« Batavia 100年1915(5) その頃のバタビア tempo dulo | トップページ | Batavia百年1915(6) ウエルトフレーデンの中心道路 »

2010年11月10日 (水)

ガンダリアとパクウォン グループ 

ロッテが入っているGandaria CityはPakuwonグループが開発(中)のものであるが8月ごろのプレスリリース等によるとここの総面積は30ha、
Abgandaria_city_en


ここにこのモールを挟んで左端に36階建てのオフイスGandaria8が建ち、 正面裏にそれぞれ340戸のコンドミニウム Gandaria Heights 2棟、右端が多分5スターのホテル(Gandaria City Hotel)の様だ。10月に見に行った時はホテル(内装段階)を除きすべてオープンしている。
ショッピングモールは5階建てで大小500のショップがテナントとして入居する。
旗艦店としてデパートのメトロが入る予定であったがこれが最後の呑電返しのようにロッテに代わったようだ。さすが韓国である。他に映画館のStudio XXI、日用専門店Ace Hardware, 玩具の ToylandからT-Rexと言うカラオケがある。モール内のメインストリートはバタビア市の名前で30,000m2にびっしり飲食ゾーンが用意されている。
ジャカルタ新聞がびっくりして紹介した趣向を凝らした大店も待っている。Pakuwonグループはスラバヤがメインでスラバヤでは知らぬ人はいない。 市中心のトゥンジャンガン・プラザ(出会いのプラザ)が有名で既に総面積25万m2の4棟迄拡張、今年は5棟目の拡張に入る。ジャカルタでは他にCasablancaを開発中であり、インドネシア不動産王10傑には間違いなく入るだろう。

|

« Batavia 100年1915(5) その頃のバタビア tempo dulo | トップページ | Batavia百年1915(6) ウエルトフレーデンの中心道路 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンダリアとパクウォン グループ :

« Batavia 100年1915(5) その頃のバタビア tempo dulo | トップページ | Batavia百年1915(6) ウエルトフレーデンの中心道路 »