« 「七つの罪源」シリーズ 1 | トップページ | Pulo Mas Golf Course と 競馬 »

2011年1月28日 (金)

7つの罪源シリーズ2

残りの4つは以下の通り。
No.41《怠情》
擬人像は「怠惰」を象徴するロパの上で居眠り。悪魔が差し出す『枕」はこの罪源の属性(アトリピュート)。人間と獣(けだもの)が同じ「怠惰な国」の住人であるのは、他の罪源と同様、その行いが理性なき動物という諷刺である。背景の大きな人間の腕が「最後の審判」の時を告げる。


No。42《大食》
丸テープルに座す擬人像は「大食」を象徴する豚を従え、ビールを鯨飲。前景右の腹がはちきれてもむさぼり続ける魚、中景右で一輪車に自分のビール腹を乗せて移動する男など本能のまま暴飲暴食に走る姿の醜悪さが活写されている。


No.43《嫉妬》
擬人像は右手で心臓(妬みの心)を食べ、左手でこの罪源を象徴する七面鳥を指さす。日本の「二足のわらじ」という諺のように、当時の履物は人の生き方を象徴し、プーツを持つ人(金持ち)は羨望の対象となる。その気持ちは礼拝堂での隣人の立派な葬式にも及んでいる。

No.44《邪淫》
枯れ木の空洞の中で裸体の擬人像は「邪淫」を象徴するヒキガエルの愛撫を受け、その側では姦淫を犯した男が怪物の背に乗せられ、嘲笑を受ける。下絵素描ではこの男は司教帽を被るが、版画(No.45)では発行者コックが支配者スペイン当局の検閲を恐れ、無難な帽子に変えた。

Abbryugel_img_0004

Wikiによると以下の英語名と対応悪魔があり又 比喩される動物の一つを参考に掲げると

傲慢 Pride Lucifer ライオン
嫉妬 Envy Leviathan 蛇
憤怒 Wrath Satan 龍、狼
怠惰 Sloth Belphegor 熊
強欲 Greed Mammon 狐
暴食    Gluttony Beelzebub 豚
色欲 Lust Asmodeus 蠍

|

« 「七つの罪源」シリーズ 1 | トップページ | Pulo Mas Golf Course と 競馬 »

経済・国際・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7つの罪源シリーズ2:

« 「七つの罪源」シリーズ 1 | トップページ | Pulo Mas Golf Course と 競馬 »