« Buddah Barはギャラリーへ | トップページ | 世界の飲食品大企業にまけるな »

2011年4月28日 (木)

Moojenの作品NillmijはPTPN?

Buddah Barの建物はP.A.J Moojenの作品であることを紹介したがその昔のブログは「PAJ MoojenのNillmijのGrandeur」と言うものであった。Nillmijは現在の国営保険会社Jayasrayaが引き継いだオランダ時代の保険会社でジャカルタのジュアンダ通りにも残っているが、このジャカルタとスラバヤのNillmijはMoojenの設計である。
ここでGrandeurと使ったが、実際はそれほどの事はなく実はこの並びの少し先の昔Koronial Bankと間違っていたものである。Koronial Bankは現在製糖会社PTPNが使っている。この間違いはどこから来たのであろうかネットでも取り囃やされたが、00nilmij_p3110105
001900_jzilverrupeenaefmuntzvoorhet

Moojenが設計したNillmijは絶対にこの写真の建物である。
場所はジュンパタンメラー橋の手前、この間泊まったホテルIbisの裏手側に回り込む掘割に沿った昔のWillemskadestraat (現在はJl.Jembatan Merah)通りである。古い写真では手前、隣との間に道があるようだが行った時は築かなかった。
NillmijはMoojenの設計で1910年、Kolonial BankはCP Wolff Schoemakerで1928年である。上記の間違いはNilmijの創立者がジャワバンクの総裁をやった人であったり、1997年からPTPN XがこのNilmijの建物の所有者となっているからである。Misteriusは未だ未だある。

|

« Buddah Barはギャラリーへ | トップページ | 世界の飲食品大企業にまけるな »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Moojenの作品NillmijはPTPN?:

« Buddah Barはギャラリーへ | トップページ | 世界の飲食品大企業にまけるな »