« シーボルトの功績 | トップページ | その頃のオランダ »

2010年9月21日 (火)

夜のバタビア カリブサール

ゴルフの帰り、夜のバタビアを訪ねてみた。お目当てはカリ・ブサールである。 Abab_athena


トコメラーの並びにATHENAと言う看板が出ている大きなビルがあるが、ここはいつも昼はしまっていたのであるが最近、夜は明けて営業していると何かで読んだことがあリ、確かめに行ったのであるが、やはり閉まっていた。Webで探し宛てた所茲は20世紀初めのオランダの会社Gebouw van Het Niwues van den Dag,が使用していたようで 作りはアールデコの優雅さが残っている。営業をやっていたとしてもカビ臭く人が寄り付かなくなったのであろう。
Abdsc02116


そう言えばカリブサールの北の端のバタビアホテルにもスポットがあったのを思い出しそちらにも回ったがこちらももう営業はやってなかった。
Abdsc02117


この一帯は照明もあり整備されているので、アベックも座って安全な地帯になってはいるが、まだまだツーリストは寄り付かないようだ。ホテルの中もガラガラで気の毒なので日本レストランで少し寿司をつまんで帰ってきた。

|

« シーボルトの功績 | トップページ | その頃のオランダ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のバタビア カリブサール:

« シーボルトの功績 | トップページ | その頃のオランダ »