« ジャカルタのブック・フェアー | トップページ | KPMの運輸省は何 »

2010年7月 5日 (月)

ガルーダの機内販売とソニー

Ab20100705_dsc01348


今日5日、ジャカルタに行く印しのブログを書こうと思っていたが結果は良い情報ではないものの頑張っているエミルシャー・サタール社長の為に書いておこう。前回から大分ガルーダを持ち上げていたがどんどん化けの皮が剥げてきつつある。一つ挙げればデュティ・フリー販売である。
1. 機内にあるカタログは数カ月前のもので手あかで汚れ、シートによっては備えていないことがある。
2. 4点も選んだが1点も在庫がなかった。(それもコスメティックの中での話である)
3. 100ドル以上ではないとクレジット・カードは使用できないと言う
4. クレジットカードは傍で機械でガチャンとやるのでなく手書きの為後ろのスタッフ・ルームに持っていった。(心情として少なくとも目の前で見ておきたいものだ)
5. 呼び出しのサイン・ブザーを押したが4回目でやっと来た。2回目はあっと通り過ぎ、3回目は2.5メーター離れた所から何だと聞く。
6. クレジットカードを使うと銀行名を聞かれた。銀行ならみずほだと言ったらそんな銀行知らないと言う顔をされ、最終発行会社のJALと記入した。
7. ショッピングとかマイレージはガルーダではない会社だと言い訳した。要するに言い訳が多い。
しかし逆にいえば急成長に追い付いていないと言えるのかも知れない。 11時成田出発が到着8時半、デンパサールもジャカルタ間も100%乗客である。ただデンパサールジャカルタ間はデンパサ-ルから乗り込んでくる国内客が居たからであり、成田からの客は数えるほどであった。9月のNarita-Jakarta直行便が楽しみである。
デンパサールで飛行機から降りてすぐ隣で駐機しているガルーダの美しい機体が目に飛んできた。すぐ写真をとり小生の後からカメラを出す人も20-30人、皆がはっと驚く姿であったがソニー・サイバーショットではこの程度である。

|

« ジャカルタのブック・フェアー | トップページ | KPMの運輸省は何 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルーダの機内販売とソニー:

« ジャカルタのブック・フェアー | トップページ | KPMの運輸省は何 »