« ガルーダの機内販売とソニー | トップページ | 6月の投資環境関連ニュース »

2010年7月 6日 (火)

KPMの運輸省は何

ムルデカ・チムールにある運輸省の建物の中身が判った。Ab025


この由緒あるオランダ時代の建物はヌサンタラから世界に雄飛したKPM王立海運会社の建物で、それを接収した運輸省は当然海運総局だと思っていたが海運総局はムルデカ・バラットの本省内にあり、ここには以下の機関が入っている。
*教育・訓練センター Diklat(Badan Pendidikan dan Pelatihan Perhubungan )
*調査・開発センター Litbang(Badan Penelitian dan Pengembangan Perhubungan)
*調査・研究機関 SAR (Badan SAR Nasional:Search and Rescue )
本省には陸運総局、海運総局、航空総局および鉄道総局があり上二つはそれに準ずるものである。

|

« ガルーダの機内販売とソニー | トップページ | 6月の投資環境関連ニュース »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KPMの運輸省は何:

« ガルーダの機内販売とソニー | トップページ | 6月の投資環境関連ニュース »