« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の投稿

2010年8月30日 (月)

ロロ・ブロニョと慈恵人形

Taman Sari Royal Hertageの受付けには一対のセラミック作りの人形が飾っている。似たような人形は他の所でも見かけた。何か謂れがあるのであろうか。
Abdsc01573

Ab20100525_dsc01050

何人かに聞いてやっとこれが ロロ・ブロニョ Loro Blonyoというものらしい。Loroと言うのは二つ或いは対い、Blonyoはマンディをしお化粧し、ドレスアップの意味でジョグジャ王宮の花婿・花嫁を模しており、幸運を呼ぶともの信じられている。これはジョグジャから西8kmのKasonganと言う村で作られた陶人形である。Kasongan村は今や陶器(gerabah)の工芸品の中心地となっている。むかしオランダ時代ここのある農地でオランダの刑事が保有する馬が死んでいた事があり、この田んぼを保有していた土人は刑罰を恐れ土地の所有を放棄、村人も全てこの村を出て行ったが、そのうち近くの土地に住むようになったがそこには何もなく、なんでも利用して自分で用立てしなくてはならなかった。 Kendi壺もkendil釜もgentong水溜などのWadah容器あるいは Angloこんろも子供のおもちゃも土を使って作るようになり この祖父母nenek moyangの生活が今では手工芸品工業となったものである。
そして有名になった作品がこの花婿花嫁(Pengantin)人形で家庭に飾っておくといつまでも家庭円満となると商人は言ってきた。Ab20100720_dsc01675


今はジャワにとらわれることなく、どんなモチーフでも制作受注すると言う。多分慈恵の日本人形もここで作らせたのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

比政府も、インフラ金融会社設立か

比政府は経済成長を持続・維持する力となるプロジェクト開発を管理する機関の設立を考慮中である。インドでは1997年にインフラ・プロジェクトの商業化の要望を受けInfrastructure Development Finance Co. Ltd. (IDFC)が設立された。IDFCは継続するプロジェクトへの民間資金動員の為の金融機関で既に上場している。インドネシアでは今月初め、PT Indonesia Infrastructure Finance (IIF)がアジア開発銀行と国際金融会社(IFC)及びドイツ投資機関等の合弁で設立された。これにはPT Sarana Multi Infrastruktureを通してイ政府もかんでいる。. インドもインドネシアどちらも公共部門と民間のパートナーシップに注視されたものである。 日本も昔は興銀とか長銀とかあったが、これらとはちょっと異質かもしれない。彼らには将来とも金を生むでであろうプロジェクトが目白押しのはずである。日本にもあるはずだが皆外を向いている。 日本の競争相手は今やインドやインドネシアが相手になって来ているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

スペインーポルトガルーイギリスーオランダ時代

16世紀前後ジャワ、日本に進出してきた列強の盛衰史はスペインーポルトガルーイギリスーオランダである。共に日本もインドネシアもオランダが最後を勤めた。所が本国事情を見ると攻守所を変え、アジアとネジレ現象すら見えるが、ポルトガルと見えるのが実際はスペインに占領されていたポルトガルであったりフランスに占領されていたオランダであったりするから厄介である。前編として以下の年表を見てみよう。
1249年 ポルトガル、レコンキスタを完了。
1279年 デニス1世(農民王)の時代ポルトガルは黄金時代
1394年 エンリケ航海王子(1394~1460)海洋学等振興が大航海時代へ
1453年 英仏百年戦争終わる。
1488年:バーソロ・ミュー・ディアスは喜望峰を発見
1492年 スペイン、レコンキスタを完了
1492年 コロンブス、アメリカ発見、スペイン・イザベル女王の援助
1494年 トルデシリャス条約、スペイン(西)ポルトガル(葡)と海上領域の線引き
1498年 ヴァスコ・ダ・ガマは喜望峰を迂回しカリカットへ。インド航路の開拓。
1511年 葡萄牙、1510年のインドのゴア占領後直ぐ、マレーのマラッカ占領
1513年 ポルトガル、マルク(モルッカ)到達
1519年 スペイン、神聖ローマ帝国としてオランダを支配、
1521年 スペイン マゼラン艦隊のチドレ到達
1522年 葡-西、テルナテで対立、ポルトガルとパジャジャランと協定
1527年 ファタヒラーのスンダカルタ勝利
1529年 ポルトガル対スペインのモルッカ争奪戦、サラゴサ条約でスペインはフイリピンに去る。
1553年 イギリス、エリザベス一世即位(25歳) イギリス国教化、強大化
1568年 オランダ、スペイン・ハプスブルグ支配から独立宣言
1580年 ポルトガル、スペイン(スペイン・ハプスブルグ家)併合さる。フェリペII世の時代で「太陽の沈まぬ帝国」と言われる
1581年 オランダはカトリック・スペインの統治権を否認布告(最終的なオランダの独立は30年戦争後の1648年)。
1588年 フェリペの無敵艦隊、アルマダの海戦で敗北した。英国の蘭支援
1598年 フェリペII死去によりスペインの世紀終了
1605年 スペイン・ポルトガル、モルッカ喪失
1640年 ポルトガル再独立 20世紀まで
1641年 オランダ、ポルトガル領マラッカ占領

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

新興国ファンドはインドネシアは最下位

ひょんな事から廣済堂の雑誌を見る機会を得た。別冊の「新興国の株で資産100倍」というものだが BRIC'sやVISTAの各国とも投資機関がファンドを設定して投資している。インドネシアを見ると4本、最大はPCAの125億円である。4本合計で186億円であった。 いつもイの中の蛙になりがちであるが、中国を見るとTOP 10が紹介されている。No.10 ですら345億、比較の為4位迄合計するとなんと2547億円とびっくりする。所がブラジルやインドにはHSBCが大型のものを組んでいる事もあり、ブラジルはなんと4,733億(内HSBCが2,374億)、インドは3,887億(内同1,128億)、である。ついでに韓国は1,716億円、そしてなんとベトナム692億、南ア427億となりインドネシアは最下位であったのだ。やはり株式市場の時価総額が低いと言う事であろう。トップがアストラの200兆ルピア程度なのだ。
廣済堂と言えばバリハンダラが有名で小生も大昔プレーしたことがある。澄み切った高原の美しい渓谷美に吸い込まれそうな錯覚を何度も得たものだ。ウェブを見ると未だ廣済堂の名前が残っている。名前付きで売ったのであろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月26日 (木)

ブロックMのホテル・アマリス

余り気に留めなかったがこんなホテルでも国内でちゃんとチェーン展開しているのだ。それもそのはず、この経営はSantika-Gramediaなのである。一番新しいのはジョグジャで8番目である。ジャカルタにも二つある。
Abim_dp_amaris_jkt


最新のインドネシアのホテルのトレンドはモダーンでこぎれい且つメラティ・クラスのチョイ上狙いのようだ。8つをあげると以下の通り。
Amaris Hotel Ambon
Amaris Banjar
Amaris Cimanuk - Bandung
Amaris Hotel Bandara Soekarno - Hatta Jakarta
Amaris Hotel Panglima Polim—Jakarta
Amaris Hotel Diponegoro - Jogja
Amaris Hotel Panakkukang - Makassar
Amaris Hotel Palangkaraya
00kebayoran_nov12_042


ジャカルタのアマリス・パンリマはExecutive Asst.Manager : Mrs. Dwina Hernawati で電話: (62-21) 7267111である。写真は撮ってないのでWebより拝借,縦に伸ばしすぎたかな

追:2012年11月 写真を撮ってきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

タマン・サリとムスティカ・ラトゥの秘術 

スカルノハッタの2F にTaman Sari Royal Hertage Spaがある。ジャワ王宮の王女が作ったこのスパは今は世界5ケ国にも進出している。バリ支店も有名であるがジャカルタはWahid HasymとBintaroにある。日本でも蔵王にある。 
Abtaman_sari_2


Abdsc01571br

創設はジャワの王族であるMooryati Soedibyo王女が1996年に始めたものであるが、彼女は20年前からへーバル・コスメテックを手作りで始め今やトップの化粧品会社Mustika Ratuの設立者でもある。タマン・サリとは王族の水浴びの場所の名前で、ワヒッド・ハシムのスパは2階建ての王宮造りで中に入ると、バティックでキリリと着付けた女性が働いており、ハーブの香りが漂い優雅な雰囲気である。ジャワ伝統手法によるビューティ・トリートメントは体と心をいやす自然の治癒力を重視した医療でもある。(Holistic Treatment-healing) 、Lulur Papaya Enzyme(酵素)、Seaweed wrap、Volcano Mud、Asmaragama Raras等は何百年も王宮門外の秘術であったようだ。Jl. K.H. Wahid Hasyim 133 Jakarta Pusat - Indonesia :Phone: (021) 314 3585 取材もそこそこにジャスミンティをすすり後にした。上段の写真はガルダ機内誌より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

バタビア誕生前後の列強の日本進出

バタビア誕生の前後は欧州列強のアジア進出盛衰の歴史である。バタビアを遠く離れた日本も同じようにポルトガル、スペイン、イギリス、オランダが相まみえた。この時代を日本の年号入りでその進出盛衰を辿ってみよう。

1511年:ポルトガルマラッカ占領、以降アンボン、広東、寧波へ
1543年(天文12年):ポルトガル更に北上、種子島に漂流、鉄砲伝来
1549年(天文18年) サビエル、薩摩に上陸し、キリスト教を伝える。平戸でも伝道に成功、ザビエルはポルトガル王が派遣したスペイン人宣教師
1550年(天文19年天正?):ポルトガル、倭寇・外国貿易に熱心な松浦氏の平戸へ。南蛮貿易開始
1557年(弘治3年):ポルトガル、マカオ政府の官許船が定期入港するようになり貿易隆盛となる。中国生糸を輸入し日本の銀で買う(輸出)。西の都として栄える。
1561年(永禄1年):ポルトガル、平戸で殺傷事件、松浦氏もカトリック忌諱で、ポルトガルは去る。
1573年(天正元年) 織田信長、足利義昭を追放して、室町幕府滅亡。
1582年(天正10年) 本能寺の変
1582年(天正10年) - 1590年(天正18年) 天正遣欧使節が渡欧。スペイン・フェリペII謁見
1584年:スペイン1571年にマニラを拠点化後、平戸に商館
1585年(天正13年) 豊臣秀吉、関白となる(翌年、太政大臣)。
1587年(天正15年) 豊臣秀吉が、バテレン追放令を定める
1589年:英西戦争(無敵艦隊敗れる)でスペイン、日本を去る。1624年断絶、来航禁止となる。
1596年(慶長元年) サン=フェリペ号事件 (スペイン船、土佐漂着、積み荷没収)
1600年(慶長5年3月):オランダリーフデ号、豊後漂着、オランダ人ヤンヨーステンやイギリス人 ウイリアム・アダムス(三浦按針)は幕府の顧問に。
1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦い
1603年(慶長8年) 徳川家康、征夷大将軍となり、江戸幕府を開く。
1609年(慶長14年):オランダ平戸に国書を提示、布教を前提としない、商館を開く、以降、定期便で幕府に西洋事情を伝える。(定期便は1661年から)。
1614年(慶長19年) - 1615年(元和元年) 大坂の役
1616年(元和2年) 欧船の来航を平戸・長崎に制限する。
1633年(寛永10年) 奉書船以外を禁じ、渡航者の帰国を制限する。第1次鎖国
1637年(寛永14年) - 1638年(寛永15年) 島原の乱
1639年(寛永16年) ポルトガル人の来航を禁じる。
1641年(寛永18年) 平戸閉鎖、オランダ人を長崎出島に移す(鎖国の完成)。
という100年の歴史である。ドイツ人としてはその後のオランダの雇われの身分でやってきたケンペル(1690年)とシーボルト(1822年)を待つことになるが二人の功績は大きい。又アメリカがそして列強が再度訪れるのは1791年の米ワシントン号から1853年ペルー来航の時代となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

第1、第2、第3ターミナル

Abdsc01845trim


スカルノ・ハッタの乗客数が37百万を超えたという。2年前は32百万であったので、この時代未だ10%で伸びている。2年前の成田は35百万、チャンギも36百万であったので越したのかも知れない。世界一はアトランタであるが滑走路9本の巨大さであるから当然かもしれないが国内客を持っているかどうかも大きな要因である。キャパは18百万であるので大渋滞、第3ターミナルが昨年オープンしたので現在は22百万でがキャパであるがどうにもならない。現在3,660メートルx2本であるが、確か4,000メートルクラスを建設する計画である。
第3ターミナルはIndonesia Air Asia と Mandala Airlineが割り当てられている。ここで第1と第2ターミナルを紹介すると

第1ターミナルは国内線で三つのサブに分かれる
• Sub Terminal 1A: Lion Air dan Wings Air.
• Sub Terminal 1B: Batavia Air, Sriwijaya Air, Kartika Airlines, dan Express Air.
• Sub Terminal 1C: Garuda Citilink dan Airfast Indonesia.
第2ターミナルも三つに分かれるがFを除き国際線専用である。
• Sub Terminal 2D: AirAsia, Air China, Batavia Air, Cathay Pacific, Cebu Pacific, China Airlines, China Southern Airlines, Emirates, Eva Air, Japan Airlines, Jetstar, Kuwait Airlines, Lufthansa, Malaysia Airlines, Mandala Airlines, Philippine Airlines, Qantas, Qatar Airways, Saudi Arabian Airlines, Singapore Airlines, Thai Airways International, Valuair, dan Yemenia.
• Sub Terminal 2E: Garuda Indonesia, Etihad, KLM Royal Dutch Airlines, Korean Air, Lion Air, dan Royal Brunei.
• Sub Terminal 2F: Garuda Indonesia dan Merpati Nusantara Airlines.
ターミナル3は割と閑散としており、涼みに行きガジャマダ・ミーを食べてバティック・クリスで買い物をすれば半日はつぶせる。Abdsc01846


それだけであるが。
さる6月に以下の内容のニュースがあった。
ガルーダ・インドネシア航空の子会社で格安航空部門のシティリンクが6月4日からB737-300を使用し、ジャカルタ-デンパサール間に新たなルートを開設する。 それにしてもその線はいまだ満席ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

バタビア誕生前史

デヨンゲ艦隊司令官によるアンボン占領はオランダの最初の領土獲得であったがそれまでの道筋は遠かった。スペインの無敵艦隊を恐れ無謀にも北極圏経由のアジアへの航海など、幾多の苦闘の末オランダは1596年初めてバンテン着くことができた。この時もポルトガル人の妨害もあり追い払われる形で立ち去った。1598年にはファン・ネック率いる艦隊は折りしもポルトガルと敵対しているバンタン(或いはバンテン)に到着、バンタン側を支援した為豊富な積荷を得る事が出来、帰国した。一部はモルッカに向かいテルナーテに商館を開いている。その後1601年にはオランダが派遣した船隻総数は65に及び自由航海時代と言わる様になった。この中に初代総督となるピーテルボットもいた。自由競争の弊害をなくし戦力を強化する為各商会を統合する為1603年東インドネシア会社が設立された。イギリスもポルトガルに遅れること1世紀、大航海時代に乗り出し1600年東インド会社を設立、オランダが行く所、平戸、バンテン、パンダに拠点を展開していた。特にバンダ諸島ではルー諸島を領有したり勢力を得ていた。 両国は各地の商館作りで張り合い、海洋で出会うごとに砲火を交えるほどであったという。
時にオランダは香料の売り渡し価格を低く設定したり価格維持の為香料樹木を焼いたりの暴挙でパンダ人の怒りを買い、パンダ人はイギリスと密貿易を始めるようになった。 パンダでの土人やイギリス或いは又スペインとの対立等諸問題から会社内の各地の商館、船隊、従業員、兵士の指揮命令を統一する為1609年にPeiter Bothを初代総督に任じた総督制が始まった。 ボットはアンボイナに赴任しポルトガル・スペインを駆逐し、又ジャガトラの領主と協定を結ぶなど成功したが1613年帰国途中、乗船が難破しマルリチウスの陸に泳ぎ着いたが力尽きて死亡した。半分以上の総督が異郷でなくなるVOC時代が始まるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

も一人のデ・ヨンゲ総督

Abscan10006_2


最後から2番目の総督にデ・ヨンゲ総督(Jkhr. Mr. Bonifacius Cornelis de Jonge)がいるがオランダ植民地初期の歴史にあと一人デ・ヨンゲがいる。こちらはまだ総督ではないが艦隊司令官という所であろう。
最後から2番目(van MooKを入れず)の総督は1931年から1936年権威を振るい、棍棒で支配し続けると暴言を吐きスカルノ等を流刑に処した総督である。
も一人のデ・ヨンゲ艦隊司令官とはコルネリス・マテリーフ・デ・ヨンゲで1605年にアンボンの植民地を確保した将軍である。アンボンは同年初めファンデル・ハーヘンがこの地のポルトガルを駆逐したが、すぐスペインに占領されていた。土人からの救援依頼に応じデヨンゲ艦隊がやって来て再占領するのに成功したのである。彼は翌年1606年ポルトガルのマラッカ占領も試みたがこれは失敗した。
スンダクラパにバタビアが誕生する前史の一幕である。スンダクラパに目が向くのが1610年、又クーンのバタビア勝利宣言が1619年、序でにカールテクがマラッカを攻略占領するのは1641年である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

世界一のクマヨランのメシア・カシドレル

歴史的価値から、ウエルトフーレデンのカシドラルとイマニュエル教会に一歩譲るが、その次に位置するのがクマヨランのメシア・カシドレルMessiah Cathedralである。むしろ大きさからいえばエバンゲリッシュの教会としては世界一だという。
Abdsc00151tr


7月29日のブログの「アウラ・シンフォニア」と隣り合った教会で、ここはReformed Millenium Centerと言われ4,500人も収容できる教会もこの中にあるが、このセンターは三つの部分に分かれその一つがシンフォニーホールであり、カセドラルであるが後一つは24階建てのオフイスビル等の商業ビルで博物館もオープンするはずである。
この設立者はDr. Stephon Tongで彼は主席コンダクターと言うよりもプロテスタント エバンゲリッシュ派の聖職者ですごい人のようだ。 1940年華人とインドネシア・クトゥルナンの夫人との間に福建Xiamenで生まれ、9歳の時インドネシアに移住、1957年から説教の教壇に立ちアジア各地、北米・南米、欧州、豪州等での布教活動をされ50年間で20百万人に説教を施したと言う。
彼はStephen Tong Evangelistic Ministries International (STEMI)を設立し米国、欧州、香港、KL、シンガポール、台北、ジャカルタにオフイスを持つ迄に大きくなっている。
教会のデザインもアウラ・シンフォニアと同じDr. Stephon Tongである。
陸橋の交差する道はJl.Industriでこのコンプレックス56,000m2は塀で囲まれており、開かれた方からコンプレックスに入りぐるっと回るよう、少し不便である。教会もシンフォニホールの正面はIndustri道路側であるが道からは入れない。教会の正面に66メートルの十字架の塔が建っている。又教会の側面は12本のイオニア式円柱がシリーズで立って12人の預言者を表している。
教会の上の方には何か言葉がはちまき風に彫られている。Sola Scriptura、Sola Gatia、 Sola Fide, Kasihi Allahmu dan Sesamamu、Solus Christusとまでは読める。宗教上の意味があるのであろうがいずれ調べる事にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

プラヨゴ・パンゲストゥに脱帽

Prajogo Pangestu、昔から木材(Barito Pacific tbkでかって合板世界1)で財をなしたが、木材が衰えるにつれ石油化学で巨人となった。 鉱業面にも注力しているが石油化学では丸紅とのChandra Asriがあった。アジア金融危機で丸紅は脱落したが、プラヨゴはしぶとく捕球し華麗に転身たようだ。(在Anyer、Baritoで70%を保有) 2008年にシンガポールのTamasek Holdings]も参加しペトロケミカルの雄として拡張、進展している。
PT.Styrindo Mono Indonesia 、Tri Polyta(78%)も傘下に2008年16億ドルの売り上げを果たしている。丸紅の人に聞かねば本当はわからないだろうが、丸紅も脱帽しているのではないかと思われる。
問題はこれらオレフインの原料ナフサの手当難と中国との自由貿易協定発効による価格競争である。
インドネシアのペトロケミカルの取引は100億ドル(52社内12が上流)の規模であるが、オレフインの自国産は100万トンでまだ輸入に頼っている。
2009年豪州の銅鉱山Cobarの9.9%を購入、石油ガス鉱区を持つStar Energi(Prayogoが42%保有、メインはSudwikatomono)では地熱プロジェクトを推進中である。
資産のランキングではインドネシア15位の8億(2007年は9位12億)の58歳である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

独立宣言文タイプと国旗掲揚

Ab


今日65年前の8月17日、プガンサアーン・チムールのスカルノ自宅庭で独立宣言が読み上げられ最初のメラー・プティ-が翻った。その現場に居合わせた歴史の証人として国母ファトマワティの横で見つめていた女性がS.K. Trimurtiであった。
彼女は独立宣言文をタイプしたSayuti Melikの妻でもあったがスカルノを尊敬しバンドン時代から独立の為の女性運動を指導しPartindoの幹部でもあった。国旗掲揚の時スカルノによりトリムルティに指名されたが兵士にお願いしたいと辞退したため、代わりにPETAの兵士のラティフ・ヘンドラニングラトが、他に男女一人ずつ加わり3人で国旗掲揚を行った。彼女は後シャフルディン内閣の運輸通信大臣も務めたが、2008年5月の民族覚醒記念日にアリ・サディキン元ジャカルタ市長と同じ時刻になくなった。96歳であった。写真は元前田精少将宅であった独立宣言文起草記念館にある独立宣言文をタイプするSayutiのジオラマである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

2000年前のインドネシア人の大航海

マジャパヒット復元船の日本航海で思い出したが、確かに昔アウトリガー・カヌーでマダガスカルに航海した復元事業があったはずである。マダガスカルは特異な島でアフリカ大陸から400kmしか離れてないがアフリカの影響を受けずむしろその言語はマラユ・ポリネシア語系であり、民族もアジア系である。それは今で言うインドネシア人が2,000年前にボルネオ辺りからセイロン・インドを超えマダガスカルに移住した歴史があるとされている。 何も残ってないのでそれには大きな幅があるようだ。まず時点であるが紀元前350年から5-7世紀の間にまたがり、インドネシア人だけでなくマレー人も中国人の移住もあったのであろう。マダガスカル自体が1億6千年前から6千5百万年前の間に地球の大陸移動でインド大陸から離れ或いはアフリカ大陸からはなれ(つまり両者は繋がっていたのであろうか)たという解説自体が余りに雑であるもののその結果マダガスカルは特異な島として生まれたのである。そしてそこに住みついた最初の人々がヌサンタラからの移住者だっと言う事実は事実なのである。中央高原にすみついた人々はMerina国を作っていたが19世紀にフランスに植民地化され独立したのは1960年である。
島というが世界第4番目に大きな島で日本の1.5倍はある。人口は13百万である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

Pinangsiaの謂れ

大昔はガジャマダの運河はグロドックの辺り迄北上し左手がパンチョラン、右はピナンシアと分かれる。左手の運河はピントゥ・クチールからカリ・ブサールとなり、右手はカリ・チリウン(或いはチリウン本体)と合流し駅裏からスンダクラパに流れる。
Abdsc00203


いわばバタビア・城壁都市から中国人が追放されたグロドック地区を形成するが、左手のパンチョラン地区は多くの仏教寺院もありにぎやかである。ピナンシア地区に入り込むことはまずないが、ここは中国人の金融の中心だったのであろうか 中国人はFinansialを発音するとPinangsiaとなったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

ポルノ漬けの情報大臣

情報省をブログしたとき情報大臣のイスラムをちょっと強調したが、前後した今日までインドネシアではラマダンに入りポルノ・ウエブ・サイト規制がにわかに強化されてきた。大臣の名前はTifatul Sembiringで彼の名前とポルノをキーにグーグルすると1時間おきにニュースの主人公になっている。
Telekomselなど最後まで抵抗したようだが今は4百万ポルノサイトのブロックに成功したようだ。全体で80%だと言う。彼の言葉"Misalnya mencari di Google dengan kata kunci 'porn'. Kalau pakai provider Indosat, langsung keluar gambar segitiga, bukti bahwa akses ditolak," と言う。インドネシアのプロバイダーはこれをやらないとライセンスは取り上げられ、罰金に処され、後は警察に突き出すと3段階の脅しの結果である。アメリカはウエブ規制は憲法違反との最高裁の判決が出ているのでAttglobalはどうするのであろうか。
インドネシアでライセンスを得たプロバイダー(ISP)は200もあるそうで、その中でTelkom, Telkomsel, Indosat IM2, XL Asiata、及び Bakrieが大手である。
これはラマダンだけに限らず今後も続けられるのであろうか。 この大臣はまだ48歳であるのでインドネシアの過激派の増長とともに注視しておこう。ブカシの女子彫像も女性の体の線が見える為反対にあい、河で洗濯していたオバサンも排除されたと言う。本当に繊細な男たちだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

マジャパヒット復元帆船より古い船

昨日の食事会でマジャパヒット時代の復元帆船“Sprit of Majapahit”の話題があった。マジャパヒット遺跡の発掘資金集めの為この船でアジア各国、最終日本に寄港する予定でさる4月インドネシアを出航し、そろそろ着く頃だとの話である。これには日本マジャパヒット協会が協賛しているが、日本でなくマダガスカルかどこかに向かう似た話が昔あったなと探し回ったが発見できず、それよりもビッグニュースに行き当たった。それはジャワのRembangで1200年前の古代船の遺跡を発見したニュースである。P27a_19_jp


発見は2008年であるが調査に当たったGM大学のジョクジャカルタ古代センターが昨年7月調査レポートを発表、それによるとこの船は670年から780年古マタラムからスリウイジャヤ時代の商業用船で、長さが15メートル、幅4メートル、30名の乗船が可能だったとしている。チーク材、マングローブ材、パーム繊維ロープ、竹等の釘が使用されているそうだ。その場所は海外線から200メートルの湖沼に沈んでいたそうで、現在ハシム・ジョジョハディクスモ財団が同じようにプールで保存している。写真はジャカルタポストから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

通信情報省の今むかし

7月8日のブログで運輸省Dep. Perhubungan(いまはDep.といわずMenterianであるが無視する事にする。)、情報通信省との混乱の原因を論じたが、その続きである。
Ab_kominfo_may_2010


情報通信省の今の正式名はKomunikasi dan Informatika、略してDepkominfo、 昔はPenerangan(説明・情報)という名前であったがこれもPenerbangan(航空)と間違い易く運輸省と間違う理由の一つである。情報省は1945年の最初からあり、最初の大臣は後の首相Amir Sjarifuddinである。スカルノ時代は以降Natsir、Sjafrruddin Prawiranegara、Moh. Yaminなど大物が歴任、1966年にB.M.Diah、1978年にMurtopo、そして1983年に15年の黄金時代のHarmokoの後スハルトからハビビ時代の混乱の中1999年グスドゥルが省を廃止してしまった。復活は2001年である。
現在の大臣はティファトゥル・スンビリン、PKSの党首を務める48歳のムスリムである。
Penerangan省の小史をメモすると
1945からPeneranganでPerhubunganと共に10の省を構成していた。
1999 廃止
2001年国務大臣で復活 Kominfo
2005年省に昇格 Depkominfo
一方のPerhubunganの歴史を見ていくとこの中に郵便電話が関係しており1966年POSTEL総局が出来、1983年には観光郵電省と独立したが、1998年 POSTEL総局がPeneranganに合体し現在もこの通信情報省にある。現在の通信情報省の総局はこのPOSTELの他APTEL(IT関連)、SKDI(通信手段)がある。昔のPeneranganはむしろ情報管理を仕事としてきたようだ。現在は情報の自由化から通信情報省は上記の通り ITビジネス、ドメイン、周波数等を管理する省である。最大の混乱はこの省は運輸省(Merdeka Barat No.8) の横Merdeka Barat No.9にあるからである。国立博物館の横にありNo.9のほうが先に出会う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

多くの名を持つPatung Dirgantara

ハリムに行く時、或いはカラワン方面工業団地に行く時いつもその下を潜っていく塔は正式にはPatung Dirgantaraであるが通称はパンチョランの塔ともセブンアップの塔ともガトットカチャの像ともいわれる。
Ab037


パンチョランは地区名でマハーバラタのガトット・カチャが今にも飛び出そうとする姿で、土台の形が7、又Dirgantaraとは航空・宇宙を意味するサンスクリット語である。
この塔は1966年に完成したが1964年にスカルノの肝いりでスタートし途中のゲシュタプの混乱の中、スカルノのPKIとの関係を薄くする為にもスカルノの最大関心で建築が進められたようだ。完成を急ぐ為自分の車を売却して建設の一助と迄した。設計はEdhi Sunarso、製作は 同氏が引きるKeluarga Arca Yogyakarta Sculpture Studioである。 ブロンズの像は11トンのブロンズで出来ており27メーターの高さである。Hutama Karyaが施行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

一瞬に悪化したインドネシアのイメージ

Fauji ボボ ジャカルタ市長とジャカルタ警察査察総監ホブノブがイスラム攻撃前線の催し物に招かれ喜色満面で出かけたニュースがあった。いやな気持で聞いたその翌日、同じようなイスラム暴力団が又教会攻撃を行ったニュースが飛び込み眼の前が真っ白になった。
イスラム暴力団と言えば多くの組織が出来ておりその一つが日曜日ブカシの教会のお祈り集会を攻撃し女性子供20名に重傷を負わせたと言うものである。何を嫉妬しているのか男の風上にも置けない集団である。FPIは12年前に生まれ、毎年ラマダンになるとカラオケなどを襲撃する。インドネシアの伝統ピジットも1ケ月間閉鎖され、ピジット師はレバランの正月資金も稼ぐことが出来ず泣くしかない。これらもほとんどが弱い女性である。この12年の内政府で言えばユドヨノとスチヨソの時代に大きくのさばってきた。何もしないファウジが拍車をかける。あれだけ期待を背負った建設の専門家であるFauziであったが、バスウエーも放置しジャカルタは後3年程度で自動車が道からあふれ一切の運輸活動が死を迎えると言う。イスラムを騙るこの暴力団に多くの市民が怒っている中、誰も解散もさせられない。しかし政治もイスラムもなくとも経済だけは順調である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

プルタミナの今と初の女社長

インドネシアの石油ガス生産の王者プルタミナは、今原油ではChevronに次ぎ、ガス部門もTOTALに次ぐ2位に甘んじている。これを再度ワールドクラスのナショナル・オイル・カンパニー(NOC)にと先頭に立っているのがプルタミナ最初の女性社長Karen Agustiawan(Kuningan在住)である。
1958年バンドン生まれ 現在51歳
1983年ITB卒業
1984-1998年 Mobil Oil Indonesia(現在EXXON、Seismic等探鉱に従事)
2002-2006年 Halliburton Indonesia(世界No.2 油田サービス)
2006年 Pertamina Advisor to CEO
2008年 Pertamina 生産担当役員
2009年2月 Pertamina CEO
Ab_pertamina_aug_16_055_33_2


プルタミナは2001年の石油ガス自由化の後、2003年に営利法人として株式会社化(Persoro)され初代社長にNawai(前下流担当)が抜擢された。Karenの目標は現在日量415,000バーレルOil& Gasを650,000バーレルにすることである。
2008年にはEXXONとの45%ずつ権益保有するジャワCepu油田(4億バレル)が生産開始。
UpstreamではBPから北西ジャワブロックの権益を$280milで購入、日量22,000バーレルを加えた。又MedcoからもSangasanga鉱区を購入、更に$31milで豪州のAnzon鉱区の10%の投資を実施した。アチェのSimeulueでは最低でも1,070億バーレルの埋蔵が確認されている。
ガスではDonggi Senono鉱区(三菱保有、中部電等に輸出)が2012年生産開始、Natuna には政府に計画書を提出している。
下流ではShell、Petronas、TOTALが参入しているがボジョネガラとトゥバンの新製油所計画とバロンがンの拡張を実施する。
2009年上流をPT.Pertamina EPとPT.Pertamina Huluの2divisionに分割した。EPの2008年純益は19兆ルピアにアップしている。
分かりにくくなった業界であるがPertaminaもBPMIgasも数字を非公開にして拍車をかける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

ジャカルタの市立図書・資料館

7月のジャカルタ・ブック・フェアーの時入手したカタログの中にジャカルタ市の図書館のパンフレットがあった。
Ab20100720_dsc01666


ジャカルタ特別州は東西南北と中央区5つの区(Kota Maja)に分かれている。 このそれぞれが区立図書館を持っており、その上にDKIの中央組織として図書資料庁及びその特別館がある。特別館と言うのはこのブログでも紹介したがラスナ・サイドのニ・アゲン・セラン館にある。(電話番号 526-3249)以下にこれら区の図書館の場所と電話番号を記しておこう。
中央区:Tanah Bang 1、3849254
北区:Greja Tugu、4400686
西区:Tanjung Duren、5664662
南区:Gandaria Tengah、7201147
東区:Jatinegara Timur、8198929
千の島:Pulau Pramuka、5457222
これはプラウスリブであるがプラウスリブにもあるのは少し驚きである。プラウスリブは県のレベルであったが数年前区のレベルになったはずである。これらは図書館Perpustakaanと市の資料館Arsipを兼ねている。写真は中央の図書資料庁でCikiniのTIMの中にある。
電話:31928107、Website:www.bpad@bpadjakarta.net、あまり利用する人は少なく閲覧室など設備は良いのでぜひ利用したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

7月投資環境関連トピックス 盛り上がる国力

*今年の自動車生産72万台に達する見込み、6月7万台強 100万台も指呼に
*アストラ、2012年めどにプジョー車の国内組立再開計画
*ホンダ、二輪車年産能力を400万台にする計画。来年は同50万台の新工場
*6メーカーの6月の二輪車生産664,767台と単月記録更新、上期は3,623,723台
*6月までで終了した今年の国勢調査、総人口は2.37億-2.38億人の見込み。
*マレーシア航空、KL~バンドン(西ジャワ)直行便就航、毎日1便運航。
*韓国が開発するジェット戦闘機「KF-X」の製造・開発協力MoU:イ国防省。
*日本触媒、高吸水性樹脂生産へ、チレゴン工場内に新施設建設計画、投資3,5mドル
*TOA、スピーカーをはじめとした音響機器の販売会社TOAガルファ・プルマ・カルヤ設立。
*BNP、首都に支店開設。アコムと三菱東京UFJ銀が共同買収した地場中堅銀。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

人騒がせの会社名 ITC

ムルデカ・バラットからマジャパヒット通りに向かう時目に飛び込んでくるのがS字カーブの所にある看板がITCなるビルである。
Abitc_majapahit_3


ITCとはIndonesian Trading CompanyだそうでInternational Trade Centerとも間違いそうな普通名詞を固有名詞として使う会社である。 国有会社で本名はPT. Perusahaan Perdagangan Indoneisa (Persoro)でPT PPIでインドネシア語も同じ普通名詞である。この会社は実は小生のブログでhttp://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/index.html で触れた事があった。
この会社の本社はクラマット・ラヤのCTCだと思っていたが、こちらが本社なのである。PPIは2003年に国営商社Pantja Niaga、Dharma Niaga、Cipta Niaga合併して出来た会社でCTCはPantjaが保有していたビルでこのマジャパヒットの入口(Jl. Abdul Muis No. 8 電話:21. 3862141)にあるPPI本社ビルはDharmaが保有していたビルであることが分かった。
取り扱いは籐製品、家、農製品(cocoa bean, cashew nut, cassia vera, gambier etc)、紙パ、鉱物など、年商3百万ドル程度、従業員は1,000人と出ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

ガルーダにもHISにも

ジャカルタから戻るとHISからお礼のメールが届いた。 親切な事である。アンケートに答えろと言うので口コミ旅行記だと思い今書いている。今回もガルーダはデンパサール線も成田線も満席である。いつもほめているので今回少し文句をつけると、機内映画を最後まで観賞できなかったことだ(「おとうと」と言うのとAlice, in Wonderland)どちらも到着30分前には突然切られる。キャセイだったか、キャセイは案内があり、後は到着時間等の案内の掲示に切り替わるが、それを最後の零分表示まで見続けたことがある。ガルーダは映画も表示も切られ、早くも降下を始めるので、今回初めて耳鳴りに襲われた。耳が聞こえず沈黙の中一時は何事が起こったのかと恐怖に駆られた。大体降下が早いすぎる、いつまでたってもデンパサールの街の灯も成田の陸上の姿も見えずうろうろしているように錯覚した。この耳鳴りは降りてからも1時間以上継続した。(上昇時にはならなかったのであるが)
又飛び立って安定してからの機内案内(始めるのが遅い)や到着まじかの機内案内(早すぎる)は共に長ったらしい。GFF(マイレージ)の宣伝等もやっているが、実際はGFFは小生申し込んで2ケ月にもなるのに未だカードは届いていなかった。
次回はジャカルタ直行便が利用できると今日、予約をトライするが、wwwガルーダは記念割引62,000円と宣伝するの所、やってみると210,000円、HISでは8万台だったが満席でお手上げである。HISのWeb予約は目的地のジャカルタは表示されてなく、その他の都市の部で探さねばならなかった。クアラルンプルやマニラやバンコックは表示があるのに。それより上の都市格の、インドネシアの首都をなんと思っているのだろう。NHKの世界の天気予報と同じ扱いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

競馬場の中のゴルフ・クラブ

多分J-Peopleで知ったのだったかクラパガデンの近くの競馬場にゴルフ場があると聞いたのでジャカルタ最後の週末にトライしてきた。ちょっとした住宅地を抜けると建築中のモールが打ち捨てられた荒廃地に出て、人にたずねるとそこの横の3階建ての高いビルがクラブハウスであった。
Abdsc01833


Abdsc01835


土曜11時であったが小生が最初の客のようで最初は気構えたが、皆世話好きの優しい人ばかりでロッカー、シャワー、トイレもきれい、レストランは天馬と言う日本名で聞くと茲のオーナーは日本人の渡辺さんだという。そう言えば昔からPasadenia Golf Drivingをやっていた人だと思う。いまもこのゴルフ場の競馬場のトラックの中に打ちぱなす練習場があり、そこから同じ競馬場の内側をぐるりと1周するコースが出来ている。
9ホールを2回回るコースである。最長533メートルと487メートルのロングもあるパー36、競馬場の真ん中に池や澤地がある舐めると難しいホールである。フェアーウエー、グリーンの整備状態もよく、それよりも土曜に18ホール回って22万ルピアと格安料金である。
もうオープン2年になるというがもっと前に知っておけばよかったと思ったことであった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年8月 1日 (日)

オバマの小学校はこれで決まり

オバマ大統領の映画の絵は小学校の校舎であるが、この絵はチキニのSMP1のようだがオバマの学校ではない。彼の母校には彼の銅像が立っているはずだが、チキニのこの学校にはない。本当の学校についてはこのブログで2008年1月24日に探り当てた通り、チョククロアミノト通りからスロパテイに抜けるJl. Besuki通りにある。SDN Mentengである。
昨日これを確認してきた写真がこれである。Abdsc01787


Abdsc01802


その帰りデポネゴロのメガリア映画館の看板で又オバマの映画の看板があったが、やはりあのポルノ映画「Not for Sale」と一緒である。並べると学校を比較できる。チキニのSMP No.1はそのスタイルがノスタルジアを掻き立てるので良く間違われる。しかしSDN Mentengも当然オランダ時代に建てられたものであるが少し小さいか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »