« バタビア百年 1910(3) ウエルトフレーデンのホテル | トップページ | バタヴィア 1930(4) 早朝サイト・シーイング »

2010年11月 5日 (金)

バタビア百年1910 (4) ウエルトフレーデンのレストラン

「ノルドワイクのレストランGW Versteeghはパーティ用の大部屋を持っている。
ウオーターループレインにはバーStam & Weijins、Rikers及び Eesrte Bataviasche ビアホールがある。グヌン・サハリにはEerste Nederlandsche BierbrouweijがありライスワイクのHotel der Nederlanden の朝食ホールがある。
旅行者でバタビアに長く滞在したい人はホテルよりペンション(宿泊所)を選ぶことが多い。多くのペンションは最低1ケ月滞在する事を条件としている。料金は色々あるのでブッキングする前に聞くことが必要だ。又別棟(Pavilyun)を持っている所も多く、内部の部屋に比べプライバシーも守れる。使用人も使えて料金は10-15フローリングである。」


Ab2009_1004_143430dsc08531_3


これだけの話には現在につながるものはないがジュアンダのあるホテルはペンションの雰囲気があるのでアップした。都心にあるガーデンペンション風で経験してみてはどうであろうか。名前はロイヤルホテルである。上記の店名を念の為辞書を引くと StamはStamcafe(行きつけの飲み屋)のようだ。Eesrteはeerste(第1の)であるのでWeiijis(ワイン? Wijn)もRikers(リカー? Liqeur)も綴り間違いにしておこう。ビール醸造業者(工場)もBierbrouwerijが正しい綴りである。どうも小生がリファーしている文章は原文オランダ語か何かをインドネシア語に翻訳したものの如しである。Waterloopleinとは今のバンテン広場である。

|

« バタビア百年 1910(3) ウエルトフレーデンのホテル | トップページ | バタヴィア 1930(4) 早朝サイト・シーイング »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バタビア百年1910 (4) ウエルトフレーデンのレストラン:

« バタビア百年 1910(3) ウエルトフレーデンのホテル | トップページ | バタヴィア 1930(4) 早朝サイト・シーイング »