
インドネシアの 納税証明書の発行
インドネシアの 外国人労働者増加と国内労働者の訓練
インドネシアの 環境配慮型建物の基準条件と認証
インドネシアの 今月の労働関連トピックス
2010年5月度 下旬 政治・経済トピックス
2010年6月度 上・中旬 政治・経済トピックス
物価・貿易2010年6月発表
橋本政彦 「明日の街角54~平和・文化国家の弱点」 
西見恭平 「プラサスティ物語 その5 聖職者」
今月の月次経済指標 2009-2010トレンド
今月の会計・税務用換算レート
今月の為替株式金利の動き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

アールヌーボーとアールデコ その2


東京国立近代博物館の工芸館でやっていたアール・デコ時代の工芸展では、一枚のパンフレットを貰ったが、展示館では多くの説明文があり、入ってすぐのアールデコのさわりの部分をカメラで撮ったので以下の通り紹介する。Abart_deco_tr


「1920年代ヨーロッパで花開いたアールデコは、鉄道、飛行機、自動車が都市の風景を変貌させたマシン・エイジとも呼ばれる時代の美意識を体現する新しい装飾様式でした。幾何学的な文様や形態に特徴を示すこの様式は、家具や工芸品、建築やポスターなど、さまざまな領域にわたって浸透し、近代生活の到来を告げるかのように世界各地に広まっていきました。Ababart_deco_2


19世紀に流行した、アール・ヌーボーが流麗な曲線に大きな特徴を示したのと対照的に、アール・デコは幾何学的な文様や形態に特徴を示しました。アール・ヌーボーが歴史的様式から決別して新しい様式を生み出したように、アール・デコもまた歴史的様式からでなく、キュピズムやバレエ・リュス、ウイーン工房やバウハウスなど、同時代の新しい美術動向に刺激を受けながら生み出されました。機械による大量生産、プラスティックやガラスなどといった新素材の出現を背景に、機械の美や機能主義、新しい時代の美意識がアールデコと言う新しい様式を生み出す原動力になりました。
フランスのアール・デコの時代の工芸品には、高級な素材をふんだんに用いた家具や、熟練した職人による手工芸的にも優れた工芸品が多く、二つの世界大戦に挟まれた「狂乱の時代」とも呼ばれる1920年代のパリを舞台に花開いた都市の富裕層の優雅な生活文化を感じます。」

この文章のなかで曲線に特徴のあるアールヌーボーと幾何学文様に特徴がアールデコと述べられている。ジャカルタで言えばマンディリ博物館、バンドンで言えばサボイホテルやイソラベラの曲線がアールデコの特徴だと思っていたが、その曲線を打ち出すとこんがらがるのかも知れない。アールヌーボの曲線とは植物のつるなど自然界の柔らかさを言うので建物にはあまり適切ではないのだろう。
アールヌーボは1900-1920年としてアールデコの先駆的様式と位置付けられるがオランダ自体がフランスより遅れ、それが東インドに伝わるのは更に遅れるはずなので時代で判断するのも難しいテーマで以前にも何かブログした気がするので表題はその2とした。そういえば東京の今週の博物館催し物に以下を追加しておこう。
アールヌーボの旗手「アルフォンス・ミュシャ」展:三鷹市美術ギャラリー Coral 5F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

東京美術館工芸館と今週の東京の博物館

Abab20100619_dsc01317_2


今月は小生の趣味に合う展示会があちこちの博物館で行われた。もうすぐ終わるのでここでリストアップしておこう。これで全予算が700円である。
*東京国立近代美術館工芸館(竹橋):アールデコ・時代の工芸とデザイン 6/27迄
*タバコと塩の博物館(渋谷):阿蘭陀とNIPPON  7/2迄
*三の丸尚蔵館(大手町)花開く個性、作家の時代 大観他  7/4
*千秋文庫(九段下) 江戸の風景―町絵図を中心に 8/10迄
東京国立近代美術館の工芸館は子の建物自体が重要文化財に指定されており、建築は1910年、近衛師団の司令部庁舎として建設された、ゴチック風建物である。
展示品も許可を得れば写真は撮れる(少し例外あり)ので内容については別稿にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

最後の総督の長い名前と称号

オランダの長い占領の最後の総督は長い名前の総督である。称号も入れると、ヨンクヘール・メーステール・チャルダ ファン スタルケンボルフ スタッシォウエルである。下記のように更に長い名前で紹介される場合もある。
Jonkheer Mr. Alidius Warmoldus Lambertus Tjarda van Starkenborgh Stachouwer 在位は1936年~1942年。ヨンクヘール・メーステールが称号で、彼の前のデヨンゲ総督(1931年~1936年)も同じであるが、二つに分かれる。ヨンククへールJonkheer とは平貴族で平民が功績により貴族に列された場合でありメーステルMr.(in den rechten)(法)学士である。
ヨンクヘールたちは現在のニューヨークにニューアムステルダム市を作りインディアンからガラス玉などでだましてニューヨークの土地を購入した事があり、ヨンクJonkerがNYKの語源のようですが本当は蘭英戦争の結果1864年にイギリスの領土となり、ヨーク候(後の国王ジェームズ2世)が治めた所からの名前のようです。
メーステルも古くからあり、手元資料では1653年のマーツオイケル総督もメーステルである。

Ab_starkenborgh_stachouwer_met_zi_3


日本軍は彼に対して特別な待遇を申し入れたが彼は一般人と同じ待遇を要求したので、夫人や娘とは別のキャンプに収容されのちに満州に移され日本降伏の日にやっと解放された。本国帰国後再度の総督を断り、代わりにフランス大使やNATO大使を務めた。写真はTropenmuseum所蔵のものでWikimedia yori借用した。総督府時代の裕福な家族生活をしのんでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

デ・ヨンゲ総督

デ・ヨンゲ総督(Jkhr. Mr. Bonifacius Cornelis de Jonge)は最後から2番目(van MooKを入れず)の総督で1931年から1936年権威を振るった。これからの300年も今までと同じ棍棒で支配すると暴言を吐いたそうで歴代で最悪とインドネシア専科でも書かれている通り、1933年にはスカルノを、1934年にはハッタとシャフリルを逮捕してスカルノ・ハッタとも日本占領まで流刑に処した総督である。ハーグで1875年に出生した彼は、1954年(or58?)79歳で亡くなっている。
オランダ300年の総督は67人であるがデ・ヨンゲと言う名前は彼一人でヨングもいない。
ついでに平戸・出島商館長を見てみるとこちらには251年間に162代の総督(相当ダブっているが。。)の中に一人だけde Jongeが1683年に商館長になっている。Constantin Ranst de Jongeで1年後帰国、再度1686年に1年赴任している。こうして見るとde Jongeと言う名前も多いようで多くはなかったと見れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

護衛艦 沢霧・大波来航、榛名の思い出

昨日日本の護衛艦がタンジュン・プリオク 波止場(Dermaga)に寄港した。Ab2010_06_21_02_03_57_kapalb


Media Indoneisa誌が素晴らしい写真と共に伝えている。タイトルはKapal Perang Jepang 故謂わば戦艦であるが名前はJS SawagiriとJDS Ohnami、海賊から国際的海上安全を守るための派遣であるがジャカルタへの寄港目的は日本への帰りの航路の燃料補給であるが、同時に友好のミッションとしてインドネシアの海軍幹部を招待したイベントも行っている。昔、小生も艦上に立ち樽酒をふるまわれインドネシアの佐官クラスと写真を撮ったのが残っている。2度ほどあったのか、記念の升も残っており、今見ると一つはJDS DDH 141 榛名とあり後一つは第42護衛隊とある。今調べると榛名は1971年進水、2009年既に退役していたし。第42護衛隊も再編解散していたがこれらはすべて謂わば駆逐艦である。JDSはJapan Defense Shipだと思うがJSは何だろう。
Abdd1571vspgnet_2


DDHはヘリコプター搭載護衛艦でこれらの上にDDG誘導ミサイル護衛艦(イージス艦)がある。海上自衛隊はDDGが約9隻、DDH3隻以上、汎用駆逐艦22隻以上が主力であろうか
沢霧:DD(H)157:満載4900トン 全長137メートル、30ノット
大波:DD111 :満載6,300トン、全長151メートル、30ノット
榛名:DDH141 :満載6,900トン、全長153メートル、31ノット あまり変わらない。
写真もPalohさんのMedia Indonesiaより借用しました。VSPG.netさんからも沢霧の雄姿の写真を借用した。有難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

トリンプのヨング

最近少し関心を持つと3人ものヨング氏に出会った。最初は全米プロゴルフに出ているヨングで次はサッカーで日本と対戦したオランダチームのヨング、そして今日はトリンプ社の社内取材に出ていた若き、ヨング営業本部長である。3人目は別に有名と言うわけではないが、ヨングと言う名前は非常に多い。親戚みたいな名前のde Jonge デ・ヨンゲも入れるとGoogleで何人でも出てくる。トリンプと言う名前も聞いたことがないので調べて驚いた。世界トップの女性下着会社Triumphなのである。小生が入社した時この会社も日本に進出しているので同年次で、赴任したドイツで良く見た名前であるが、この会社自身が1984年にトリンプと日本読みに社名を変えたそうで、小生はずっと英語読みしてきたことになる。ドイツ本社は1886年設立とあるから一番古いファッション会社でもある。
関心の大本はオランダ総督のデヨンゲである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

ナショナルギャラリーの変遷

国立ギャラリーはケーニンクスプェイン・オストNO.14 にあったが、現在はムルデカ・チムールNo.14 である。
Abgaleri_front_yoko_3


あのモナスの地区名がKoningspleinからMerdeka に変わっただけである。何年にもなるのにブログ初登場である。それは今までに何度も行ったが、本館が閉まっていたり、リノベ中であったり、展示の準備中でいまだ中に入ったことがないからである。
ここは1,500点ほどコレクションはあるが通常は保存され公開されていないようだ。代わりに種々外部からのものも含め展示会を行っている。
この建物は1902年にKristen Carpenter Alting Stiching (CAS)財団によりプロテスタント聖職者でフリーメイソン会員Albertus Samuel Carpentier1837-1915)のイニシアティヴで、Ordo van Vrijmetselarenの下で開設された。
東インドの最初の女児用小中学校であった。正面の建物は現在4つある建物の中でGedung Aと呼ばれているがHBSの女子用寮であったが1955年にオランダとしての活動の禁止が出ている。CASはラーデンサレー財団に譲渡されたが未だOrdo van Vrijmetselarenの下であった。1962年スカルノがこのラーデンサレー財団を解散させ教育文化省が接収しその後、1965年ゲシュタプ事件の際学生運動のKesatuan Aksi Mahasiswa (KAMI)とKesatuan Aksi Pemuda dan Pelajar Indonesia (KAPPI)の指令本部となった。さらに陸軍のジャワ師団第1歩兵旅団の司令部を経て1981年文化省に返却された。文化のセンター的位置付けから1987年展示館となり正式にNasional Garaliとなったのは1999年5月8日である。(021) 34833954, 3813021、 (Director), 34833955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

聖職者Hendricus Van der Grinten

プラサスティ墓碑公園に3人のキリスト教聖職者の墓碑がある。
Abavan_der_grinten_039

一番立派な銅像はVan der Grinten牧師である。墓碑にはオランダ語で何か刻まれているが小生がはっきり読めるのは名前と生年・没年位である。東京外大の佐々木名誉教授に読んで頂き、また紹介頂いたgoogleソフトでは以下のように翻訳する事が出来た。

貧富によって、兵士と民間、未亡人と孤児、xxxxxxxは神の祝福メモリ
H.van der Grinten、バタヴィアの牧師
1811年11月2日、アイントーホフェンに生まれ
1864年1月23日、ここに逝去 
私はすべてみんなのためになる。彼の記憶は死ぬことはない、と彼の名前が呼ばれる
世代世代から世代へ。

19世紀に入りフランスに占領されたダーンデルス総督時代はプロテスタントだけでなく信仰の自由が認められた時代である。雰囲気からカトリックと思えるが事蹟は不明である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

法律の条番 BKPM規則では

BKPMの投資手続法のブログでは本質の所を書いてないが探して見るともろもろありそう。条文の冗長さで、書くのを忘れていた事がある。それは全体条文の区分けで以下の全てがあった。英語と日本語を対比してみたが、インドネシアが勝ちである。
Bab=chapter= 第1章
bagian=part=第1部
paragraf=paragraph=第一節
pasal=article= 第1条
ayat=verse,article,paragraph=第1項
huruf=letter=字?? 
Ayatは英語では範囲が広いが項が最適であろう。
Hurufは字=characterの意味で整理する項等の適切な言葉を知らないので上と合わせ(1)-a項としてきたが。。。。

この後六法全書等で調べて見ると、
1) 日本の会社法でHurufに当たる記号は号という言葉を発見した。
2) ちなみに項以下の表示は1.2.3が項で一、二、三が号、その後はイ、ロ、ハであった。
  イロハは呼び捨てであった。
3) インドネシアでは同じ会社法で項は(1),(2),(3)、号はa.b.c.であるがその下は無かった。
4) 日本の会社法では条の上は上記よりややこしく、章の上に 編 があり、節の下に 款、その下に 目 があった。
5) それもそのはず日本の会社法は全979条もあるのだ。イの株式会社法は160条程度なのである。

それにしても単なる手続法でこれだけややこしくしている規則は、簡潔な法とは言えないだろう。手続き自体、昔の細かな手続きが復活している。たとえば英語圏でない日本は定款の英文翻訳から翻訳の真正宣誓と公証人の署名まで要求される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

日本の誇りか 公文インドネシア

チャワンからA.ヤニ通りを北上し、ラーマングン・ゴルフ場の近くを行き過ぎたときちょっと目につく建物に出会った。Ab_kumon_20100530


思わず写真をとったのがこの公文のインドネシア本部の建物である。つい最近新装披露のあったものでインドネシア会社名はPT.KIEと言う。ここはUtan Kayu(木材になる森?)地区で、公文はインドネシアには1993年に進出し現在はインドネシア全国展開で440教室で84,000人が登録しているという。念の為Bekasiで調べると丁度20の教室の場所と電話番号のリストがあった。まだないところはカリマンタン、NTT、マルク、中スマトラである。ここがインドネシアで遅れている所であろうか。出身地として、あまり有名人はいない。インドネシアでは算数(数学)と英語が科目で、月謝はRP30万強である。
小生と公文はその時代と場所でなじみがなかったが、1955年に公文公氏により大阪で生まれ、1974年にはNYK進出し今や世界20地区(Web)に展開し例えば、アルゼンチンにもあれば驚くことに南アフリカにもある。このグループを知り今更ながら敬意を表したくなる。今後日本人・日本文化の紹介には公文に触れなければなるまい。
念の為、Jln. Ahmad Yani No. 37、Utan Kayu Selatan、Tel. 62-21-85901772、日本の 持ち株会社 公文教育研究会の連結売上高は697億円、3215人の従業員を抱える。
公文とは学年を離れて生徒個人個人の学力に応じ指導し、最終、自分の学年の3学年以上を超えるレベルまで到達可能のようで、大人でも例えば語学コースなど受ける事が出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

BKPMの投資手続き法は

何かあると、インドネシアの投資環境の改善の為、いろいろ注文が出されることが多いが、提起された問題点は表面に現れた不合理とか不条理である。裏面のインドネシア人の本心が本当の問題点と思われることも多い。そのような場合小さな事が嫌悪につながる。インドネシアに進出する企業がまず相手になるのがBKPMであり、その後、税務署や労働省に泣かされる。昨年末、BKPMがOne-door serviceを実施するため、今までの諸手続き規則を改定した。 One door serviceはとっくにスハルト時代に実施されていたものであるが、今は役人個人個人の権利主張が多くなり、法律で規則を作らないと出来なくなったのであろう。結果としてその規則を投資家に押し付けることになる。その規則はBKPM長官規則No.12/2009の投資手続き規則である。
まず冗長さには驚く。従来の規則は全部で43条であったが今回のはなんと70条である。定められた書式は従来17フォームが49フォームになった。用語の定義は51個もある。この51個の中にたとえば、”Application for Permit of Investment”というのと”Permit of Investment”というのがあり、多くが重複している。 この程度は我慢できるが、今日はこの規則の中に Waarmerkingという言葉に遭遇した。 この単語は小生の手持ちのインドネシア語辞典にはなく、オランダ語辞典にやっと見つけることが出来た。 国家自体も官僚を一つの方向に導く為の目標を掲げて居ないため、官僚達は自分勝手に自分の利害だけを考えているのだろう。
日本の政治家とあまり変わらないが。。。 この文章をgoogleで翻訳させて見よう。 日本語はそのままでは世界言語への翻訳は難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーグ条約はアムステルダム?

1949年12月27日のオランダ移譲の署名がどこで行われたかHague_big


ジャカルタ側でもイスタナ・ムルデカなのかイスタナ・ネガラなのか混乱するようにオランダ側の本調印の場所もアムスの宮殿なのかハーグの宮殿なのか混乱がある。前者は先日イスタナ・ムルデカなりと結論づけたが、後者の混乱の元は次の二つの出どころである。
一つはwhat is the history of presidencey in Indonesia? Purnomorに写真と共に「オランダのユリアナ女王はハーグのTen Dam Royal Palaceの騎士の間でインドネシアの独立を認める文書に署名した」と説明がある。
またWikipedia:Hamengkubuwono IX)には On December 27, immediately after the transfer of souvreignty was signed by Queen Juliana in Dam Palace in Amsterdam, High Commissioner A.H.J. Lovink transferred his powers to Hamengkubuwono during a ceremony in Koningsplein Palace, later renamed Merdeka Palace となっている。
Wiki: Juliana dari BelandaにもAmsterdamとなっており、なるほどAmsterdamにはユリアナ女王居城のDam宮殿があり、わざわざHagueには出向かわないだろうと思われるので真実かも知れない。
というのはTen Dam Royal Palaceという名前の宮殿はハーグにはなくTen Damと言うのはアムステルダムのat the Damの意味になる。
写真のユリアナ女王の隣がハッタでありハッタの隣がスルタン・ハミッド2世である。ハミッドIIについては既にブログしたが彼はオランダ 隗儡国家群を代表している。他にオランダ首相Willem Dreesも署名した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

陸軍戦略予備軍 (KOSTRAD)

モナスのムルデカチムール通りの一番北、大統領宮殿を間近に、KOSTRADの本部が構えている。
Abkostrad_tr


このKostradの生みの親はナスチオン元帥である。1960年スカルノは西イリアン問題でオランダと対決することを決定、ナスチオン参謀長は汚職でデポネゴロ師団長を解任し幕僚大学に左遷していたスハルトを呼び出し 総合予備軍(CADUAD)を設立させた。それが1961年3月6日であり、後63年に陸軍戦略予備軍 (KOSTRAD Komando Strategi dan Cadangan ―AD)と改称されたものである。1965年の9月30日事件の時もスハルトはKOSTRAD司令官であり、この有力部隊を迅速に指揮し事件を制圧し大統領の道を駆け上がったのである。以降この司令官はKOPASSUS司令官から上がって来て、KOSTRAD司令官から、参謀長、国軍司令官へ登る登竜門となった。Prabowoは失敗したが、過去にはUmar Wirahadikusumah (第2代後副大統領)、Poniman (March 1973-May 1974) Wiyogo Atmodarminto (January 1978-March 1980)、Rudini (January 1981-May 1983) 、Wismoyo Arismunandar (August 1990-July 1992) 、Wiranto (April 1996-June 1997) 、Sugiyono (June 1997-March 1998) など大物が居る。
陸軍の人材と管理で陸軍に依存するが国軍司令官の命令に服する。司令官の官位は通常中将である。
1998年現在では27,000名の兵士の2個師団で、33歩兵・砲兵・装甲・空挺 大隊を有する。第1師団はCilodong(西ジャワ)、第2師団はMalangを本部としている。また以前のKOPASSUSの空挺旅団をウジュンパンダンに保有している。 PrabowoがKostrad司令官になった時はその前の率いたKapassusをKostradの輩下に置いたようだがKopassus陸軍に直轄する組織である。ちなみにベレー帽の色は緑と赤(Kopassus)である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

最近の投資環境トピックス

5月
*4月の二輪車生産65万台と過去最高に:業者協会。
*アチェ武装グループ掃討:東ジャカルタとカラワンで関与容疑者計5人射殺、ソロでも4人逮捕。バアシル主宰の首都の事務所などを家宅捜索、12人を逮捕。政府転覆、イスラム国家の樹立
*連立与党連合事務局が初会合、バクリーの権力、副大統領の弾劾阻止で一致。
*イ競争力、世界58カ国中35位に上昇(前年42位):スイスIMD調べ。
*スリ・ムルヤニ財務相が世銀の専務理事に指名される、センチュリー銀事件の政治決着
*中銀、BIレート6.5%でまた据え置き9ヶ月。
*ギリシャの財政悪化による世界的に株価安:イ株価指数も
*スリ現財務相の後任に国営マンディリ銀頭取を指名、同時に予算総局長を財務副大臣に任命した。
*楽天、イのグローバル・メディアコムと合弁でネット・ショッピングモール事業計画、
*バクリー系カルティム・プリマ・コールの脱税疑惑最高裁も調査は違法と。スリが摘発してたもの。
*建物内での喫煙完全禁止に、首都が禁煙政策強化で州知事令、年内にも施行か
*小糸製作所、四輪・二輪車用証明機器生産・販売会社設立へ、資本金27億円
*住友建機、住友SHIコンストラクション・マシナリー・インドネシア設立計画、資本金28億円**ニッポン・インドサリ・コーピンド(双日、敷島製パン出資、「サリ・ロティ」)証券上場へ。

4月
*ガルーダ航空、ジャカルタ~アムステルダム便再開、6/1から毎日運航。
*ガルーダ航空、ジャカルタ~成田直行便9-11月めどに検討。
*ロッテ、買収したマクロをロッテ・ホールセールに改称。
*パラ・グループがカルフール・グループから同社 株40%取得へ、
*帝人、ティフィコ株の全株をイ企業4社への売却手続き完了。
*食品・電気製品等特定製品の輸入規制、化粧品などに拡大か:経済調整相事務所筋。
*3月自動車販売は単月で過去最高の65,523台に、
*4/1 改正付加価値税法施行:外国人旅行者へのVAT還付が首都とバリでスタート。
*スンダ海峡大橋の建設、中国と協議方針
*今年の経済成長率目標6%に引き上げか
*馬鹿呼ばわりしたインド人従業員に反発してイ従業員らが暴徒化。バタム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

独立宣言起草記念館と日本との関係

5月の上旬、インドネシア語の中庭で有名な東京外大の佐々木名誉教授をイマム・ボンジョールの独立宣言起稿記念館にお連れした。元兼松の広沢投資貿易コンサルタントとご一緒だったが、その時のお礼が氏の中庭ノートに出ている。お連れした鳥元の宣伝もしていただいている。Ab155


今、この記念館の案内ガールにきれいなイスラム女性が起用されて、多くの日本人を待っているので紹介しよう。ソニーの安物カメラではシャイアン氏の写真ほどうまく撮れないのが残念である。案内によると、この建物は1920年に建てられ当時オランダのNirmij保険会社が建築したようで、1931年から英国領事館が使っていた。日本占領時に前田精(ただし)提督の居宅となり、インドネシア独立に理解のある提督のおかげで45年8月17日独立宣言文が練られたわけである。日本軍が去った後英軍の司令官が入りここでオランダとインドネシアの独立交渉会議がイギリス特使等の仲介で行われた。
その時の写真はちょうど1階の会議室がそのまま写っている。その後対オランダとの対立の中で国有化され財務省の資産となった。Nirmijを受け継いだJiwasrayaが管理して、1961年から1981年までイギリス大使館が入った。1981年12月教育文化相が管理し国立図書館(当時3ケ所位に分かれていた)が、そして1984年博物館とすることが決定され1992年になって現在の博物館として公開された.。
NirmijはJuanda通りに本部を有しそこがJiwasrayaの本社となっている。ここをNirmijが使用したのは1931年までであり、1960年前後Jiwasrayaが入居する理由がなく、多分ここは1962年日本大使館が完成するまで平和条約を結んだばかりの日本大使館に貸したという推定は出来ないだろうか。 又、安東氏より前田邸は海軍武官府ならず武官府は別にあったという指摘をうけた。どこにあったのであろうか。
Ab_imam_bonjor


この写真もかなり古いが何か関連はないだろうか。
今日もメールはできない。attglobalがIDもアドレスもサスペンドし、VISAがクレジットカードを更新したからでもともたさせたのはVISTAである。 全部米系技術に翻弄される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ホテル・デザーンとホテル Wisse

Hotel Wisseの記事に巡り合った。このホテルは小生のブログ09年8月2日に現在のHotel Melatiとして紹介した通りで追加するとせば、Ab_melati_wisse_004


Wisseとなったのは1890年の頃でその後はHotel Galerisと言う名前でアラブ系の人が所有したとある。この地はMolenvliet (Hayam Wuruk)とNoordwijk(現在のJuanda)の接点でRijswijk(Veteran)と共にヨーロッパ人のエリート居住区であった。元々はこの名前は17世紀のバタビア城の南の砦でRijswijkが今のBTNの所,Noordwijkは今のPintu Airと西と東の位置関係であったが、その後はJuanda/Veteranの間の運河の北と南の位置関係になっている。
Hotel Wisseの運河のGajah Mada通り側に時のトップホテル Hotel Des Indesがあったが広沢さんのブログではこの名前はデザーンとフランス語で呼ばれていたそうで、確かに当時多くのフランス人が住んでいた。
Rijswijk側にはHotel der Nederlander、Hotel Grand Java及び Hotel Lion d'Orがあった。.Hotel Wisseの読み方はフランス語読みであろうか 読み方知らずである。
今日はまた突然このVistaにメールがストップさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

プタンブラン日本人納骨堂訪問記

広沢さんが15年ぶりにジャカルタを訪ねた時の、プタンブラン墓地を案内した話は氏のブログhttp://www16.plala.or.jp/bouekitousi/sub28.html - 15nenburiに出ている。Abjan_31_026


初めて中に入り、3メートル四方の両サイドの壁の棚に日本人物故者のつぼが保管されている。歴史の割には数えられる程度であったが、小生が元々関心があったのは金勢咲子(?)さんであったが、ちゃんと亨年25歳として置かれてあった。彼女に関連する記事を2008年のブログでそのまま紹介すると;
スカルノ第三夫人 南溟に消ゆ 7月24日
「何かの時にメモしていた西木正明著の「わが心、南溟に消ゆ」を読み終えた。知らなかったが、ついこの間といえるインドネシアでは金融危機の最中の1997年から99年にかけ婦人公論に連載されたものである。
デウィ・スカルノの蔭に浮気者スカルノに舐められ浴槽に剃刀の鮮血を染め果てた周防咲子第三夫人の毅然たる一生である。昭和9年の生まれ、日イ賠償協定の1年後の1959年、25歳の若さであった。その死亡は人知れずジャカルタ西北郊外に葬られたそうで、作品では1980年、「市街地開発事業のため。。現在は広い幹線道路になっている」と淡々と締めている。全身全霊で18歳の若さで尽くした医学生丹野、賠償商権に人身御供を画した木下産商の木下社長、キャバレー紅馬車に現れる岸首相、性的タフガイ・スカルノ、不思議な叔父大沢、これら男達の犠牲であるが、西木は描写は生半可で清々しない。死の直前、彼女が詩を書いた時の熱帯の邸宅での閉塞した気持ちが残ったままである。「蝶よ お前は私の翼 風に乗り 海を越えて 伝えて欲しい 遥かな人に わが心 南溟に消ゆと」 解説の杉江松恋はジャガタラ文を思い浮かべ 周防咲子も。。日本恋しや こいしやと泣いたのでしょうかと結んで鎮魂の積もりでいるが、スカルノはその後数年で失脚、木下産商も蔭も形もなくなったことがせめてもの救いである。住んでいたところはムントン街で高い椰子があると出ているがメンテンのスウイルヨ通りだろうか 遺骨は日本人墓地に移されたのであろうか 」
Ab102


この納骨堂には広沢さんと佐々木教授と5月の土曜に、その場所だけでもの積りで訪れたが、運の好いことにちょうど係りの人がドアを開け周りに打ち水しながら掃除の最中であった。 多分ジャカルタ日本人会が雇っている人だろうから、真面目に仕事していると事を報告してあげると写真を撮った。お礼に5万ルピア、と周りに箒などを持ったおばちゃんたちが集まり、その5万で何とかしろと目配せしたが追加で払えと言うのでまた5万、入口でお花を買っていたので2万、お花を買ってきてくれた男が最後までついてくるのでまた2万、最後は数名の子供たちである。中国人の風習を思い出しポケットにあったコインをばらまきやっと脱出出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

インドネシア企業経営5月号案内

インドマルコ社の月刊誌「インドネシア企業経営」2010年5月号が発行された。5月に発行された諸法令がアップデートされている。 その他インドネシアの会計・労務、税務・輸出入手続き等下記の目次の通りである。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又はk2433@attglobal.netに照会下さい。

今月の税務法令アップデート
今月の経済法令アップデート  
会計原則 131(1株当たりの利益 その4)
租税条約適用規定の一部改定
新環境法の施行に向けた環境大臣令
従業員雇用に当たり決めておくべき最低限事項
税目別 税額決定の種別コード
首都の投資ワンドア統合サービス2010年
労働省の調査に入られたら パート2
会計年度・会計方法の変更の法規定
通関代行業者の登録 アップデート
今月の労働関連トピックス
貸倒債権の償却要件
国勢調査の調査票
病院の認可
タバコ産業の展望
2010年4月度 下旬 政治・経済トピックス
2010年5月度 上・中旬 政治・経済トピックス
2010年Q1 GDP、物価・貿易2010年5月発表
橋本政彦 「明日の街角53~ドラッガーと恐慌」 
西見恭平 「ジャカルタ博物館アップデート 2010」
今月の月次経済指標 2009-2010トレンド
今月の会計・税務用換算レート
今月の為替株式金利の動き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

上場第1号も上場撤退

ジャカルタ株式市場の80年代の上場日系株に繊維3社があると書いたが、TIFICO(今後はなんという名前になるのかな)の他にUNITEXとCENTEXがある。UNITEXはジャカルタ九大OB会の会長をされている遠藤社長の下、気をはいており、別途取材したいが、Centexは2010年1月の報告書では東レ30%, kanematu 23%,Easterntex 20%,Budiman Kencana 12%,Prospect Motor 12%が保有している。
外国投資法が最初整備された1970年(法律第1号は1968年)の5月には設立された。多分第1号ではないかな。上場も1979年5月故これも第1号かもしれない。営業は苦戦を強いられているようで別のニュースでは上場撤退申請を出しているようだ。
Ab2009_1218_173907dsc09396


写真はジャカルタ証券取引所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

インドネシア企業の底力か

Abcenkareng_bsd_042


インドネシア株式市場上場第1号グループには日本・帝人の子会社TIFICO(会社は1973年10月設立、1980年2月上場)があったが、つい最近帝人は保有全株をインドネシアの以下の企業4社に売却していた。
Pioneer Atrium Holdings Limited: 31.69%
PT Hermawan Sentral Inveatama :17.28%
PT Prospect Motor : 33.08%
PT Wiratama Karya Sejati :16.79%
Ab_tifico_bsd_040


新しいニュースでは新TIFICOはBCAより現担で80百万ドルの融資枠を得ている。差し出した担保価値は616,565m2の土地が一兆ルピア、機械設備が1.2兆ルピア、その他建物・インフラが約1,700億ルピアであった。時点は少しずれるが直前の会社の市場価格は1.4兆、総資産1.8兆、但し未処理損失金が2兆となっていた。手元にある決算資料では2005年から2008年まで3兆内外の売上であるがそれ以前から単年度赤字を重ね2005年に債務超過に落ちていた。
企業の存亡はよほど関心を持ってないと付いていけないとほとほと感ずる。あの頃TIFICOと並び優等生の帝人グループのPamindoと言うのがあったがこちらは帝人製機がナブコと企業統合したあと現地に売却していた。現地買収はKOWARAであった。このParindo-Tigaは昨年、日本のマルカ機械が提携したはずであるが、いずれもインドネシア企業の底力を見る思いである。  以上はニュース後追い推定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンチャシラの誕生

独立に向かった独立準備調査委員会の会議は1945年5月28日に開かれ翌日から憲法理念について討議した。最初にムハマッド・ヤミンが5つの原則を発表した。簡単にいえば
1. peri kebangsaan 民族主義
2. peri ke Tuhanan 神への態度
3. kesejahteraan rakyat 国民福祉
4. peri kemanusiaan 人間尊重
5. peri kerakyatan 人民主義
5月31日にはProf. Dr. Mr. Soepomoが下記を発表
1. persatuan 統合
2. mufakat dan demokrasi 合意と民主主義
3. keadilan sosial 社会正義
4. kekeluargaan 家族主義
5. musyawarah 協議
最後にスカルノが大演説をしたときの下の五つの原則がパンチャシラとなったものである。
1.Kebangsaan Indonesia インドネシア民族主義
2.Internasionalisme dan peri kemanusiaan 国際主義・人道主義
3.Mufakat atau demokrasi 合意と民主主義
4.Kesejahteraan sosial 社会公正
5.Ketuhanan yang Maha Esa 一神教への信仰
その後の9人による小委員会で合意に至り憲法の原則をジャカルタ憲章として発表された。その時の9人の委員は以下の人達である。
1. Ir. Soekarno (ketua)
2. Drs. Moh. Hatta (wakil ketua)
3. Mr. A.A. Maramis (anggota)
4. Abikoesno Tjokrosoejoso (anggota)
5. Abdul Kahar Muzakir (anggota)
6. H. Agus Salim (anggota)
7. Mr. Achmad Soebardjo (anggota)
8. KH. Wachid Hasyim (anggota)
9. Mr. Muhammad Yamin (anggota)
この中に民族主義者4人とイスラム主義者4人が含まれているがイスラムを原理に盛り込まず、「イスラム信徒にはイスラム戒律の実践を義務とする神への道に基づき・・」と例示的に表現されるに留まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

今日は資本市場の日

Ab_bapepam_205


今日はインドネシアの資本市場の日Hari Pasar Modalである。特に何があったかは知らないが、インドネシアの資本市場が発足した日を記念するものであろう。インドネシアの資本市場は1977年、資本市場管理庁 BAPEPAMの設立と共にスタートした。BAPEPAMは、現在は財務大臣の下で資本市場と共に金融機関管理の任務を負っておりBAPEPAM-LKとなっている。当初は数えるだけの株式上場会社であった。1989年末でも25社程度、現在は400社を超える。市場規模は190億ドル、タイより上でマレシアの下、日本の20分の1である。最古参であった日本のTIFICO社であったが。
Bapepamに似た名前に環境管理庁(BAPEDAL)や地方開発企画庁(BAPPEDA)がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

今日のガルーダ

ジャカルタからデンパサール経由成田行きのGA880便は三つの乗客が居る。ジャカルタから成田まで行く主にビジネスマンと、バリからのホリディ帰りの旅行者及びジャカルターデンパサールのローカル乗客である。JALが扱っていたビジネスマンはやはり少なく、バリ旅行者と ローカルの乗客でガルーダはドル箱線になるのであろうか。出国検査後、ボーディングカードをみるとF6番ゲートと記載あるが目に見えるのはDとEだけである。 Fはローカルであることは感じていたので、尋ねるとやはりEの間違いだと言う人が二人、そこでEへ行きのEの係官にボーディング・カードを見せるとFはここではないと言われ、Fを探しにまた戻るはめになった。 Fがありそうなターミナル右端へ回るとそこは各社のラウンジがありその先は閉鎖されている。そこにあったガルーダのラウンジに、大変な間違いをするものだと怒鳴りこみ、ひと騒ぎの後ラウンジの女性チーフが連絡を取ってくれ、E6迄案内してくれた。 E6は閑散としていて、ボーディングの時間になっても乗客は数えられ位である。所がその時間になると、別の方角から地下道を通って上がってくる人たちがいる。 つまり国内線のバリ行きの客が優先して乗り込んできたのである。これがF6ゲートであったのであろうが、どうして小生だけ狂うことになったのかはどうしてもわからない。 
Abgaruda_cenkareng


機内誌ではガルーダはドイツのSKYTRAX誌から2010年世界のMost Improved Airlineに選ばれ表彰を受けた記事が出ていた。Video-on-demandシステムではAVATARを観賞出来たし。。。確かにサービスは文句のつけようがなかった。
所で4月に宮崎に行ったとき母から貰った焼酎を預けるバッグに入れていたのであるが、機内手荷物にしてくれと指導されたことがあった。あの頃から、もう液体の機内持ち込み検査はしないのであろうかと思って、試しにスカルノ八ッタで入れて見たら見事パス出来た。但しこれは最初の手荷物検査であったが、デンパサールでは機内持ち込み検査で引っかかった日本人老夫婦がいた。お土産なのかビンタンビールが3缶も摘発された。これでは飲み干すこともできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

Indosiar の巨大TVタワー

Jalan Panjangを北上するとクドヤの手前で巨大なTV局アンテナが出てくる。Ab014

indosiarのものらしく隣に見えるのがRCTIのタワーである。
RCTIの本社所在地なのである。RCTIが生まれたのは1989年8月24日、民放初だったと思う。それもそのはず最初はスハルトの長男がやりだしたもので現在はBangbang の代理とも陰で?言われる Harry Tonoe が所有する。
あの頃は国営放送の設備を借りたりで限られた時間の限られた借用プログラムだったが現在のRCTIは全国48ステーション、302の市町村をカバー、pemirsa人口で言えば80%で、インドネシア全体で言いってもテレビ局は10数局位あり、日本をしのぐdinamikaさである。
正式にはPT Rajawali Citra Televisi Indonesia (RCTI)
Jl. Raya Perjuangan No. 1, Kebon Jeruk,
Jakarta 11530
Telepon: +6221 5303540/5303550
Fax: +6221 5320906
Harryが所有するTVステーションはRCTIの他に、TPI及び Global TVがあり親会社はPT Media Nusantara Citraである。TPIは最初教育テレビと言われ、これもスハルトの子供、Sitiが手掛けていた記憶がある。
地図を見ると近くにFM88.65と言うのも見えたがこのラジオ局もビマンタラ・グループであろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »