« 最後の総督の長い名前と称号 | トップページ | アールヌーボーとアールデコ その2 »

2010年6月25日 (金)

東京美術館工芸館と今週の東京の博物館

Abab20100619_dsc01317_2


今月は小生の趣味に合う展示会があちこちの博物館で行われた。もうすぐ終わるのでここでリストアップしておこう。これで全予算が700円である。
*東京国立近代美術館工芸館(竹橋):アールデコ・時代の工芸とデザイン 6/27迄
*タバコと塩の博物館(渋谷):阿蘭陀とNIPPON  7/2迄
*三の丸尚蔵館(大手町)花開く個性、作家の時代 大観他  7/4
*千秋文庫(九段下) 江戸の風景―町絵図を中心に 8/10迄
東京国立近代美術館の工芸館は子の建物自体が重要文化財に指定されており、建築は1910年、近衛師団の司令部庁舎として建設された、ゴチック風建物である。
展示品も許可を得れば写真は撮れる(少し例外あり)ので内容については別稿にしたい。

|

« 最後の総督の長い名前と称号 | トップページ | アールヌーボーとアールデコ その2 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京美術館工芸館と今週の東京の博物館:

« 最後の総督の長い名前と称号 | トップページ | アールヌーボーとアールデコ その2 »