« 通信情報省の今むかし | トップページ | ポルノ漬けの情報大臣 »

2010年8月13日 (金)

マジャパヒット復元帆船より古い船

昨日の食事会でマジャパヒット時代の復元帆船“Sprit of Majapahit”の話題があった。マジャパヒット遺跡の発掘資金集めの為この船でアジア各国、最終日本に寄港する予定でさる4月インドネシアを出航し、そろそろ着く頃だとの話である。これには日本マジャパヒット協会が協賛しているが、日本でなくマダガスカルかどこかに向かう似た話が昔あったなと探し回ったが発見できず、それよりもビッグニュースに行き当たった。それはジャワのRembangで1200年前の古代船の遺跡を発見したニュースである。P27a_19_jp


発見は2008年であるが調査に当たったGM大学のジョクジャカルタ古代センターが昨年7月調査レポートを発表、それによるとこの船は670年から780年古マタラムからスリウイジャヤ時代の商業用船で、長さが15メートル、幅4メートル、30名の乗船が可能だったとしている。チーク材、マングローブ材、パーム繊維ロープ、竹等の釘が使用されているそうだ。その場所は海外線から200メートルの湖沼に沈んでいたそうで、現在ハシム・ジョジョハディクスモ財団が同じようにプールで保存している。写真はジャカルタポストから。

|

« 通信情報省の今むかし | トップページ | ポルノ漬けの情報大臣 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジャパヒット復元帆船より古い船:

« 通信情報省の今むかし | トップページ | ポルノ漬けの情報大臣 »