« 国軍司令官交代に見る国軍幹部たち | トップページ | 日本とインドネシアの国家ブランディング »

2010年10月16日 (土)

一転日本大型プロジェクトの影に 撤退も

9月の投資環境トピックス
*ニッポンスチール、仏トタルの南マハカム・ガス田生産輸送施設一括受注、約200億円
*日揮、シナールマスとカラワンに低品位炭を原料とした石油代替燃料製造の実証プラント開設へ。
*スミラバー、ゴルフボール工場増設計画、来年3月着工、2012年7月完工目指す。14億円投資。
*日立粉末冶金、スルヤチプタ工業団地内に、投資約13億円、四輪・二輪車向け粉末冶金製造。
*首都の二輪車登録820万台超、四輪は310万台に到達。来年は合わせて1,200万台に届く予想
*英百貨店ハーベイ・ニコルズ、首都グランド・インドネシア店閉店へ、進出からわずか2年。
*JAL、成田・関西~デンパサール便最終。
Abdsc02290


*グレート・リバー・インターナショナル、裁判所から破産宣告。
*エクソン、グンティン鉱区からの撤退検討と石油ガス実施庁、住民の嫌がらせに耐え切れず
*ハンコックタイヤ(韓)、12億ドル投じて年産能力1,500万本の工場建設計画
*ウィルマー、メラウケ・フード・エステートで統合製糖事業、15億ドル投資、用地20万ha。
*来年個人納税者の税務調査強化か、事業者、医師・専門家、芸能人、政府の要職にある者
*2010イの世界競争力、世界139カ国・地域中44位、昨年より10ランクアップ
*インドネシア商工会議所新会頭にバクリー派・輸出推進派のSuryo Bambang Sulisto を選出。
*イスラム系アフマディアについて宗教相が強制解散示唆する発言、人権団体が批判。
*国軍司令官交代、Agus Suhartono海軍参謀長。SBY義理弟がコストラッド司令官
*ブカシで牧師2人が襲撃されて重症の騒ぎ。強硬派イスラム防衛戦線(FPI)関与
*対テロ特殊部隊が独立の部局に:国家警察。
*国境管理庁発足。
*対テロ特殊部隊がメダン銀行強盗拠点襲撃、計18人逮捕。
*北スマトラで警察署が武装グループに襲撃され、警官3人射殺される。アチェ・テログループ犯行

|

« 国軍司令官交代に見る国軍幹部たち | トップページ | 日本とインドネシアの国家ブランディング »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一転日本大型プロジェクトの影に 撤退も:

« 国軍司令官交代に見る国軍幹部たち | トップページ | 日本とインドネシアの国家ブランディング »