« ロロ・ブロニョと慈恵人形 | トップページ | インドネシア企業経営 8月号案内 »

2010年9月 2日 (木)

Garnisun= Garrison 守備隊

ムルデカ・チムールの陸軍戦略予備軍 (KOSTRAD: Komando Strategi dan Cadangan )の横に Garnisun Tetap Iと言う軍の本部がある。
常駐守備隊Iと言うのでしょうか、国軍TNIの直属の機関の様で、用兵発動SIAGAの際など憲兵の様な仕事或いは軍全体の規律を高める仕事のようです。
Ab20100718_dsc01619_2


2009年のあるニュースから軍の単語の蒐集の意味で要約したのが下記である。
インドネシア国軍司令官Panglima TNI ジョコサントソ大将Jenderalは、チランカップの国軍本部Marbesで職務交代式に臨んだ。(menerima pelapolan serah terima jabatan)
査察局長Irjenの 空軍中将Marsekal Madyaのバスキ・シデハビは退役し年金を受給、代わりにジャカルタ常駐駐屯軍司令官 DANGARTAP I(Komando Garnisun Tetap I/Jakarta)の小将 リリック・スマルヨがなり、DANGARTAPはスリヨ・プラボオ小将が就任した。
査察総局は軍の組織の活動を監視・監理する事において国軍司令官を輔弼し一方ジャカルタ駐屯軍司令官は国軍司令官に直属した機関でその地域での軍の組織間での結束、団結を維持し強化する目的を有する。この二つの組織は国軍の中の戦略的ポジションである。
以上情報部長Kadispen(Kepala DINAS PENERANGAN)からの発表である。

|

« ロロ・ブロニョと慈恵人形 | トップページ | インドネシア企業経営 8月号案内 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Garnisun= Garrison 守備隊:

« ロロ・ブロニョと慈恵人形 | トップページ | インドネシア企業経営 8月号案内 »