« ガルーダにもHISにも | トップページ | 7月投資環境関連トピックス 盛り上がる国力 »

2010年8月 5日 (木)

人騒がせの会社名 ITC

ムルデカ・バラットからマジャパヒット通りに向かう時目に飛び込んでくるのがS字カーブの所にある看板がITCなるビルである。
Abitc_majapahit_3


ITCとはIndonesian Trading CompanyだそうでInternational Trade Centerとも間違いそうな普通名詞を固有名詞として使う会社である。 国有会社で本名はPT. Perusahaan Perdagangan Indoneisa (Persoro)でPT PPIでインドネシア語も同じ普通名詞である。この会社は実は小生のブログでhttp://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/index.html で触れた事があった。
この会社の本社はクラマット・ラヤのCTCだと思っていたが、こちらが本社なのである。PPIは2003年に国営商社Pantja Niaga、Dharma Niaga、Cipta Niaga合併して出来た会社でCTCはPantjaが保有していたビルでこのマジャパヒットの入口(Jl. Abdul Muis No. 8 電話:21. 3862141)にあるPPI本社ビルはDharmaが保有していたビルであることが分かった。
取り扱いは籐製品、家、農製品(cocoa bean, cashew nut, cassia vera, gambier etc)、紙パ、鉱物など、年商3百万ドル程度、従業員は1,000人と出ていた。

|

« ガルーダにもHISにも | トップページ | 7月投資環境関連トピックス 盛り上がる国力 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人騒がせの会社名 ITC:

« ガルーダにもHISにも | トップページ | 7月投資環境関連トピックス 盛り上がる国力 »