« タバコからパームへ、上位は遥か | トップページ | クバヨランの造幣廠 »

2011年3月30日 (水)

様変わるカサブランカ通り

今年も不動産市場は活況を呈しているようだ。特にストラータ タイトルの売り上げが堅調でアグン・ポドモログルーブ、リッポーグループ、バクリーグループが先頭を走っている。ポドモロは一時Podomoro Cityの債務返済に窮していたようだが昨年11月に30%のIPOを行い、2.7兆の資金を得て、新たに3プロジェクトを視野にしている。新規プロジェクト名はGreen Lake、Green Permata Residences、及びGrand Tarumaが現在進行中のプロジェクト、即ちPodomoro City - Central Park、Senayan City、Gading Nias Residence、Festival City Link、Green Bay Pluit、The Lavande、Lindeteves Trade Center、Kuningan City、Thamrin Residence、及びBraga Walk Bandungに加わる。APGは創業40年、現在は創業者Anton Harimanの息子のTrihatma Harimanで彼の手法の一つがスーパーブロックであり又ジョイントを組んでやっている。Senayan Cityの相手はPanin BankのMuk’minAli Gunawanである。 
00p1120148


Kuningan CityはそのオフイスビルがAXA TowerであるのでAsuransi AXAかも知れない。このKuninganのカサブランカ通りはCiptra Worldと高架の建設の中大渋滞であるが、これが済めば シンガポールのオーチャードロードになるもくろみで APGのKuningan Cityは大消費市場を形成する。 モールは建設中でこの85,000m2の中に237の商店が入居、大型店はLotte、Grammedia、ベスト電気が入る予定である。

|

« タバコからパームへ、上位は遥か | トップページ | クバヨランの造幣廠 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 様変わるカサブランカ通り:

« タバコからパームへ、上位は遥か | トップページ | クバヨランの造幣廠 »