« 鎖国と開国の入口 | トップページ | シーボルトの功績 »

2010年9月17日 (金)

バライ・サムデラと国軍の朝礼

クラパガディングを車で散歩していた時少し気になる建物があったので写真に取っていたが、この建物が登場する軍のニュースがあったので、軍関係のインドネシア語習得の意味でニュース解説する。
「TNI(インドネシア国軍)はTNIのビジョン、認識及び保証を共有し、職責と献身(Pengabdian)に継続的フォロー(Kesinambungan berkelanjutan)と更なる一歩を固める為、全駐屯軍(Se Garnisun)のDanki(Komandan Kompi 中隊長)以上の階級の士官(perwira)を集めた朝礼を実施した。(meggelar apel)
Ab_balai_samdera_20100725_dsc01724


その後バライ・サムデラでフォーラムを行ったが幹部級の階層間のコミュニケーションの場であった。
朝礼は国軍司令官Panglima TNIのジョコ・サントソにより開かれ、国軍本部(Mabes)155人、陸軍ADは陸軍参謀KSAD以下525人、海軍ALはKSAL以下AL 315人、空軍AUはKSAU以下205人の将校全員で1,200人が参加した。バライ・サムデラは軍がよく使うが、結婚式などにも使われる会館である。


|

« 鎖国と開国の入口 | トップページ | シーボルトの功績 »

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バライ・サムデラと国軍の朝礼:

« 鎖国と開国の入口 | トップページ | シーボルトの功績 »