« 比政府も、インフラ金融会社設立か | トップページ | Garnisun= Garrison 守備隊 »

2010年8月30日 (月)

ロロ・ブロニョと慈恵人形

Taman Sari Royal Hertageの受付けには一対のセラミック作りの人形が飾っている。似たような人形は他の所でも見かけた。何か謂れがあるのであろうか。
Abdsc01573

Ab20100525_dsc01050

何人かに聞いてやっとこれが ロロ・ブロニョ Loro Blonyoというものらしい。Loroと言うのは二つ或いは対い、Blonyoはマンディをしお化粧し、ドレスアップの意味でジョグジャ王宮の花婿・花嫁を模しており、幸運を呼ぶともの信じられている。これはジョグジャから西8kmのKasonganと言う村で作られた陶人形である。Kasongan村は今や陶器(gerabah)の工芸品の中心地となっている。むかしオランダ時代ここのある農地でオランダの刑事が保有する馬が死んでいた事があり、この田んぼを保有していた土人は刑罰を恐れ土地の所有を放棄、村人も全てこの村を出て行ったが、そのうち近くの土地に住むようになったがそこには何もなく、なんでも利用して自分で用立てしなくてはならなかった。 Kendi壺もkendil釜もgentong水溜などのWadah容器あるいは Angloこんろも子供のおもちゃも土を使って作るようになり この祖父母nenek moyangの生活が今では手工芸品工業となったものである。
そして有名になった作品がこの花婿花嫁(Pengantin)人形で家庭に飾っておくといつまでも家庭円満となると商人は言ってきた。Ab20100720_dsc01675


今はジャワにとらわれることなく、どんなモチーフでも制作受注すると言う。多分慈恵の日本人形もここで作らせたのであろうか。

|

« 比政府も、インフラ金融会社設立か | トップページ | Garnisun= Garrison 守備隊 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/36450831

この記事へのトラックバック一覧です: ロロ・ブロニョと慈恵人形:

« 比政府も、インフラ金融会社設立か | トップページ | Garnisun= Garrison 守備隊 »