« プタンブラン日本人納骨堂訪問記 | トップページ | 独立宣言起草記念館と日本との関係 »

2010年6月 9日 (水)

ホテル・デザーンとホテル Wisse

Hotel Wisseの記事に巡り合った。このホテルは小生のブログ09年8月2日に現在のHotel Melatiとして紹介した通りで追加するとせば、Ab_melati_wisse_004


Wisseとなったのは1890年の頃でその後はHotel Galerisと言う名前でアラブ系の人が所有したとある。この地はMolenvliet (Hayam Wuruk)とNoordwijk(現在のJuanda)の接点でRijswijk(Veteran)と共にヨーロッパ人のエリート居住区であった。元々はこの名前は17世紀のバタビア城の南の砦でRijswijkが今のBTNの所,Noordwijkは今のPintu Airと西と東の位置関係であったが、その後はJuanda/Veteranの間の運河の北と南の位置関係になっている。
Hotel Wisseの運河のGajah Mada通り側に時のトップホテル Hotel Des Indesがあったが広沢さんのブログではこの名前はデザーンとフランス語で呼ばれていたそうで、確かに当時多くのフランス人が住んでいた。
Rijswijk側にはHotel der Nederlander、Hotel Grand Java及び Hotel Lion d'Orがあった。.Hotel Wisseの読み方はフランス語読みであろうか 読み方知らずである。
今日はまた突然このVistaにメールがストップさせられた。

|

« プタンブラン日本人納骨堂訪問記 | トップページ | 独立宣言起草記念館と日本との関係 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・デザーンとホテル Wisse:

« プタンブラン日本人納骨堂訪問記 | トップページ | 独立宣言起草記念館と日本との関係 »