« 石炭Adaroで富豪続出 | トップページ | Kementerian /国務大臣は日本の2倍 »

2010年7月13日 (火)

Kopitiam Oey

仕立て屋を探しジャラン・サバンに行った時にクブンシリに抜けるちょっと手前にレトロな喫茶店がある。
Abdsc01576_2


インドネシアではKedai Kopiというのであろうが名前がKopitiam Oeyとあった。Oeyは「黄」と漢字で書かれていたがオーナーのOwinarnoからきていると言うから華僑ではないようだ。写真のような雰囲気の店で表のテーブル迄入れて10テーブル程度の小さな店である。評判を聞きつけてかお客は多いが、WiFiをやっている人もおり何となく落ち着く。壁に昔の美人宣伝ポスターやバンドンのアロマ・コーフイーの額などが飾られ、日本で言えば大正時代を感じさせる。コーヒーもティーも伝統的な煎れ方でインドネシア各地の味が楽しめる。

|

« 石炭Adaroで富豪続出 | トップページ | Kementerian /国務大臣は日本の2倍 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kopitiam Oey:

« 石炭Adaroで富豪続出 | トップページ | Kementerian /国務大臣は日本の2倍 »