« Gedung INKOPPOL | トップページ | IMLEKの巡り »

2011年1月23日 (日)

春節と永源 Jun Njan

もうすぐ春節だと言うのでショッピングモールなどは中国の紅色で染まっている。 日本に帰る人は月餅だったかか春節のおかしがいいだろう。今年は2月4日、中国暦で2562年という。日本の紀元は2600年よりずっと控えめだ。
Abp1220016

偶々グランドインドネシアで中華料理のJun Njanの前はこの通りである。Jun Njanは永源と書くが1956年にタンジュンプリオクに生まれた、ジャカルタでは老舗の中華料理店で 小生の時代はBatu Ceperの店に行ったものである。今は最新のモールには出店しているがBatu Ceperが本店の筈である。聞いたとこだけでも このグランドインドネシアの他エピセントラム、ガンダリア、ポンドク・インダー、クラパガディングがある。アダム・マリクが副大統領の時代に彼が作ったとのことでもあるが、真偽の程は確認できていない。

|

« Gedung INKOPPOL | トップページ | IMLEKの巡り »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/38585178

この記事へのトラックバック一覧です: 春節と永源 Jun Njan:

« Gedung INKOPPOL | トップページ | IMLEKの巡り »