« インドネシア人は金持ち その2 | トップページ | ジャボデタベック とは 知らんかるた »

2010年9月28日 (火)

KADINの会長が決まった。

Abdsc02163_rr


先日ガトットスブロトからMTハルヨノ通りの両側にびっしり同じ色柄の旗が立っていた。大きな顔写真入りでSandiaga Uno氏であった。KADIN総裁選もこのような選挙戦をやるのかなと不審であったが、前評判は知らなかったのでてっきり彼がなるものと思っていた。蓋を開けてみるとSuryo Bambang Sulisto でバクリー氏に近い人物である。新聞には、ブミリソーシズの監査役会長を務めているがSatmarindoグループの設立者で最近大きなプロジェクトでになっていた。
一つはスラウエシのポソで総額 $225百万のCPO事業を、後一つはバンテン州で$350百万のLPGターミナルの建設であった。彼はHIPPI(Indonesian Indigenous Businessman's Association)の会長でもある。一方のUno氏は1998年にSaratoga Capitalを設立したもっとも若い急成長のEnterprenouerである。Saratoga Capital はEdwin Soeryadjaya との共同設立で、Saratogaは石炭会社Adaro や20,000haのプランテーション会社を保有する。彼自身アストラに勤務していた時代にスリヤジャヤ家に見込まれ大学にも進学出来た。Sandy Unoと愛称される現在41歳である。青年経営者協会(HIPMI)の会長であったが現在KADIN商工会議所の副会頭(中小企業担当)になっている。Grand Kemang Hotel、Pizza HouseのPT.Alberta Investment Management やPT.Global Financindo Tbk.など監査役等を務める。
彼は独自に友人Rosan RoeslaniとRecapitalという投資会社を設立、国営年金貯蓄銀行のインフラプロジェクトの多くを受注しておりインドネシアで最大の投資会社の一つまで成長した。Richest ランキング 57位

|

« インドネシア人は金持ち その2 | トップページ | ジャボデタベック とは 知らんかるた »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KADINの会長が決まった。:

« インドネシア人は金持ち その2 | トップページ | ジャボデタベック とは 知らんかるた »