« インドネシアは韓国の独壇場、8月投資環境トピックス | トップページ | Pejambonの謂れ »

2010年9月14日 (火)

ガルーダ、ジャカルタ直行便

8月31日からガルーダにジャカルタ直行便が出来た。外向きには9月1日でありコードはGA885である。 JALの場合は成田発のジャカルタ行きは725便、帰りは726便であるが
GAはジャカルタが母港故まずJakartaから飛び出すのでそのコードはGA884便となりこれが,前日の8月31日に飛び出すわけで、日本からは9月1日が最初の便となる訳だ。
日本からの出発時間は12:00 ジャカルタ着は17:45、ジャカルタ発は23:30、成田着は9:00AMで日本人にとってベストのスケジュールである。 飛行機はその間が補修確認の時間に充てられているので飛行機自体は休める時間なく酷使される。予備機と言うのは全体の数パーセントらしい。この便も機内入国審査され、紳士的であるので助かる。今回はエコノミーから無料グレードアップに当選したのでガルダ・エクゼキュティブの懐石料理にもありつけた。
更に驚いたことに、サービスのジュースはジャカルタでも流行りだしたと思われるタマリロとパッションフルーツのジュースで、この年で未だ生まれて初めてというものをガルーダから教わるとは思わなかった。

|

« インドネシアは韓国の独壇場、8月投資環境トピックス | トップページ | Pejambonの謂れ »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルーダ、ジャカルタ直行便:

« インドネシアは韓国の独壇場、8月投資環境トピックス | トップページ | Pejambonの謂れ »