« 沖縄の戦没者と昭和館 | トップページ | 世界最速駆逐艦 島風 41ノット »

2010年7月 1日 (木)

海軍武官府は陸軍本部

6月10日のブログで独立宣言起稿記念館は元海軍武官府ではなくあそこ前田精将軍の官邸で武官府は別にあることを書いたが、その指摘は広沢貿易投資コンサルタントからであり、今回また彼の調査でその場所が突き詰められたのである。その根拠は彼のホームペイジにあるとおりMerdeka Utaraの陸軍本部 Markas Besar TNI ADである。
Ab2010jan30obama_veteran_thamrin__2


写真は少しずれているが正面ファサードは当時の海軍武官府の写真(NHKのTV放送にある写真)と同じで間違いはない。 日本占領時この辺りは大統領府、HANKAM、エネルギー省、プルタミナなど日本軍に接収された。ここもその一つである。その前はここは多くの官庁事務所などがあったが、日本降伏後オランダがホテル・ジャワ含め取り戻したもののまた全てインドネシア軍が抑えた。この建物はそれらの中心で1939年にBlankenbergの設計で建設されたVokeskreditbankである。ディテールはアールデコで装飾されていたが現在は装飾は削られ堅牢さを出している。前庭の左手側にはスデルマン大将の銅像が建っている。

|

« 沖縄の戦没者と昭和館 | トップページ | 世界最速駆逐艦 島風 41ノット »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海軍武官府は陸軍本部:

« 沖縄の戦没者と昭和館 | トップページ | 世界最速駆逐艦 島風 41ノット »