« 7月投資環境関連トピックス 盛り上がる国力 | トップページ | プルタミナの今と初の女社長 »

2010年8月 7日 (土)

ジャカルタの市立図書・資料館

7月のジャカルタ・ブック・フェアーの時入手したカタログの中にジャカルタ市の図書館のパンフレットがあった。
Ab20100720_dsc01666


ジャカルタ特別州は東西南北と中央区5つの区(Kota Maja)に分かれている。 このそれぞれが区立図書館を持っており、その上にDKIの中央組織として図書資料庁及びその特別館がある。特別館と言うのはこのブログでも紹介したがラスナ・サイドのニ・アゲン・セラン館にある。(電話番号 526-3249)以下にこれら区の図書館の場所と電話番号を記しておこう。
中央区:Tanah Bang 1、3849254
北区:Greja Tugu、4400686
西区:Tanjung Duren、5664662
南区:Gandaria Tengah、7201147
東区:Jatinegara Timur、8198929
千の島:Pulau Pramuka、5457222
これはプラウスリブであるがプラウスリブにもあるのは少し驚きである。プラウスリブは県のレベルであったが数年前区のレベルになったはずである。これらは図書館Perpustakaanと市の資料館Arsipを兼ねている。写真は中央の図書資料庁でCikiniのTIMの中にある。
電話:31928107、Website:www.bpad@bpadjakarta.net、あまり利用する人は少なく閲覧室など設備は良いのでぜひ利用したいものだ。

|

« 7月投資環境関連トピックス 盛り上がる国力 | トップページ | プルタミナの今と初の女社長 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタの市立図書・資料館:

« 7月投資環境関連トピックス 盛り上がる国力 | トップページ | プルタミナの今と初の女社長 »