« 正月明けのガルーダ成田線 | トップページ | インドネシア語 お詫び状サンプル »

2011年1月 9日 (日)

Sam Ratulangi通りはタマリンド通り

バタヴィア観光案内に今のヴェテラン通りはAsam Jawaがおい繁った道路であったと書かれている。Asam JawaとはTamarindoの事である。所で当時この名前が道路につけられた道路が別にあった。
Abtamarindolaan1_2

チョクロアミノト通りからチキニ二向かうサム・ラトゥランギ通りである。サム・ラトゥランギの肖像のあるゆかりの家やゲーテ・インスティテュート等がある通りで、先はBopulo があった。オランダ語でNieuw Tamrindelaanと言う。Nieuwが付いているからこちらは新の方で古い方が別にあったのかも知れない。Abtamarinde


この木が何年もたつと木の周りが大きくなり根まで巻きつくようなたくましさがあるのであるが、この木でマメ科の果実を付けたり、道に落ちで路が赤く染まる様な所を見たことはない。 多分、Jawa なくAsam Belandaと2種類あるようで街路樹はAsam Belandaと言うのかもしれない。


|

« 正月明けのガルーダ成田線 | トップページ | インドネシア語 お詫び状サンプル »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sam Ratulangi通りはタマリンド通り:

« 正月明けのガルーダ成田線 | トップページ | インドネシア語 お詫び状サンプル »