« 苦境のスハルト長女Tutut | トップページ | Prof.Soepomo, SHの学歴と偉業 »

2010年7月29日 (木)

ジャカルタのAula Simfornia

ガルーダの機内誌に素晴らしいコンサートホールの写真が出ていた。
Ab_aula_siphonie


ずっとどこにあるか気になっていたのであるがいつもクマヨランに行く時に目に入る巨大なモダーンなカセドラルにあることが判った。
Abpluit_077_trim


ここはちょうど陸橋の傍に立っているのでなかなか全貌を写真に入れるのが難しいが、今日はここだろうと感を働かせ陸橋の上からあわや姿が消えていく角度でAula Simfoniaの字が飛び込んで来たので間違いはない。昔取ったこの写真で言えばこの教会の右手の方である。
全建築完成予算は1,000億ルピアだそうでMusic Loversの寄付で集めたというからこれまたすごい話である。
Jakarta Oratorio Societyの主席コンダクターであるDr.Stephon Tongが長い夢をProject Manager、Alwi Sjaalに語り完成にこぎつけたそうである。1,000席が全てステージ全体を見渡せることができる。パイプオルガンは15cmから4.9mが装置されている。世界的にも恥ずかしくないホールであろう。1,200m2だというから隣の教会からの浄財もあったのだと思われる。

|

« 苦境のスハルト長女Tutut | トップページ | Prof.Soepomo, SHの学歴と偉業 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタのAula Simfornia:

« 苦境のスハルト長女Tutut | トップページ | Prof.Soepomo, SHの学歴と偉業 »