« 春節と永源 Jun Njan | トップページ | 「七つの罪源」シリーズ 1 »

2011年1月26日 (水)

IMLEKの巡り

今年のIMLEKは2月3日である、昨年のカレンダーを見ると2月14日だったので11日間早まっている。IMLEKの陰暦と語源的に関係あるのか、いずれにしても365日の太陽暦と11日短い日数でめぐってくる。同じ陰暦のイスラム暦はこの11日の差を調整しないので33年掛かって太陽暦と丁度1年早くなる。これが積り積ってヒジュラ暦は太陽暦と600年規模の差があると言う。砂漠地帯のイスラムだからこれを気にしないのであろうが農耕民族の日中韓はこの差を毎3年毎に調整し、大体同じ季節に巡ってくるようにしている。
最近のIMLEKを見ると
2007年  2月18日
2008年  2月7日 11日前に
2009年  1月26日 11日前に
2010年  2月14日 19日追加(-11+30?)
2011年  2月3日 11日前に
2012年  1月23日 11日前
2013年  2月10日 18日追加(-11+30?)
Abp1220017


この調整計算は非常に難しいので上記の通りだと納得するのみであるが、幼い日々味わったであろう旧暦の生活感は最早何もない。 写真は開店前のJun Njan

|

« 春節と永源 Jun Njan | トップページ | 「七つの罪源」シリーズ 1 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/38616141

この記事へのトラックバック一覧です: IMLEKの巡り:

« 春節と永源 Jun Njan | トップページ | 「七つの罪源」シリーズ 1 »