« スラバヤ刑務所の庶民性 | トップページ | タバコからパームへ、上位は遥か »

2011年3月27日 (日)

都会 緑の借景

過日、ワヒッド・ハシム通りを歩いていたとき あのBersih Sehatとレストラン緑があることを知り、改めて出かけてみた。
車に乗っていると、街路樹に遮られ気づかないで通り過ぎるかもしれないが、歩いているとそこは両隣の建物の間の奥にあり、全庭の片側はちょっとしゃれた屋台風レストランもある。奥の駐車場もズンズン進むとその2階がBersih Sehatである。Bersih Sehatと言えば1983年オープンしたマツサージ屋でマエスティックがまだ日本人の生活に欠かせないショッピングセンターであった当時から多くの日本人がお世話になった所である。そこには又
ちょっときれいなレストラン Midoriが併設されており、小生はむしろそちらの方にお世話になった。 緑は最初からあった訳でなく1994年ごろオープンで、ジャカルタ動乱前後そこのカウンターで安い鉄火巻きなどを食した思い出がある。
00p3230003


2階は広々としており、街路に沿う全面ガラスの窓側に席をとると 圧倒的な緑の木立の中にきた錯覚に襲われる。よく見ると街路樹からその先の木々の緑が遠景にあり、立体感を与えてくれる。
今日のお客は8組ほどであったが、一人として日本人はいなくソファー式椅子のもたれながら、くつろいだが、日本の被災地の人々に申し訳なく家路に就いた。

|

« スラバヤ刑務所の庶民性 | トップページ | タバコからパームへ、上位は遥か »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都会 緑の借景:

« スラバヤ刑務所の庶民性 | トップページ | タバコからパームへ、上位は遥か »